古き良き海賊

古き良き海賊

  • 依頼主 :オ・カルカヤ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X12-Y13)
  • 受注条件:レベル4~

オ・カルカヤ
「ああんっ・・・・・・なんだい、あんた?
 この先の酒場に行くつもりなら、やめときな。
 ここは、リムサ・ロミンサの
 三大海賊のひとつ「紅血聖女団」のシマだからね。
 おまけに今日の頭領ときたら、とびきり機嫌が悪い!
 いや、待て待て待てよ・・・・・・
 あんたなら、頭領の機嫌を直せるかもしれないねえ。
 ためしに、この酒場「永遠の乙女亭」にいる
 頭領「ローズウェン」様に「ひざまず」いて挨拶してみな。
 この都市の新参者として、敬意を示すんだよ。」
ローズウェンに「ひざまずく」をする
ローズウェン
「・・・・・・目ざわりよ。
 「ひざまず」いて、あたしに挨拶するか、
 ウチの子に腕ずくで追い払われるか・・・・・・どっちがいい!?」
(ひざまずく)
ローズウェン
「おやまあ、こいつは、ずいぶんと礼儀の正しい子だねぇ。
 あたしらが三大海賊の一角「紅血聖女団」と知って、
 挨拶に来たのかい?
 でも、うちは最近、商売あがったりなのさっ!
 ここんとこ、獲物の船をライバルの海賊団、
 「百鬼夜行」に奪われてばかりでね!
 ああ、考えるだけで、またムシャクシャしてきた!
 あたしは「すごくがっかり」してんだ、あんたに解るかい!?
 解るってなら、身体で表現してみな!」
ローズウェンに「すごくがっかりする」をする
ローズウェン
「あたしは「すごくがっかり」してんのさ。
 どれぐらいがっかりしてるか、あんたに解るかい!?
 解るってなら、身体で表現してみな!」
(すごくがっかりする)
ローズウェン
「その嘆きっぷり・・・・・・あんたは解ってくれるのかい!?
 手下どもは、あたしに頼るばかりだってのにねぇ・・・・・・。
 ウチらは、提督から「私掠船免許」を受けたのさ。
 要はガレマール帝国の船なら、襲っていいっていう
 「海賊の許可」を受けたってことだね。
 だが、ウチの船は近海向きの快速船でね、
 帝国の沿岸まで、遠洋航海するには不向きなのさ。
 お陰で大型船主体の「百鬼夜行」に後れをとっちまってる。
 いっそ、昔ながらの気ままな海賊に
 戻ろうかなんて、柄にもなく迷っててね・・・・・・
 さすがのあたしも、誰かに「励まし」てもらいたい気分さ。」
ローズウェンを「励ます」をする
ローズウェン
「はぁ・・・・・・
 さすがのあたしも、誰かに「励まし」てもらいたい気分さ・・・・・・。」
(励ます)
ローズウェン
「おやおや、本気で励ましてくれるのかい?
 あんたも、つくづく律儀な子だね・・・・・・いや、待てよ?
 ウチらも律儀に、帝国のお膝元まで遠征するこたないね!
 エオルゼアの帝国軍施設に出入りする
 補給船を狙っちまえばいいんだっ!!
 ははは、あんたのお陰で航路が見えたよ!
 外にいる「オ・カルカヤ」に声かけて、土産でも受けとりな!」
オ・カルカヤと話す
オ・カルカヤ
「ほんとに頭領の機嫌を直しちまったのかい!?
 見事なもんだ、ありがとよ!!
 それにしても、頭領がそんなに悩んでたとはね・・・・・・。
 単に虫の居所が悪くて、当たり散らしてるんだと思ってたよ。
 頭領のために、うちらも、もっとしっかりしなくちゃね。
 ・・・・・・提督の免許があるってのは、
 確かにキュークツだけど、あたしは結構気に入ってるしね。
 帝国の連中をぶちのめした時なんて、最高にソーカイさ!」