新たな報せ

新たな報せ

  • 依頼主 :アルダシール(アジス・ラー X7-Y11)
  • 受注条件:レベル60~
  • 概要  :ポート・ヘリックスのアルダシールは、人造精霊の様子が気になるようだ。

アルダシール
「Nikuqさん!
 人造精霊の様子はいかがですか?
 ・・・・・・よかった。
 大きな問題もなく、元気なようで安心しました。」
ロウェナ
「調子はどうかしら、アルダシール。」
アルダシール
「・・・・・・はい、おかげ様で研究は順調ですよ。
 何かご用でしょうか?」
ロウェナ
「ええ、あなたが「魔法生物の権威」へ出した手紙・・・・・・
 その返事が返って来たわ。
 イディルシャイアで待ってるから、取りに来なさい。」
アルダシール
「な、なんですって・・・・・・!?
 すぐに、引き取りに向かいます!
 実は研究を終えた後、人造精霊に関する論文を書きましてね。
 ロウェナさん経由で高名な「魔法生物の権威」に送ったのですが、
 どうやら、返信がきたようなのです。
 ・・・・・・そうだ、良かったら、
 Nikuqさんも一緒にどうですか?
 何か、今後のヒントになることが書かれているかもしれません!
 では、俺は先にロウェナさんの元へ向かっています。
 後で合流しましょう!」
イディルシャイアのロウェナと話す
ロウェナ
「あら、アルダシールまで来たということは、
 例の手紙の件ね?」
アルダシール
「遅くなってしまい、申し訳ございません!
 はい、魔法生物の権威・・・・・・
 マトーヤ様からのお手紙を受け取りに来ました!
 ありがとうございます!!
 ・・・・・・では、さっそく拝読させていただきます・・・・・・。
 ・・・・・・ふむふむ。
 ・・・・・・・・・・・・なるほど・・・・・・。
 ・・・・・・手紙には、俺が送った人造精霊関連の論文を読んでの、
 マトーヤ様からの見解がしたためられていました。
 人造精霊の創造方法は、既知の技術の範囲内だが、
 成長過程においては、新しく独創的な発想もあったと・・・・・・。
 マトーヤ様から、こんな評価をいただけて胸がいっぱいです!
 しかし、「自ら思考する武器」としての人造精霊という面では、
 「人造精霊の人格」に不十分な点がある、指摘を受けました。
 その上で、助言まで書き記してくれたんです。
 昔の俺なら、理解もできなかった内容ですが、
 今ならマトーヤ様の理論を応用することもできます。
 Nikuqさんとゲロルトさんのお陰ですね。
 ということで、
 人造精霊の人格をさらに成長させるため、
 新たな実験に協力していただけないでしょうか?
 ありがとうございます!
 では、早速、ゲロルトさんに報告しましょう!
 先に戻って報告をしていますので、いつもの場所まで来てください。」
ロウェナ
「あらあら、何やら面白いことになってきたわね・・・・・・。
 フフッ、ロウェナ商会はいつでも協力するわよ。
 ・・・・・・・・・・・・もちろん、それなりの対価はいただくけどね。
 じゃ、頑張ってちょうだい。」
ロウェナ
「ロウェナ商会はいつでも協力するわ。
 もちろん、それなりの対価はいただくけどね。」
ポート・ヘリックスのアルダシールと話す
ゲロルト
「・・・・・・チッ、次から次へと面倒事を持ってきやがって・・・・・・
 俺に構ってる暇あったら、
 ちゃっちゃとアルダシールから話を聞きやがれ!!」
アルダシール
「おかえりなさい、Nikuqさん!
 では、さっそくマトーヤ様の助言をもとに、
 人造精霊の人格を成長させてみましょう!」