霊峰浄化 ソーム・アル

霊峰浄化 ソーム・アル

  • 依頼主 :ほわほわモーグリ(イディルシャイア X4-Y8)
  • 受注条件:レベル60~
  • 概要  :イディルシャイアのほわほわモーグリは、誰かを探しているようだ。

ほわほわモーグリ
「あっ! キミはNikuq!
 やっと見つけたくぽ~!
 偉~いドラゴン族のヴィゾーヴニルさんから頼まれて、
 キミのことを、あちこち探し回っていたくぽ!
 ヒトに見つからないようにキミのことを探すのは、
 とっても大変だったくぽ・・・・・・。
 ま、今はそんなことどうでもいいくぽね。
 何だかとても大切なお話があるそうだから、
 ドラヴァニア雲海の「ソーム・アル山頂」まで来てほしいくぽ!
 悪いけれどゴソクロー願うくぽ!
 よし、確かに伝えたくぽよ?
 それじゃ、モグはお先に向かうとするくぽ。
 またあとで会おうくぽ~!」
(不浄の三塔)
ヴィゾーヴニル
「よくぞ来てくれた、猛きヒトの子よ・・・・・・。
 だが、此度の用件は、霊峰の山頂にて伝えよう。
 あのモーグリ族が、我らのことを待っておるだろうからな。」
ソーム・アル山頂付近のヴィゾーヴニルと話す
ほわほわモーグリ
「おっ、来た来た!
 待ってたくぽよ~!
 こちらが今回の依頼人、ヴィゾーヴニルさんくぽ!」
ヴィゾーヴニル
「モーグリ族の者よ、ご苦労であった。
 猛きヒトの子よ・・・・・・よくぞ来てくれた。
 お前にこそ、頼みたいことがあってな・・・・・・
 そこなるモーグリ族の力を借りたのだ。
 頼みというのは他でもない、ここ「ソーム・アル」のことだ。
 知ってのとおり、霊峰とは我らが同胞たちの魂が眠る、
 静かなる安らぎの地・・・・・・。
 しかし、邪竜ニーズヘッグが斃れたことで、
 その眷属たちは姿を消し、かつての霊峰が今では魔物たちの
 棲処と化してしまっている。
 さらに何者かが荒らしているのか、
 霊峰が奥底にかかえる「炎」が大いに乱れている様子。
 これでは、死した同胞たちも安らかに眠ることはできまい。
 そこでお前の力を借りたいのだ。
 我とともに霊峰を下り、魔物どもの掃討に協力してもらいたい。
 本来ならば、これは我ら竜のみで解決すべき問題だが、
 霊峰の深部を目指すには、吾輩の体躯は大きすぎる・・・・・・。
 どうだ、頼まれてくれようか?
 感謝するぞ、ヒトの子よ・・・・・・。
 むろん吾輩もただ見ているつもりもない。
 霊峰の上空にたかる翼持つ魔物どもは、吾輩が打ち払おう。」
ほわほわモーグリ
「ヒトとドラゴン族が一緒に戦うなんて、
 すごいことになってきたくぽ~!
 ふたりとも頑張るくぽよ~!」
ほわほわモーグリ
「モグも一緒に戦うのかって?
 とんでもないことを言わないでほしいくぽ!
 モグはここでふたりの無事を祈ってるくぽよ!」
「霊峰浄化 ソーム・アル(Hard)」を攻略
ソーム・アル山頂付近のヴィゾーヴニルに報告
(不浄の三塔)
ヴィゾーヴニル
「ご苦労だった、猛きヒトの子よ。
 早速、今も霊峰の山頂で我らを待っているであろう
 モーグリ族にも、此度の戦果を伝えてやるとしよう。」