新薬を求める手

新薬を求める手

  • 依頼主 :エールウィン(ウルダハ:ザル回廊 X9-Y13)
  • 受注条件:レベル2~
  • 概要  :エールウィンが作成した「エールウィンの薬草トニック」をパールレーンに届け、病に苦しむ人たちを救おう。

エールウィン
「ふっふっふ・・・・・・ふはははは!
 聞いてくれ、ついに完成したんだ!
 画期的な新薬「エールウィンの薬草トニック」だ。
 こいつを飲めば、ちょっとした発熱程度なら
 たちどころに治っちまう・・・・・・に違いない。
 そうだ君「パールレーン」でこの薬を配ってくれないか?
 貧民の顔役をしているランデベルドなら、話が通じるだろう。
 もちろん代金なんていらないよ。
 だって新薬の実験・・・・・・げふんげふん!
 貧しい人々を救うのは、錬金術師ギルドの使命だからな!」
ランデベルドにエールウィンの薬草トニックを渡す
ランデベルド
「何、エールウィンから薬の差し入れだって?」
(エールウィンの薬草トニックを渡す)
ランデベルド
「すまねェな、助かるよ・・・・・・。
 これで、熱病で苦しむ仲間たちを救うことができる。
 錬金術師ギルドの良心なんて、信用してねェよ。
 だが・・・・・・例え実験体だろうとなんだろうとな、
 俺たち貧民に、薬を選ぶ権利なんてねぇのさ。」
 エールウィンの薬草トニック:エールウィンが練成した薬草トニック