人造精霊は咲き誇る

人造精霊は咲き誇る

  • 依頼主 :アルダシール(アジス・ラー X7-Y11)
  • 受注条件:レベル60~
  • 概要  :アルダシールは吉報があるようだ。

アルダシール
「Nikuqさん、吉報です!
 壊れていた、加工システムの修復目途が立ちました。
 と言っても、俺の専門外のことばかりですから、
 実際の作業は、ゲロルトさんに任せることになったのですが・・・・・・。」
ゲロルト
「まぁ、口ほどにもねェ、
 甘ちゃんだったってこったな。
 ・・・・・・少しは、オレ様のありがたさがわかっただろうが?」
アルダシール
「クッ、何も・・・・・・言い返せない・・・・・・。
 かといって、今からアラグの魔科学について、
 イチから学び直している時間もありません。
 ですから俺は、今の自分にできることで貢献してみせます!
 黙って見ていることなんて、できません!」
ゲロルト
「フン、言ってくれるじゃねェか・・・・・・。
 ・・・・・・そこまで言うなら、必要となる6種類の材料を、
 Nikuqと協力して集めてこい!!」
アルダシール
「・・・・・・・・・・・・わかりました!
 人造精霊のためなら、形振り構ってはいられない・・・・・・。
 絶対に集めてみせます!!
 ということで、Nikuqさん。
 手分けして、材料を集めましょう!
 Nikuqさんは、
 「古アムダプール市街」にあるという「魔晶堂の宝玉」、
 「グブラ幻想図書館」に収蔵された「古式魔法人形」。
 それから、「ソーム・アル」の内を流れる、
 「ソーム・アルの霊溶岩」を入手してきてください。
 すべて集まったら、ゲロルトさんに渡してください!
 残りの3種類は、必ず俺が調達してみせますから、
 お互い頑張りましょう!」
(「人造精霊は咲き誇る」を破棄する)
アルダシール
「Nikuqさん。
 今回の人造精霊の研究を、一旦お休みされたいのですか?」
(研究を休みますか?)
(いいえ)
アルダシール
「そ、そうですか!!
 いつもあなたにお願いしてばかりで、
 研究をお休みしたくなったのかと思いました・・・・・・。
 引き続きよろしくお願いします・・・・・・!
 ただ、お休みしたくなったらいつでも俺に言ってください。
 あなたにも、人造精霊にも無理強いをさせるつもりはありません。」
(はい)
アルダシール
「わかりました。
 Nikuqさんにも、休息は必要です。
 新たな試みを行う気持ちになったら、再び声をかけてください。」
オウタークボウ・シャープを所持か装備し「神聖遺跡 古アムダプール市街(Hard)」を攻略して魔晶堂の宝玉を入手
オウタークボウ・シャープを所持か装備し「稀書回収 グブラ幻想図書館(Hard)」を攻略して古式魔法人形を入手
オウタークボウ・シャープを所持か装備し「霊峰浄化 ソーム・アル(Hard)」を攻略してソーム・アルの霊溶岩を入手
オウタークボウ・シャープを所持か装備しポート・ヘリックスのゲロルトに集めた品を渡す
ゲロルト
「よォ、Nikuq。
 「魔晶堂の宝玉」、「古式魔法人形」、
 それから「ソーム・アルの霊溶岩」は集まったか?」
(魔晶堂の宝玉と古式魔法人形、ソーム・アルの霊溶岩を渡す)
(キャンセル)
ゲロルト
「あァ? まだ集めてねェのか!
 なにをちンたらしてやがるンだ!
 アルダシールに先こされちまうぞ!!」
ゲロルト
「流石は冒険者様ってとこだな。
 こっちの坊ちゃんは、随分とボロボロになって帰って来たンだぜ?」
アルダシール
「もう、余計なことは言わないでください!
 ・・・・・・そんなことより、俺をからかう余裕があるということは、
 もちろん、加工システムの修復は済んでいるんでしょうね。」
ゲロルト
「フン、オレ様を誰だと思っているンだ?
