流行色は夢の彩り

流行色は夢の彩り

  • 依頼主 :エーセルワイン(ウルダハ:ザル回廊 X14-Y13)
  • 受注条件:レベル2~
  • 概要  :裁縫師ギルドのデザイナー、エーセルワインは悩んでいるようだ。

エーセルワイン
「う~ん、どうしようかなぁ。
 今度発売する、貴婦人用のドレスなんですが・・・・・・。
 デザインはバッチリなのですが、
 コンセプトになる生地の色が、
 イマイチ決まらないんですよね。
 もしよかったら、今年、流行する色を
 リサーチしてきてもらえませんか?
 特にお得意様である政庁層の人々を念入りにお願いします。
 色が決まったら「錬金術師ギルド」の「リューシュ」に
 その色の染料の調合を発注してきてもらってもいいですか?」
政庁層で流行の色を調査する
ドゥドゥムン
「流行色ねぇ、「緑」なんてどうだ?
 最近、黒衣森に行ったんだが、
 草色に染められた服がなかなかキレイだったぜ。」
ドゥドゥムン
「昔は銀冑団と言えば、ウルダハ最強の精鋭だったんだがな。
 今じゃ、王家とともにすっかりショボくれちまって、
 銅刃団みたいな自警団に遅れをとる始末さ。」
ファストレッド
「ドレスの色といえば、やはり「黒」だろう!
 なんてったって、黒はご婦人を美しく見せる色だぞ。」
ファストレッド
「我ら銀冑団は、王家を守護する近衛である!
 ・・・・・・それにしても、腹がへった。」
コージャル・スパイダー
「俺は「黄色」が好きだ・・・・・・!
 憧れのイエロー・ムーンちゃんのカラーだからな!
 ああ、イエロー・ムーンちゃああああん!」
コージャル・スパイダー
「下の噴水広場はゴールドコートといって
 昔は王立の舞踏会場だったんだ。」
ボボラン
「流行色ねぇ・・・・・・「白」とかどうだ?
 照りつけるウルダハの陽光をうけて、眩しく輝く純白。
 どうだい? 清楚で可憐だろ。」
ボボラン
「錬金術の研究をすると、寝食も忘れて没頭してしまう。
 ・・・・・・あ、寝なくても平気になる薬を練成すればいいんだ!」
コルネル
「服の色? そうだなァ・・・・・・
 「赤と緑のマダラに、こげ茶色と紫のストライプ柄」だな。
 どうだ、なかなか悪くないセンスだろ!」
コルネル
「錬金術師ギルドに入っても、
 教えてくれるのは基礎くらいだ。
 薬の配合率は、先輩の仕事を見て盗め、ってことか。」
ルルレム
「今年の流行色? それはもちろん「赤」ですよ!
 ウルダハは暑くて情熱的な街ですし、ピッタリです!」
ルルレム
「むむ・・・・・・黙ってくれたまえ。
 今、画期的な新薬の配合レシピがひらめきそうなんだ・・・・・・。」
ザル回廊で流行の色を調査する
オーベレト
「今年の流行色だって?
 ふ~む、私の洗練されたセンスを信じるなら・・・・・・
 スバリ・・・・・・「赤」だな!」
オーベレト
「この先はウルダハ上層エリア。
 主に貴族や富裕層が生活する場所だ。
 我ら銀冑団の目が光っていることを忘れるな。」
テテシャン
「ドレスの色だって?
 そんなの何色でもいいじゃないか。
 脱がしちまえば、どれも一緒だよ、うひひ!」
テテシャン
「王家だ何だと、ふんぞり返っちゃいるが、
 やつらの台所事情は厳しいもんだ。
 豪商のほうがよっぽどいい生活してるぜ。」
リューシュに報告
リューシュ
「裁縫師ギルドからの使いの方ですね。
 今年の流行は何色になりそうですか?
 ふむ、あなたのリサーチ結果を集計しますと・・・・・・。
 「赤」2票、「緑」「黄色」「白」「黒」各1票ずつ。
 「無回答」1票と、「ワケわかんない色」1票・・・・・・。
 なるほど、巷の意見では僅差ですが「赤」ですね。
 では、とっておきの触媒を使って、
 今までにない鮮やかな赤い染料を調合したいと思います。
 錬金術は一見、怪しげな学問と思うでしょうが、
 こうやって、いろいろな実験することによって、
 生活に役立つ文化や文明の進歩を担っているのです。」