ワンダラーパレスは死の香り

ワンダラーパレスは死の香り

  • 依頼主 :アリーン(西ザナラーン X11-Y13)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ベスパーベイのアリーンは、冒険者に話したいことがあるようだ。

アリーン
「どうも、同業者さん。
 あなたは怪我人ってわけじゃなさそうね。
 ・・・・・・私は「ワンダラーパレス」で怪我しちゃったんだけどさ。
 霊災によってブロンズレイク湖の水位が下がったあとに
 姿を現した謎の遺跡、それが「ワンダラーパレス」よ。
 私と仲間は、お宝目当てにそこへ探検に行ったわけ。
 内部はまるで、夢のようだったわ。
 綺羅びやかな装飾に、宝の山・・・・・・。
 まさか、あんな神殿が湖の底に沈んでたなんてね。
 あなたも命知らずの冒険者なら、興味があるでしょ?
 船着場で「アバジ・チャラジ」に話すといいわ。
 近くまで船で運んでくれるはずよ。」
アバジ・チャラジと話す
アバジ・チャラジ
「・・・・・・あんたも、アリーンに言われて来たクチか?
 あいつめ、あそこで仲間を失ってからというもの、
 冒険者に片っ端から声をかけやがる・・・・・・。
 ・・・・・・お宝目当てで「ワンダラーパレス」に侵入した俺たちは、
 そこに棲んでいた、伝説の魔物「トンベリ」に襲われた。
 結果はこのザマ、生き残ったのは俺とアリーンの2人だけさ。
 ・・・・・・ほかの仲間は殺られちまった。
 お宝なんて目にする間もなかったさ。
 それでも、あんたが行くというなら・・・・・・止めはしない。
 船だって渡してやるさ。
 ・・・・・・恋人を失った辛さは理解せんでもないが、
 何も見ず知らずの冒険者まで巻き添えにしなくても。
 アリーン、今のお前はまるで死神だよ・・・・・・。」