エッグハントと秘密の卵

エッグハントと秘密の卵

  • 依頼主 :ジリ・アリアポー(グリダニア:旧市街 X10-Y9)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :ミィ・ケット野外音楽堂のジリ・アリアポーは、冒険者にエッグハントの催しを紹介したいようだ。

(クエスト受注前)
(ハーストミル)
ノノッタ
「エグ、エグ、エ~グ、エッグラホ♪
 ここでは「エッグハント」の催しをやってるよ!
 冒険者さんも、ぜひ参加しにきてね!」
モット
「エ~グ、エ~グ、エッグルリンッ♪
 「エッグハント」、楽しんでるかな?」
(グリダニア)
丁寧なエッグコレクター
「エグ、エグ、エグル、エッグルルルゥ~ッ♪
 「エッグハント」のお祭りについて、
 ご説明させていただきますね!
 エッグハントとはそもそも、
 グリダニアの少女「ジリ・アリアポー」が見た、
 不思議な夢から始まったお祭りなんです。
 ・・・・・・話は、第七霊災の前に遡ります。
 彼女の夢に現れた「卵に乗った賢者様」をお迎えするために、
 飾りタマゴを探す「エッグハント」の催しが始まりました。
 そして実際に、賢者様は霊災から人々をお救いになったのです。
 そのことへの感謝の気持ちを忘れないために、
 私たちはエッグハントのお祭りを続けているんですよ。」
(ウルダハ、リムサ・ロミンサ)
丁寧なエッグコレクター
「エグ、エグ、エグル、エッグルルルゥ~ッ♪
 「エッグハント」のお祭りについて、
 ご説明させていただきますね!
 エッグハントとはそもそも、
 グリダニアの少女「ジリ・アリアポー」が見た、
 不思議な夢から始まったお祭りなんです。
 ・・・・・・話は、第七霊災の前に遡ります。
 彼女の夢に現れた「卵に乗った賢者様」をお迎えするために、
 飾りタマゴを探す「エッグハント」の催しが始まりました。
 そして実際に、賢者様は霊災から人々をお救いになったのです。
 そのことへの感謝の気持ちを忘れないために、
 私たちはエッグハントのお祭りを続けているんですよ。
 催しは「グリダニア」で行っておりますので、
 ご参加いただけるようでしたら、ぜひいらしてくださいね!」
ジリ・アリアポー
「エグ、エグ、エグル、エッグルルルゥ~ッ♪
 みんなで、一緒に集めましょう!
 飾りタマゴを集めましょう!」
(過去のエッグハントに参加したことがある場合)
ジリ・アリアポー
「あっ、あなたはNikuq!
 また会えて嬉しいわ!
 私、あの後も「黄金に輝く宝物」・・・・・・
 いえ、可愛いヒナチョコボを何度か見にいってるのよ!
 今回のエッグハントも、一緒に素敵な幸せを見つけましょう!」
(エッグハントに初参加の場合)
ジリ・アリアポー
「はじめまして、あなたのお名前は?
 ・・・・・・そう、Nikuqっていうのね!
 ぜひ、「エッグハント」のお祭りに参加していって!
 このお祭りは、ずっと前に私が見た「夢」がきっかけ。
 夢のお告げに従って、飾りタマゴを探すお祭りを始めたの。
 今では、こんな大きなお祭りに発展したのよ!」
ジリ・アリアポー
「それでね、私、また夢を見たの。
 宙に浮かぶタマゴから現れたチョコボが、みんなを驚かして、
 最後にはピカピカの宝石を産む・・・・・・そんな不思議な夢よ。
 きっと今回も、夢を再現したら、素敵なことがあるはず!
 でも、宙に浮かぶタマゴがなかなか見つからなくて・・・・・・
 本当に困ってしまったわ。
 ところが、お友達のノノッタちゃんが、
 夢で見た通りの、不思議なタマゴを見つけてきてくれたの!
 きっと、賢者様が贈ってくれたに違いないわ!
 あとは、これを使ってお祭りを盛り上げるだけよ!
 そうすれば、きっと素敵な宝石が見つかるはずだもの!
 宙に浮かぶタマゴは、ノノッタちゃんが管理しているわ。
 ぜひ、ハーストミルにいる「ノノッタ」ちゃんに話しかけて、
 「エッグハント」のお祭りに参加してね!」
ハーストミルのノノッタと話す
(過去のエッグハントに参加したことがある場合)
ノノッタ
「エグ、エグ、エ~グ、エッグラホ♪
 ・・・・・・あっ、冒険者さん!
 今回も参加してくれるんだね、ありがとう!」
(エッグハントに初参加の場合)
ノノッタ
「エグ、エグ、エ~グ、エッグラホ♪
 冒険者さん、エッグハントに参加してくれるの?
 ありがとうございますぅ~!」
ノノッタ
「今回のお祭りは、夢のお告げに従って、
 人を驚かしたり、人に驚かされたりしてもらいますぅ~!
 冒険者さんは乗り物に慣れてそうだし、驚かす側で参加して!
 というのも、驚かす側の人は、
 宙に浮かぶ「エッグシステム」に乗る必要があるんですぅ~。
 大丈夫、チョコボに乗れるなら、きっと乗りこなせますよ!
 ・・・・・・あれっ? も、もしかして、
 宙に浮かぶタマゴなんて、怪しいって思ってますぅ~?」
(タマゴが気になる?)
(そのタマゴはどこで見つけた?)
ノノッタ
「ふっふっふ・・・・・・よくぞ聞いてくれました!
 実はこれ、ノノッタたちが作ったんですぅ~!
 ・・・・・・ジリちゃんを悲しませたくなくてね。」
(怪しすぎる)
ノノッタ
「あ、怪しくなんかないし、たぶん安全ですぅ~!
 ジリちゃんが悲しまないように、
 ノノッタたちが一生懸命作ったんだから!!」
(過去のエッグハントに参加したことがある場合)
ノノッタ
「前に使った「ジャイアントエッグ」って、覚えてる?
 あの古代文明の遺物みたいなものを使った飾りタマゴを、
 さらに改造してみたんですぅ~。」
(エッグハントに初参加の場合)
ノノッタ
「宙に浮くタマゴなんて絶対見つからないから・・・・・・
 そこで、古代文明の遺物みたいなものを譲ってもらって、
 タマゴの形に装飾をしたんですぅ~。」
ノノッタ
「・・・・・・って、ああっ!
 ノノッタたちが作ったのは秘密なのに、喋っちゃった!
 ぼっ、冒険者さん!
 絶対に、ぜーったいに、ジリちゃんには言っちゃダメ!!
 秘密を守るって約束できるなら、また声をかけてほしいですぅ~!」
(グリダニア)
ジリ・アリアポー
「エグ、エグ、エグル、エッグルルルゥ~ッ♪
 「エッグハント」を楽しんでいってね!」