極まりし鬼神ズルワーン

極まりし鬼神ズルワーン

  • 依頼主 :ウヌクアルハイ(暁の間 X6-Y5)
  • 受注条件:レベル60~
  • 概要  :石の家のウヌクアルハイは、冒険者に託したいものがあるようだ。

ウヌクアルハイ
「実は、先の鬼神「ズルワーン」との一戦で、
 管制部に突入した折に、このようなものを発見しました。
 ご興味がおありでしょうか・・・・・・?
 どうやら、アラグのえりすぐりの闘士たちが、
 仮想的な「模擬戦」に挑むために、使用した記録媒体のようです。
 仮想敵は、人為的に限界まで強化された鬼神「ズルワーン」。
 何でも、アラグでも指折りの強者を、さらにふるいにかけるため、
 「最終試練」として利用された模擬戦だとか・・・・・・。
 貴方にふさわしい強敵と戦える、よい機会かもしれません。
 もし関心をお持ちでしたら、その記録媒体を、
 アジス・ラー旗艦島の「認証システム」に提示してください。」
ウヌクアルハイ
「限界まで強化された、鬼神「ズルワーン」に挑む最終試練・・・・・・。
 関心をお持ちでしたら、その記録媒体を、
 アジス・ラー旗艦島の「認証システム」に提示してください。」
アジス・ラー旗艦島の認証システムにアラガントームストーン:鬼神を渡す
認証システム
「ブゥン・・・・・・「認証システム」起動・・・・・・。
 「最終試練プログラム」への参加を希望される方は、
 指定のアラガントームストーンを提示してください。」
(アラガントームストーン:鬼神を渡す)
認証システム
「ブゥン・・・・・・戦闘データ、転送完了・・・・・・。
 「特殊選抜隊」の最終試練プログラムを開始します。
 対鬼神「ズルワーン」・・・・・・難易度は「エクストリーム」に設定。
 このプログラムは、傑出した身体能力を持つ選抜兵で構成された、
 「特殊選抜隊」の隊員に課される、最後の進級試験です。
 終了後、肉体を検体とすることに同意した方だけが参加できます。
 具体的には、この「最終試練プログラム」に合格した方は、
 隊員のなかでも、最優秀の身体能力を有すると認定され、
 「クローン兵士」育成のため、細胞の提供が求められます。
 なお、本プログラム終了時における隊員の生存率は、
 現在、1.9パーセントとなっております。
 ブゥン・・・・・・現実拡張、システム起動。
 アラグ帝国万歳! ザンデ皇帝陛下に栄光あれ!」
  アラガントームストーン:鬼神:古代アラグ帝国文明の記録媒体と思しき石。鬼神ズルワーンについて記されているらしい