 天才ゲロルト様の手にかかれば、ンなもの朝飯前だぜ。
 あとは、テメェが加工システムの設定をするだけだ。」
アルダシール
「修理してくださって、ありがとうございます。
 これでようやく、新たなソウルストーンの製作と、
 人造精霊の移植に、取りかかれそうですよ。
 Nikuqさん、
 引き続きになりますが、手伝ってくれますか?」
ゲロルト
「なら、オレはエールでもかっ喰らって、
 一休みさせてもらうぜ!」
アルダシール
「ゲロルトさん・・・・・・飲むのは構いませんが、
 材料は揃ったのですから、武具の製作を頼みますよ。
 「天才ゲロルト様」なら、これも朝飯前でしょう?」
ゲロルト
「チッ・・・・・・面倒な野郎だぜ。
 わかったよ、新たな身体になる武具の事は任せやがれ。
 ソウルストーンと人造精霊の準備ができたら、声をかけるンだな。」
アルダシール
「では、Nikuqさん。
 さっそくですが、依頼したいことの説明をさせて頂きますね。
 実はお願いしたいことは、ふたつあります。
 ひとつ目は、新たなソウルストーンの製作への助力・・・・・・。
 これについては、「加工システム」といっしょに、
 説明させていただこうと思います。
 ふたつ目の依頼は、人造精霊の移植に備えた最終調整。
 こちらは、「認証システム」と説明した方が、
 わかりやすいと思います・・・・・・。
 なので準備が整いましたら、
 まずは「加工システム」に話しかけてください!」
加工システム
「ザ・・・・・・ザザ・・・・・・
 設計仕様を入力してください・・・・・・ザ・・・・・・。」
認証システム
「ザ・・・・・・ザザ・・・・・・・・・・・・。
 対象をセンサーの前に掲げてください。
 ・・・・・・ザザザ・・・・・・・・・・・・。
 対象を認知できませんでした。」
オウタークボウ・シャープを所持か装備し加工システムと話す
加工システム
「ザ・・・・・・ザザ・・・・・・こちらは加工システム。
 設計仕様を入力し、必要な素材を投入してください・・・・・・。」
アルダシール
「どうやら、本当に修復済みのようですね。
 設計仕様の入力は、俺が行いますので、
 少し待っていただけますか?
 これでよし・・・・・・。
 後は必要となる素材を投入するだけです。
 ・・・・・・・・・・・・そう、手伝っていただきたいのは、素材集めですよ。
 そう嫌そうな顔しないでください。
 準備が整ったら、詳しい説明をしますので、
 もう一度、「加工システム」に声をかけてください。
 そして、重要な作業はこれだけではありません。
 人造精霊の魂を移植するにあたって、
 新生ソウルストーンを作る以外に、
 もうひとつやっていただきたいことがあります。
 その説明は、「認証システム」に声をかけてから行いますね。」
オウタークボウ・シャープを所持か装備し認証システムと話す
認証システム
「ザ・・・・・・ザザ・・・・・・
 対象をセンサーの前に掲げてください・・・・・・。」
アルダシール
「そいつは「認証システム」。
 加工システムを修理するための部品を探していた時に、
 見つけたものなんですが、とても便利なものなんです。
 これから、Nikuqさんに、
 お願いしたいことと、密接に関わってくれる代物でしてね。
 新生ソウルストーンを完成させた後、
 人造精霊を、そちらに移植することになるわけですが・・・・・・
 実は、この作業は、とんでもないリスクを伴うのです。
 ソウルストーンは、いわば魂の器。
 移植の際、一時的にせよ、その器との繋がりが断たれますから、
 人造精霊の魂であるエーテルが霧散する危険性があるんです!
 そんな最悪の事態を回避する方法はひとつ!
 これまで成長させてきた人造精霊の魂を凝縮させ、
 霧散しないように、強固にさせるのです!
 さぁ、Nikuqさん・・・・・・
 アニマウェポンを手に、過酷な冒険に挑んでください!
 試練を通じて、人造精霊の魂は研ぎ澄まされていくでしょう!
 「改良型アニマグラス」を渡しておきますね。
 これを使えば、人造精霊の「魂の凝縮度」を測ることができます。
 そして、完璧に魂が凝縮したと思えたときに、
 「認証システム」にアニマウェポンを差し出してください。
 最終的にコイツの目で、エーテルの密度を最終チェックし、
 間違いないというお墨付きを得てから、移植に挑みます。
 二重三重にチェックしておいて、損はありませんからね。」
(「改良型アニマグラス」を再入手する)
(改良型アニマグラスを持っている場合)
アルダシール
「「改良型アニマグラス」を失くしたのですか?
 ・・・・・・おや、あなたの手元にあるようですね!
 もし失くしてしまったら、俺に言ってください!
 新しい「改良型アニマグラス」を用意いたします。」
(改良型アニマグラスを持っていない場合)
アルダシール
「「改良型アニマグラス」を失くされたのですか?
 心配せずとも、いくつも予備を用意してありますよ!
 どうぞ、新たな改良型アニマグラスを受け取ってください。」
(「改良型アニマグラス」を再入手しますか?)
(いいえ)
アルダシール
「そうですか・・・・・・とても便利な道具なので、
 是非とも使っていただきたいのですが・・・・・・。
 今は無くてもいいかもしれませんが、
 必要になったら、俺に言ってくださいね!」
(はい)
アルダシール
「失くしてしまったら、また俺に言ってください!」
オウタークボウ・シャープを所持か装備し認証システムと話す
(改良型アニマグラスを使う)
(人造精霊
「私の力は、どうですか?
 またひとつ、主に近づけたでしょうか。」
「次の試練も私にお任せください。
 さぁ、行きましょう!」
「主との試練の旅は、苦難の連続です・・・・・・。
 私の決意が試されているのですね・・・・・・。」
「なかなか、骨が折れる試練です。
 しかし、主の隣で戦えるのならば、
 この程度、どうってことありません・・・・・・!」
「主、そんな真剣に私のことを見てどうしました?
