ウララが主役のプリンセスデー

ウララが主役のプリンセスデー

  • 依頼主 :ウララ(ウルダハ:ナル回廊 X11-Y10)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :ウルダハのウララは、冒険者が今回の公演の主役を誰にするのか気にしているようだ。

ウララ
「私を、新衣装披露公演の主役に選んでくれたの!?
 な、何よ、驚いてなんかないわよ!
 ウララが選ばれるって、最初から信じてたものっ!
 でも・・・・・・いざ選んでもらえると、やっぱりうれしいわ。
 だから、ちゃんと言っておくわ・・・・・・
 ウララを選んでくれて、ありがとっ♪
 せ~っかくウララが、
 自分の足でリムサ・ロミンサに出向いてまで、
 こだわった衣装だもの、全力でがんばっちゃうんだからっ☆
 ・・・・・・で、でも、ウララが遅れたのは、
 ファンサービスに夢中だったから、っていうのは、
 執事王さんや他のふたりには、絶対に内緒にしておいてよね!
 どうしてかって?
 ファンに喜んでもらうのが嬉しくって、たまらないだなんて、
 仲間たちに知られるの、ちょっと恥ずかしいじゃない!
 ・・・・・・な、何よその目は!?
 べつに、抜け駆けしようだなんて思ってないんだからっ!
 さてと、そろそろ準備に取り掛かるとするわ。
 Nikuqもウララたちの公演、
 おもい~っきり、楽しんでいってねっ♪」
執事王に報告
執事王
「誰を主役に据えるか、決めていただけましたか?
 そうですか、ウララに任せることにしたのですね。
 彼女が主役であれば、持ち前の明るさが活きた、
 ハツラツとした公演となること間違いなしでしょう!
 冒険者さんが誰を主役に据えるか決められている間に、
 裁縫師ギルドの方がいらして、新衣装をいただけましたよ。
 遅くなりましたが、いよいよ公演の幕開けです!
 いろいろとお世話になりましたし、
 冒険者さんが見守る中で、始めたいと思っております。
 準備が整いましたら、お声がけくださいね。」