不穏な様子のプリンセスデー

不穏な様子のプリンセスデー

  • 依頼主 :ミスリルアイの記者(ウルダハ:ナル回廊 X9-Y9)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :ウルダハのミスリルアイの記者は、冒険者に聞きたいことがあるようだ。

ミスリルアイの記者
「すみません! 少し話を伺わせていただけませんか?
 実は私、経済誌「ミスリルアイ」の記者なのですが、
 取材をさせていただきたく思っておりまして・・・・・・。
 ありがとうございます!
 では、さっそくですが質問を・・・・・・。
 ウルダハは現在、すべての女の子のための祝祭・・・・・・
 「プリンセスデー」の真っ只中なのは、
 言わずもがな、把握されているかと思います。
 さて、まず最初の質問です。
 前回の「プリンセスデー」で登場して、
 一躍人気となった「三歌姫」をご存知ですか?」
(「三歌姫」を知ってる?)
(もちろん知っているとも!)
ミスリルアイの記者
「おぉ、やはりご存知でしたか!
 突如登場して、あれだけ騒ぎになっていれば気付きますよね!
 それでは、次の質問を・・・・・・。」
(ちょっとわからない・・・・・・)
ミスリルアイの記者
「あら・・・・・・ご存知ありませんでしたか!
 ウララ、マシャ・マカラッカ、ナルミの3人の歌姫が、
 前回の「プリンセスデー」から活動を始めたのですよ。
 売れっ子になること間違い無しですから、
 覚えておいたほうがいいですよ!
 それでは、次の質問を・・・・・・。」
ミスリルアイの記者
「「三歌姫」の公演を取り仕切っている「執事王」さんが、
 信頼できる冒険者を探しているという情報があります。
 何やらトラブルが起きているようなのです・・・・・・。
 ズバリ、お聞きしますが・・・・・・
 冒険者さんは、志願するおつもりはありますか?
 ・・・・・・あ、あれ?
 あの「三歌姫」にお近づきになれるチャンスだから、
 てっきり食いついてくるかと思いまして・・・・・・。
 気になるようでしたら、
 「執事王」さんに直接、話を聞いてみるといいですよ。
 彼なら「エメラルドアベニュー」にいますから。
 とは言え、あの調子では、
 話しかけるのも一苦労かもしれませんが・・・・・・。
 ともかく、ご協力感謝いたします!」
熱狂的なファン
「うっひょ~! 「三歌姫」は本当に最高だよ!
 あなたも勿論、そう思うだろ!?
 いやぁ、実に素晴らしい・・・・・・!」
(どの話を教えてもらう?)
(あなたはここで何をしているの?)
熱狂的なファン
「何を隠そう、彼女たちの追っかけさ!
 ・・・・・・ここだけの話だけど、僕は彼女たちの会話や仕草を、
 すべて完璧に覚えているのさ・・・・・・フッフッフッ!」
(前回のプリンセスデーに参加した場合)
熱狂的なファン
「キミのことだって知っているさ!
 街を駆け回って、彼女たちの宣伝をしている姿を見てたからね。
 同じファンとして、僕も鼻が高いよ!
 彼女たちってば、活動の幅を着実に広げているんだ。
 先日の星芒祭でも、祭りを盛り上げるために活動していたし・・・・・・
 くぅ~、今後の飛躍が楽しみでしょうがないよ!」
(そもそも「プリンセスデー」とは?)
熱狂的なファン
「なんだい、「プリンセスデー」のことを知りたいのか?
 この祝祭を知らずして、「三歌姫」を語るべからず!
 「プリンセスデー」とは、すべての女の子のための祝祭だ。
 その起源は遡ること300年ほど昔・・・・・・
 ウルダハの王朝がソーン朝だった時代のことさ。
 窮屈な王宮生活に嫌気が差した王女「エドヴィア」は、
 同年代の町娘から服を借りて変装し、王宮を抜け出したんだ。
 それを知った時の国王「バルドリック」は狼狽しちゃってさ。
 姫を探すために軍を総動員して、大騒動になったそうだよ。
 軍による度を超した捜索で、当然、街は大混乱。
 姫に協力した町娘の家にいたっては半壊しちゃってね。
 ただ、この事件の後に「バルドリック王」は町娘を訪ねて、
 「女の子は国の宝であり、王女として遇されるべき」と謝罪・・・・・・
 家を再建させ、自らは町娘に執事として一日かしずいたそうだ。
 王の行動に当時の庶民は大喜び、王室に好印象を持ってさ。
 それを受けた「バルドリック王」は、毎年同じ日に、
 抽選で選ばれた女の子の執事となり、一日中仕えたんだ。
 王の没後も、この珍行事はすこしずつ姿を変えながら、
 ウル朝となったウルダハのみならず、他国にも広がっていった。
 これが、現在の「プリンセスデー」になったんだぜ!」
執事王の侍女
「プリンセスデーの景品を提供する予定だったのですが、
 ちょっとばかり、困ったことになっておりまして・・・・・・。
 現在、提供開始が延期されています。」
(グリダニア、リムサ・ロミンサ)
執事王の使者
「今回も「三歌姫」が公演を行う予定です。
 新衣装お披露公演となっておりますので、
 みなさま、ぜひウルダハまでお越しくださいね!」
執事王と話す
心待ちな女の子
「えぇ~!
 歌ひめのおねえちゃんたち、まだきてないのー!?」
詰め寄る女の子
「ずっと待ってるのにー!
 早くしてよー!!」
執事王
「み、みなさん、落ち着いてください!
 「三歌姫」も準備をしているところですので、
 どうか今しばらくお待ちを・・・・・・!」
(前回のプリンセスデーに参加した場合)
執事王
「あなたは、以前に協力してくださった冒険者さんでは!?
 ちょうどいいところに・・・・・・よければ後ほど、
 「ウェルヘッドリフト」そばに来ていただけますか?」
(プリンセスデーに初めて参加する場合)
執事王
「そ、そこのあなたは冒険者さんでは!?
 ちょうどいいところに・・・・・・よければ後ほど、
 「ウェルヘッドリフト」そばに来ていただけますか?」
執事王
「詳細はそのときにお話しいたしますので!
 他に頼れる方がいないのです、どうかお願いいたします・・・・・・!」
執事王と再度話す
執事王
「来てくださってありがとうございます。
 ・・・・・・ふぅ、それにしても大変でした。
 お話ししたいことというのは他でもありません。
 実は、冒険者さんに手伝っていただきたいことがあるのです。
 ・・・・・・ただし、この話が万が一にも外部に漏れてしまうと、
 さらに大変な騒ぎになりかねません!
 他言無用、ここだけの話でお願いしたいのです。
 協力していただけるようでしたら、
 改めて声をかけていただけますか?
 詳細については、それからということで・・・・・・。」