現実を創出する魔紋


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

現実を創出する魔紋

  • 依頼主 :トゥビルゲイム(リムサ・ロミンサ:下甲板層 X4-Y11)
  • 受注条件:巴術士レベル5~

トゥビルゲイム
「おかえり、Nikuq。
 飯は、ちゃんと食べてるかい?
 腹が減っては、とっさの判断も仕損じるよ?
 今回は、カーバンクルを扱う腕を確認させてもらう。
 低地ラノシアで「ドードー」と「タイニー・マンドラゴラ」を
 3体ずつ巴術で倒してみせてくれ。
 相手の動きを冷静に分析し、
 最適な戦術を組み立て、カーバンクルを操るんだ。
 それじゃ、気をつけて行っておいで。」
巴術士ギルドのトゥビルゲイムに報告
トゥビルゲイム
「おかえり、Nikuq。
 カーバンクルの扱いの基礎は押さえてるようだね。
 次は応用編をしゃれこもうか。
 メルヴァン税関公社の荷物検査を体験してもらうよ。
 ゼファー陸門のすぐ南の断崖に
 「訓練用の木箱」を用意した。
 これを調べたら、この「訓練用の木箱」を回収して
 あたしに届けておくれ。
 実際の検査では、妨害目的で魔物が
 積荷に紛れ込まされていることさえあるんだ。
 そんな不測の事態も想定して、演習にあたってくれよ。」
訓練用の木箱を入手
ク・リヒャ
「心配ご無用ですっ!
 私のことなら、気にしないでいただけますか?
 今、いいところですので、しばしお待ちを。
 このような事態は日常茶飯事で、もとより想定済み。
 そんなことより、注目すべきは本日の嬉しい誤算!
 それはキミ、Nikuqです!
 キミの戦いを見ていたら、私の思考がはじけて
 新たな戦術が、次々と閃いちゃいまして・・・・・・。
 想定される戦況の可能性を算出していたところ
 9785番目で、つまずいてしまった次第です。
 はいっ、これにて計算終了ですっ!
 大変お待たせいたしました。
 遅ればせながら、はじめまして。
 メルヴァン税関公社の主任検査官ク・リヒャです。
 このたび、トゥビルゲイム代理から
 キミの試験監督、兼、指導員を拝命いたしました。
 これから、一緒に巴術を学んでいきましょうね。
 戦いぶりから推察するに、
 キミの巴術士としての腕前は、すでに申し分ありません。
 そこで、ひとつ、確認させてください。
 戦闘時の魔紋選択に関する戦術策定において
 キミは何を最優先事項と考えますか?」
(敵の裏をかくこと)
ク・リヒャ
「うふふ。やはり私の仮説どおり。
 これで、解が得られました。
 キミが巴術士として大成する確率は・・・・・・90%!」
(遊び心)
ク・リヒャ
「うふふ。やはり私の仮説どおり。
 これで、解が得られました。
 キミが巴術士として大成する確率は・・・・・・90%!」
(教えない)
ク・リヒャ
「うふふ。やはり私の仮説どおり。
 これで、解が得られました。
 キミが巴術士として大成する確率は・・・・・・90%!」
ク・リヒャ
「なぜなら、キミと同じ答えをした巴術士を、
 私、他にたった1人しか知りませんから。
 それは、この魔道書を私に与えてくれた偉大なお方
 ・・・・・・巴術士ギルドのマスターです!
 ギルドマスターは、現在、行方は知れませんが
 常々こうおっしゃっていたものです。
 「戦術とは、望む現実を作るためにある」と。
 どんなに高い潜在能力を有していても
 鍛錬の戦術を誤れば、望む現実・・・・・・
 今の私たちなら「優秀な巴術士となる」ことはできません。
 そして、当面キミが採るべき戦術は、
 カーバンクルの扱いを集中的に鍛錬することです。
 カーバンクルを自在に扱えてこその巴術士ですから!
 これにて、演習は終了です。
 キミは速やかにギルドへ帰還し、
 「トゥビルゲイム」に報告してください。
 え、私ですか?
 先ほど閃いた戦術を、実戦で試してから戻ります。
 それじゃ、ごきげんよう。また会いましょう。」
巴術士ギルドのトゥビルゲイムに報告
トゥビルゲイム
「おかえり、Nikuq。
 「訓練用の木箱」を見せてもらおうか」
(訓練用の木箱を渡す)
トゥビルゲイム
「うん、ちゃんと回収できてる。初めてにしちゃ上出来だ。
 お前さんの訓練結果は、ク・リヒャから報告を受けてるよ。
 あの娘、お前さんのことをいたく気に入ったようだね。
 あの娘は変わり者だが、戦術策定の巧みさはギルドいち。
 今後、あの娘から多くのことを学びとってほしい。
 巴術に対する真摯な姿勢は特にね。
 ク・リヒャの「ボロボロの魔道書」を見たかい?
 あの娘は巴術を始めて以来、あの魔道書ひとすじで
 税関公社の主任検査官にまで上り詰めちまったほどさ。
 まあ、巴術に没頭するあまり
 人として大事なものを見落としているんだけど・・・・・・
 そのあたりは、お前さんが補ってやっておくれ。
 さて、今日の話はここまでだ。
 ク・リヒャの教えが腑に落ちた頃
 また顔を見せにきておくれ。待ってるからね。」