虚ろな富の行方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

虚ろな富の行方

  • 依頼主 :イセムバード
  • 受注条件:レベル19~

イセムバード
「オルセン様の怪我のことは心配するな。
 私の方で、宿屋で療養するよう伝えておく。
 そうだ、サンクレッド君が君のことを探していたぞ、
 南東にある「アマルジャ軍陣屋」で待つそうだ。
 真の共謀者に繋がる証拠が、見つかるといいが・・・・・・。」
サンクレッドと話す
サンクレッド
「来たか、Niuniu。
 オルセンの話は聞いたよ、彼女の怪我はひどかったらしい。
 あの美しい司祭を疑ってしまうだなんて、
 まったくどうかしていたみたいだな・・・・・・。
 ここに君を呼んだのは、
 ゴールドバザー付近でオルセンを尾行している時に、
 怪しいアマルジャ族を見かけたからだ。
 そいつは、アマルジャ軍陣屋の奥に入っていった。
 Niuniu、俺がここで見張っているから、
 中を探ってきてくれないか?」
怪しいビラをサンクレッドに渡す
サンクレッド
「何か手がかりは見つかったか?」
(怪しいビラを渡す)
サンクレッド
「このビラは・・・・・・。
 「貧しい貴方に、ナル神の富を分配します」だと?
 ・・・・・・なるほど、貧民に職をあてがう集会のようだ。
 汚い文字だな・・・・・・。
 ナルザル神についての知識も微妙におかしい。
 本物の聖職者が書いたものではなさそうだ・・・・・・。
 司祭の「オルセン」に、「怪しいビラ」を見せてみよう。
 彼女は今、キャンプ・ドライボーンの宿屋にいるはずだ。」
怪しいビラをオルセンに渡す
サンクレッド
「司祭のオルセンに、
 「怪しいビラ」を見せてやってくれ。」
オルセン
「あら? あなたはこの前の冒険者さん。
 危ないところを助けて頂いてありがとうございました。
 今日はどうされました?」
(怪しいビラを渡す)
オルセン
「なんでしょう、このビラ・・・・・・ひどい内容だわ。
 司祭が書いたものではなさそう、誰がこんなことを・・・・・・。
 ・・・・・・そういえば随分前に、
 司祭の衣装が無くなって困っていたのです。
 もしかして、誰かが司祭になりすましている・・・・・・?」
オルセン
「誰がこんなことを・・・・・・。」
サンクレッドと話す
サンクレッド
「どうやら謎が解けてきたようだな、Niuniu!
 恐らく、共謀者は司祭に化けて貧民を騙している。
 少し頭の回る奴のようだ・・・・・・
 俺は捕らえる策を練っておこう。
 君は、イセムバードに注意するよう伝えてくれ。」
イセムバードと話す
イセムバード
「・・・・・・そうか、犯人は司祭様になりすまして
 貧民を集めていたのか!
 よくぞ突き止めてくれた。
 私も怪しい奴を見かけたら、注意しておこう。」