鮮やかなる染色世界

鮮やかなる染色世界

  • 依頼主 :スウィルゲイム(西ザナラーン X12-Y14)
  • 受注条件:レベル15~

スウィルゲイム
「そこのイケてない冒険者のアナタ!
 この美の伝道師、アナタを見てビビッときたわん!
 薫る戦いの残香、鉄と脂と血の臭い!
 実用一辺倒の、オシャレとは言えないその姿!
 なんだかとってもイケてない加減が実にステキ!
 イケてない冒険者を、鮮やかな色に染め上げることこそ、
 アテクシが神より授かった天命なんだわっ!
 ・・・・・・って確信したのよ、たった今。
 さっそくアナタに教えてあげる・・・・・・と言いたいけど、
 本格的に喋る前にちょっと、口を湿らせたいわね。
 アナタ、ちょっと頼まれてくれる?
 「オレンジジュース」を買ってきなさァい。
 「染色」のレクチャーはそれからよ。」
スウィルゲイム
「「オレンジジュース」はまだなのォン?
 ワルい人ね、いつまでアテクシを待たせる気かしら?
 やだも~、はやくもってきてちょうだい!」
スウィルゲイムにオレンジジュースを渡す
スウィルゲイム
「「オレンジジュース」はまだなのォン?
 ワルい人ね、いつまでアテクシを待たせる気かしら?」
(オレンジジュースを渡す)
スウィルゲイム
「ほァ・・・・・・これで人心地ついたかしら。
 喉の調子もイイ感じになってきたわァ。
 それじゃあ、始めましょうか?
 いいこと? アナタがイケてない理由・・・・・・
 それは装備品の「染色」をしてないからだわ!
 装備品は「カララント」を使うことで、
 誰でも手軽に、様々な色へと染めることができるの。
 装備品を「染色」しても性能は変わらないし、
 気に入らなければ、何度色を変えたっていいワケ。
 何の心配もなく、美を追求できちゃうのよォ。
 さあ、分かったらアナタもやってみなさァい!
 買った装備品、作った装備品をそのまま着るだけの、
 イケてない冒険者ライフは今日でオサラバよ~ッ!」