クラクシオの決意

クラクシオの決意

  • 依頼主 :コムシオ(黒衣森:東部森林 X21-Y25)
  • 受注条件:レベル22~

コムシオ
「頼りになるアナタに、お願いがあるのでふっち。
 シルフ族の「クラクシオ」が、
 ひとりで仮宿から出ていっちゃったのでふっち。
 仮宿の外は魔物がいっぱいでふっち。
 クラクシオだけじゃ危険すぎるのでふっち・・・・・・。
 今すぐ「シルフの仮宿」に連れ戻してほちいのでふっち!
 「クラクシオ」は、仮宿を出て西の方に行ったのでふっち。
 魔物に襲われてないか、とっても心配なのでふっち。」
クラクシオと話す
クラクシオ
「誰でふっち? 知らない冒険者でふっち・・・・・・。
 ・・・・・・「シルフの仮宿」に帰れって言うのでふっち?
 イヤなのでふっち! ゼッタイ帰らないのでふっち!
 シルフ族以外と一緒に住むなんてイヤなのでふっち。
 アタピは、よそにおうちを作ってひとりで住むふっち。
 みんな冒険者とか衛士とかに頼りすぎでふっち。
 そんなの「神ちゃま」を呼んで頼ってる、
 悪い子シルフたちと、ぜんぜん変わらないのでふっち。
 ここにおうちを作ろうと思ったけど、
 冒険者が追っかけてくるから、もっと奥に作るのでふっち。
 ついてきたら怒るでふっち!」
コムシオと話す
コムシオ
「ええ? クラクシオは帰ってこないのでふっち!?
 おまけに、森の奥に行っちゃったのでふっち!?
 ・・・・・・困ったでふっち、どうしたらいいのでふっち・・・・・・。
 実はさっき、神ちゃまを呼び出した悪い子シルフが
 森の中に入っていくのを見たのでふっち。
 いやな予感がするのでふっち・・・・・・。
 森の奥へ行ったクラクシオを追いかけて、探すのでふっち!
 クラクシオはああ見えて、おっちょこちょいだから、
 途中で糸や布を落としてるかもでふっち!」
クラクシオを探す
クラクシオ
「さっきの冒険者でふっち!?
 んもう、シツコイのでふっち・・・・・・。
 仮宿には帰らないったら帰らないのでふっち!
 わわ、悪い子シルフ!?
 ・・・・・・ななな、何の用でふっち!
 アタピは良い子でふっち、悪い子にはならないでふっち!」
パパリモ
「Niuniu・・・・・・。
 こいつらは、蛮神「ラムウ」に、
 テンパード(信徒)にされたシルフ族たちだ。
 君も蛮神「イフリート」と戦った時に、
 テンパードになったアマルジャ族を見ただろう。」
イダ
「テンパードにとって、蛮神は絶対の存在なの。
 ・・・・・・もう、こちらの言うことは通じない。
 やるしかないね・・・・・・クラクシオを助けるよ!」
シルヴァン・キッドナッパー
「ワタチたちは仲間・・・・・・
 一緒に、神ちゃまのところに帰るでふっち。」
クラクシオ
「イヤでふっち! 悪い子なんて、大嫌いでふっち!」
シルヴァン・キッドナッパー
「邪魔でふっち・・・・・・森の仲間を呼ぶでふっち・・・・・・!」
パパリモ
「モルボルだって!?
 テンパードのシルフに操られているのか!」
クラクシオ
「あの子たちは、息がと~っても臭いのでふっち!
 浴びたらクラクラしちゃうでふっち!」
イダ
「うへぇ・・・・・・モルボルはアタシとパパリモで抑えるから、
 キミは悪い子シルフたちをお願い!」
パパリモ
「このモルボルは様子が変だぞ・・・・・・?
 モルボルは無視して、テンパードたちを倒すんだ!」
イダ
「うぅ、臭い~! どうにかしてよ、パパリモ!」
パパリモ
「僕だって我慢してるんだ!
 あと少し・・・・・・テンパードたちを倒せば、きっと!」
クラクシオ
「助かったでふっち・・・・・・。
 こわかったのでふっち・・・・・・。」
コムシオ
「クラクシオ! 怪我してないでふっち!?
 悪い子シルフになってないでふっち!?」
クラクシオ
「コムシオ・・・・・・どうして助けてくれたのでふっち?
 仮宿を出ていったアタピのこと、嫌いぢゃないのでふっち?」
コムシオ
「クラクシオは大事な仲間なのでふっち!
 この冒険者も心配ちてくれたのでふっち。
 だから、助けるのはあたりまえのことでふっち!」
クラクシオ
「コムシオ・・・・・・ごめんなさいふっち・・・・・・。
 アタピは怖かったのでふっち。
 仮宿のみんなが、シルフ族以外と仲良くしてたから、
 神ちゃまと一緒にいる子たちみたいに
 変わってしまったと思ったのでふっち。
 でも、仲間のことが大事なのは変わってないのでふっち。
 アタピがおばかだったのでふっち・・・・・・。
 ・・・・・・助けてくれて、ありがとうなのでふっち。
 「ヒト」にも良い子が居たのでふっち。
 先に、コムシオと仮宿に帰ってるでふっち!」
パパリモ
「一件落着だな。
 さて、僕たちも一度「シルフの仮宿」へ帰るとしよう。
 ・・・・・・モルボルの臭いも落としたいしね。」
コムシオに報告
コムシオ
「クラクシオを助けてくれて、本当にありがとうでふっち。
 シルフ族はみんなで家族なのでふっち。
 大事な大事な家族でふっち!
 ・・・・・・ふと、思ったのでふっち。
 きっとアナタは、わたぴらシルフ族とヒトとの仲を
 もっと深くつないでくれる英雄に違いないのでふっち!
 頼りになって、お友達で、英雄のアナタになら、
 うちの長ちゃまに会うことを認めるのでふっち!
 ・・・・・・でも、長ちゃまは・・・・・・。」