魅惑の手土産


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魅惑の手土産

  • 依頼主 :ロルフ・ホウソーン(黒衣森:東部森林 X16-Y27)
  • 受注条件:レベル20~

ロルフ・ホウソーン
「シルフ族に会いに行くなら、
 手土産でも持っていったほうがいいだろう。
 とはいえ、オレはシルフ族の好みは知らなくてな・・・・・・。
 そうだ「フルフラワー養蜂場」にいる、
 オレの嫁さんの「ロサ」に聞いてみたらどうだ?
 蜂箱にイタズラをされないために、
 シルフ族の生態についてかなり詳しく調べてたはずさ。」
ロサ・ホウソーンと話す
ロサ・ホウソーン
「あら、今度はシルフ族の好きなものが知りたいの?
 彼らはね、人と違って蜂蜜なんかじゃ喜ばないわよ。
 もっとゲテモノが好きなんだから。
 シルフ族が好きなのはね、「ミルクルート」・・・・・・
 草木網(そうもくこう)に属する魔物の根っこのことよ。
 噛むと出てくる白い液が、彼らの気分を高揚させるの。
 ミルクルートが欲しいなら・・・・・・
 オチューが1体、近くの草むらにいたわ。
 この「飴色の薬液」を撒けば、現れるんじゃないかしら?」
ロルフ・ホウソーンにミルクルートを渡す
ロルフ・ホウソーン
「手土産は用意できたか?
 シルフ族相手だ、さぞかし可愛らしい手土産だろう。」
(ミルクルートを渡す)
ロルフ・ホウソーン
「げ・・・・・・ミ、ミルクルート・・・・・・!?
 たしかに、シルフ族にとっては酒みたいなもんだが・・・・・・。
 そのゲテモノを持っていくなら、
 状態が悪くならないよう、包装紙に包んでおこう。
 ・・・・・・いや、包ませてくれ・・・・・・臭いがきついからな。」