一途なる挟撃戦術

一途なる挟撃戦術

  • 依頼主 :トゥビルゲイム(リムサ・ロミンサ:下甲板層 X4-Y11)
  • 受注条件:巴術士レベル20~

トゥビルゲイム
「おかえり、Nikuq。
 悩みがあれば、いつでもあたしを頼っておくれよ。
 いざって時に頼られないってのは堪えるからね。
 ・・・・・・実は、今朝からク・リヒャの姿が見えない。
 今までも姿を消したことはあったが、すぐ見つかってたんだ。
 今日に限っては、どこにもいなくてね・・・・・・。
 こんな時に、ギルドマスターがいれば、
 あの娘の居場所ぐらい容易にはじきだしただろうに・・・・・・。
 どうしてこう、巴術に身を捧げる者は
 すぐに姿を消してしまうのかねぇ・・・・・・。
 まあ、とにかく手分けしてク・リヒャを探そう。
 お前さんは、国際街商通りで情報を集めてくれ。
 あの娘が消えた時は、大抵あそこにいたからね。」
国際街商通りでク・リヒャの情報を探す
ドゥドゥザン
「ミコッテ族の税関公社の役人を見なかったかって?
 その検査官なら・・・・・・イエロージャケットに捕まったよ。
 検査官に、エールポートを拠点とする
 キキルン族の密輸団の話をあれこれ聞かれてたんだが
 警備兵がきて、連行されていったんだ。
 その後のことは・・・・・・
 「コーラルタワー」の「ギナーデ」に聞けば、
 何か分かるかもしれんな。」
コーラルタワーのギナーデと話す
ギナーデ
「税関公社のク・リヒャ殿ですか・・・・・・?
 ええ、確かに、ご足労いただきました。
 デュースマガ帰還に関する事情聴取のためです。
 ・・・・・・巴術士ギルドの方なら、話しても問題ないでしょう。
 実は、かつてク・リヒャ殿は
 デュースマガに捕らわれていたんですよ。
 デュースマガという男は、悪名高き海賊でしてね。
 6年前に悪質な御禁制品の闇取引が発覚して、
 リムサ・ロミンサを追放されたのです。
 奴は狡猾で用心深いため、尻尾をつかめずにいまして、
 ク・リヒャ殿に情報提供を依頼したわけです。
 ところが、こっちが逆に質問攻めにされまして、
 捜査情報を引き出されてしまいました。
 その後は・・・・・・ギルドへ戻られたはずですよ。」
巴術士ギルドのトゥビルゲイムと話す
トゥビルゲイム
「ク・リヒャは、まだ戻ってないよ。
 なに、あの娘とデュースマガの関係を聞いたって?
 ・・・・・・お前さんには、きちんと話しておくべきだね。
 6年前・・・・・・デュースマガが追放されたのは
 抜き打ちの臨検で奴隷売買が発覚したからだった。
 公社の監査官が踏み込んだ商船の不潔な船倉には、
 数十もの人々が詰め込まれていてね・・・・・・
 その中に・・・・・・ク・リヒャもいたんだ。
 おびえて口もきけなかったあの娘が立ち直ったのは、
 ギルドマスターが魔道書を手渡したからだった。
 それが、あの娘が使っていた例の魔道書だ。
 魔道書・・・・・・?
 ・・・・・・そういえば、ク・リヒャの魔道書は
 海に捨てられたそうだね?
 臨検逃れのために海へ捨てられた御禁制品を
 拾い集めて売りさばくキキルン族の闇商人が
 エールポートにいる、という噂を聞いたことがあるが・・・・・・
 その中に、捨てられた魔道書が紛れていると
 期待してるのかもしれない。
 ・・・・・・エールポートで、あの娘を探してくれ。」
エールポートでク・リヒャを探す
ク・リヒャ
「えーっと、パターン256は・・・・・・
 よしっ、これで奪還作戦は完成よ・・・・・・!
 はっNikuqさん、
 来てくれたんですね。
 今からキミに連絡を取ろうとしていたところです。
 漂着した御禁制品を売りさばく闇商人が
 私の魔道書らしき品を取り扱っていたと、
 このキキルン族の囚人が証言してくれました。
 商隊を襲撃して、魔道書を取り戻したいと思います。
 公式な臨検では、積荷は没収と定められているため
