すがりし光は

すがりし光は

  • 依頼主 :イセムバード(東ザナラーン X13-Y23)
  • 受注条件:レベル18~

イセムバード
「司祭様から話をききたいなら、
 「聖アダマ・ランダマ教会」に行くといい。
 この集落のすぐ西にある、小さな教会だ。
 行くならついでに「埋葬を待つ遺体」を運んでくれないか?
 埋葬依頼が一件きてるんだ。
 教会で墓守をしている「マルケズ」にきけば、
 埋葬場所を教えてくれるだろう。」
マルケズと話す
マルケズ
「・・・・・・俺が、マルケズだ。
 貧民の情報を聞くついでに、
 「埋葬を待つ遺体」を運んできた?
 ・・・・・・では、遺体の埋葬が先だ。
 空きの墓なら、左手の坂を上ったところにある。
 運んだ後に、心をこめて土をかけるんだ。」
マルケズ
「情報より・・・・・・遺体の埋葬が先だろう。
 彼の墓は、左手の坂を上ったところにある。」
マルケズに報告
マルケズ
「埋葬してきてくれたか、助かる。
 ・・・・・・さて、貧民の行方を捜しているんだったか?
 あいにく、俺は何も知らん。
 ・・・・・・だが、貧民と仲の良い司祭「オルセン」様に聞けば、
 何かわかるかもしれん。
 彼女は教会内にいるから声をかけるといい。
 ・・・・・・俺はどうせ役には立たん、さっさと行け。」
オルセンと話す
オルセン
「ご遺体を埋葬してくださったのですか、ありがとうございます。
 お祈りしておきますと、「キャンプ・ドライボーン」の
 「イセムバード」さんにお伝えください。
 ・・・・・・マルケズの言うとおり、
 私は貧民のみなさんのお話をよく聞いています。
 彼らは、神に仕える者には、今でも心を開いてくれるのです。
 ところで、マルケズは無礼なことをしませんでしたか?
 彼は第七霊災で、心に傷を負ってしまったようで・・・・・・
 他人との接触に怯えているだけなのです。
 先程もサンクレッドさんという方に、無礼な対応を・・・・・・。
 後で私からも、よく言っておきますね。」
イセムバードと話す
イセムバード
「遺体を埋葬してきてくれてありがとう。
 お望みの情報は得られたかい?」
サンクレッド
「よっ、Niuniu。
 頑張ってるみたいだな。
 初めまして、イセムバードさん。
 俺はサンクレッド、Niuniuと一緒に
 事件の調査をしている者だ。
 俺も、商人ウグストに再三話を聞いたが、
 貧民が「神に仕える者」にだけ心を許している・・・・・・
 ということは間違いなさそうだな。
 ひと目につかず、貧民を拐うことができるとしたら・・・・・・
 今のところ、司祭オルセンしかいないだろう。」
イセムバード
「司祭のオルセン様か!?
 彼女はとてもお優しい方だ・・・・・・そんなバカな。」
サンクレッド
「美しい花には、刺がある。
 彼女の行動は目を配っておいたほうがいい。
 ・・・・・・しかし、あの墓守の「マルケズ」という男、
 どこかで見たことあるような気がするな・・・・・・。」