エールグヘームルに捧ぐ

エールグヘームルに捧ぐ

  • 依頼主 :アリルーフ甲軍曹(西ラノシア X22-Y20)
  • 受注条件:レベル16~

アリルーフ甲軍曹
「まったく・・・・・・ルーハンドの奴、
 兵器開発部の試作した新型砲弾の、
 試射をするって言っておいたのに・・・・・・。
 どうせ、また墓参りでもしてるんだろう。
 ・・・・・・あいつは軍人にしては、ちと感傷的すぎるんだよなぁ。
 あんた、ルーハンドの奴を呼んできてもらえないか?
 大方、また「エールグヘームルの墓」にでも参ってるんだろう。
 この「スプリングスターの花」を渡して、
 墓に手向ければ、奴の気分も晴れるだろうよ。」
ルーハンド甲軍曹と話す
ルーハンド甲軍曹
「・・・・・・エールグヘームル・・・・・・。
 英霊よ、安らかに眠りたまえ。」
(スプリングスターの花を渡す)
ルーハンド甲軍曹
「これは・・・・・・かぐわしい花だ、貴公も参りにきたのか。
 さぁ、遠慮することはない。
 その花を墓に手向けたまえ。」
ルーハンド甲軍曹と話す
ルーハンド甲軍曹
「この辺りには「ハーフストーン入植地」という集落があった。
 サハギン族の強襲を受けて全滅してしまったがな。
 しかし、仲間を逃がすため、鍬を手に戦った農夫がいた。
 それが「エールグヘームル」という男だ。
 以降、彼の墓はサハギン族との戦いで没した者の
 慰霊碑として、ここにこうして奉られている。
 我々「黒渦団」も、彼らの犠牲をけっして無駄にせず、
 これからも仇敵、サハギン族との戦いに立ち向かう所存だ。
 それを忘れないために、墓参りは欠かさないのだよ。」