 魔道書も取り戻せないものですから。
 商隊は、すでにキャンドルキープ埠頭へ出航しました。
 私が今から、協力者を招集します。
 キミの力も貸してください!
 トゥビルゲイム代理にも協力を依頼しますので、
 キミは、闇商人が通過するはずの
 「オシュオン大橋」にて、代理と合流してください。」
ク・リヒャ
「急ぎ、オシュオン大橋で
 「トゥビルゲイム」代理と合流してください。
 すべての準備を終えたら、私も皆さんと合流します。」
オシュオン大橋でトゥビルゲイムと話す
トゥビルゲイム
「来たね、これで準備はすべて整った。
 闇商人が大橋に到達次第、ク・リヒャの合流を待たずに、
 魔道書奪還作戦を決行するよ。
 向こう岸の小屋に潜んでる協力者2名と
 挟み撃ちにするってのが、今回の作戦だ。
 この「挟撃戦術」を考えたのは、もちろんク・リヒャさ。
 目標の闇商人は、用心深い性格でね。
 目立たぬよう少人数で行動しながらも、
 ひそかに護衛に尾行させているそうだ。援軍に注意しな。
 でも、イエロージャケットの加勢はないからね。
 この戦いは、正規の臨検じゃない、いわば私闘さ。
 見て見ぬふりをしてもらうことで、手打ちにしてある。
 だけど、安心しな。ク・リヒャが策定した戦術は完璧さ。
 こっちの戦力だけでも、十分に勝ち目はある。
 ・・・・・・さあ、そこで闇商人の到着を待ってな。」
トゥビルゲイム
「ク・リヒャが策定した256パターンもの戦術は
 ぜんぶ頭に叩き込んであるから安心しな。
 ・・・・・・そこで、闇商人の到着を待とう。」
指定地点で待機
キキルン商人
「きょきょ、曲者っちゃ! おまえら、やっちまえっちゃ!」
平明のトゥビルゲイム
「あんたらが、闇商売してるのはお見通しさ。
 商品は、残らず渡してもらうよ!
 ガイスフリン、エルストータ、出ておいで!」
キキルン商人
「きょきょ、こしゃくっちゃ! 傭兵、やれやれっちゃ!!」
平明のトゥビルゲイム
「ク・リヒャの想定どおり、幻術士が加勢したね。
 皆、パターン158へ移行するよ!
 Nikuq、
 敵に「ミアズマ」を! 回復を妨害してやりなっ!」
キキルン商人
「ぷんぷんっ、商談におくれるっちゃ! いっきにかたづけろっちゃ!」
平明のトゥビルゲイム
「呪術士だって!? どうやら敵も必死のようだね。
 皆、パターン256へ移行するよ!
 呪術士がいるだけで、全滅の可能性がはねあがる。
 呪術士を集中攻撃して、真っ先に片付けな!
 あらかた片付いたようだね。
 ク・リヒャの魔道書を探してくれ!」
ク・リヒャ
「皆さん・・・・・・
 私の魔道書は見つかりましたか・・・・・・?」
トゥビルゲイム
「Nikuq
 お前さんから、渡してやってくれ。
 今、取り戻した、あの娘の魔道書を・・・・・・。」
ク・リヒャ
「ひどい・・・・・・魔道書がボロボロ・・・・・・
 これじゃもう使い物にならない・・・・・・。
 私が、魔道書を復元する方法を思いつく確立は・・・・・・0%。
 いかに優れた戦術も、起きた結果の前では無力・・・・・・
 私、これにて帰ります・・・・・・
 なんだか、疲れちゃいました・・・・・・。」
ガイスフリン
「やめておけ!」
エルストータ
「どうしてっ!?」
トゥビルゲイム
「あたしからも、お願いしたい。
 今は、そっとしてやってください。
 後始末は、頼みます。
 さあNikuq、ギルドへ帰ろう。」
ガイスフリン
「後のことは任せておけ。
 この襲撃がバレぬよう、対処しておく。」
エルストータ
「ク・リヒャ殿のこと、頼んだよ。」
巴術士ギルドのトゥビルゲイムと話す
トゥビルゲイム
「戻ったか。
 濡れてボロボロの魔道書を見た瞬間・・・・・・
 あの娘の目が・・・・・・死んでしまった。
 ク・リヒャを助けなくちゃ。
 お前さんにも、力を貸してほしい。
 その時まで、腕を磨いておいてくれ。」