高級レストランたる由縁

高級レストランたる由縁

  • 依頼主 :ハ・ラホノ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X9-Y8)
  • 受注条件:レベル3~
  • 概要  :レストラン「ビスマルク」の給仕ハ・ラホノは、至急、食材を調達したいようだ。

ハ・ラホノ
「いらっしゃいませ、お客様。
 ここは、高級レストラン「ビルマルク」です。
 見たところ、お客様は冒険者のようですね?
 でしたら、ぜひお願いしたいことがあるのです。
 急な団体客の予約が入りまして、
 食材が不足しているのですよ。
 野生の「シープ」を倒して、
 「新鮮なラム肉」を4つ取ってきてください。
 「シープ」の居場所は、溺れた海豚亭の階下
 ブルワークホールにいる警備兵「アビルファル」が
 詳しいはずです。」
アビルファルと話す
アビルファル
「ビスマルクの依頼で、野生の「シープ」を狩りたいだと?
 とれたてのラム肉料理なんて、考えるだけでヨダレが・・・・・・
 おっと、悪い、思わず妄想しちまった。
 「シープ」なら、この桟橋の先にあるゼファー陸門から出て、
 南の方へ進めば、のんびり歩いてるのが見えるはずだぜ。」
レストラン「ビスマルク」のハ・ラホノに新鮮なラム肉を渡す
ハ・ラホノ
「団体客分の「新鮮なラム肉」・・・・・・
 間に合うかしら・・・・・・」
(新鮮なラム肉を渡す)
ハ・ラホノ
「ありがとうございます、これで料理は間に合いそうです!
 良いレストランの条件は、どんな時も、
 必ずおいしい料理を提供すること。
 私も、もとは調理師でしたが、才能がなくて・・・・・・。
 お店の拡張を機に、店員へ路線変更したんですが、
 こうして、店の味に貢献しているのです!」
  新鮮なラム肉:切り取ったばかりの子羊の肩の赤肉