 疲れているのかと気遣ってくださったのなら、心配なさらず。
 まだまだ、私は戦えます!」
「本当に、これで新たな力が手に入るのでしょうか・・・・・・。
 ・・・・・・いいえ、弱音なんて吐いてはいけませんね!
 主・・・・・・行きましょう!」
「見てください、主!
 なんだか、以前より力が扱いやすくなっています!
 試練を乗り越えた頃には、私はもっと強くなっているでしょう!」
「主の期待に応えられるものになっていますか?
 あなたにたくさん使ってもらうため、
 まだまだ、頑張ります!」
「いままで、主が与えてくれた力が、
 ひとつに集まっている気がします・・・・・・。」
「あと少しで、力を自分のものにできるような気がします。」
「溢れそうになっていた力がひとつになった気がします。
 これが、試練の成果・・・・・・なのですね!」)
認証システム
「・・・・・・ザ・・・・・・ザザ・・・・・・魂の凝縮度・・・・・・25%未満です・・・・・・。
 アラグ帝国魔科学省公認の特級エーテル密度に認定はできません。」
「・・・・・・ザ、ザザ・・・・・・魂の凝縮度・・・・・・25%以上・・・・・・
 ・・・・・・ザザ・・・・・・50%未満です・・・・・・。
 アラグ帝国魔科学省公認の特級エーテル密度に認定はできません。」
「・・・・・・ザ、ザザ・・・・・・魂の凝縮度・・・・・・50%以上・・・・・・
 ・・・・・・ザザ・・・・・・75%未満です・・・・・・。
 アラグ帝国魔科学省公認の特級エーテル密度に認定はできません。」
「・・・・・・ザ、ザザ・・・・・・魂の凝縮度・・・・・・75%以上・・・・・・
 ・・・・・・ザザ・・・・・・100%未満です・・・・・・。
 アラグ帝国魔科学省公認の特級エーテル密度に認定はできません。」
(クエスト対象以外のジョブの場合)
認証システム
「ザ・・・・・・ザザ・・・・・・・・・・・・。
 対象をセンサーの前に掲げてください。
 ・・・・・・ザザザ・・・・・・・・・・・・。
 対象を認知できませんでした。」
認証システム
「ザザ・・・・・・ザ・・・・・・対象を提示してください・・・・・・。
 ザ・・・・・・ザザ・・・・・・対象を確認・・・・・・。
 計測中・・・・・・計測中・・・・・・。
 ザ・・・・・・ザザザザザ・・・・・・認証完了。
 該当武具のエーテル密度が、規定値に到達していることを確認。
 アラグ帝国魔科学省公認の特級エーテル密度に認定します!」
アルダシール
「やりましたね、Nikuqさん!
 これなら無事に、人造精霊は移植に耐えられる!」
(新生ソウルストーンが未完成の場合)
アルダシール
「あとは「新生ソウルストーン」を完成させて、
 アニマウェポン共々、ゲロルトさんに渡すだけです!
 あともう少し、頑張りましょう!」
(新生ソウルストーンを完成済みの場合)
アルダシール
「さっそくゲロルトさんのところに行って、
 アニマウェポンと「新生ソウルストーン」を渡してください。
 移植作業に着手しましょう!」
新生ソウルストーンを集める
オウタークボウ・シャープを所持し「新生ソウルストーン」をゲロルトに渡す
(改良型アニマグラスを持っていない場合)
ゲロルト
「「改良型アニマグラス」はどこへやっちまったンだ?
 チッ、・・・・・・さっさとアルダシールから受け取ってきやがれ。」
ゲロルト
「「新生ソウルストーン」とやらは完成したのか?
 完成したなら、アニマウェポンと一緒に渡しやがれ。」
(オウタークボウ・シャープを渡す)
(新生ソウルストーンを渡す)
(キャンセル)
ゲロルト
「さっさと、「加工システム」のところに行って、
 「新生ソウルストーン」を作ってきやがれ!」
ゲロルト
「よっしゃ、どうやら準備が整ったようだな?
 こっちのブツも、万全な状態で仕上がってるぜ!
 おい、アルダシール!」
アルダシール
「・・・・・・・・・・・・う、うるさい人ですね。
 ちゃんと聞こえていますよ。」
ゲロルト
「なんだテメェ・・・・・・声が小せェぞ?
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ははぁん、なるほど、ビビってやがンだな?」
アルダシール
「ビ、ビビってなんか・・・・・・!
 ・・・・・・ええ、そうかもしれません。
 どこかに失敗があれば、人造精霊は移植に耐え切れず、
 霧散して「死」を迎えてしまうんですよ!!」
ゲロルト
「ンなこたぁ、わかってる。
 オレもNikuqも・・・・・・。
 ・・・・・・・・・・・・だが、余計な心配をしてンじゃねぇ!
 Nikuqと人造精霊を信じろ・・・・・・。
 ふたりは数々の試練をくぐり抜け、人造精霊の魂を、
 極限まで研ぎ澄ましてきた!
 それに・・・・・・・・・・・・オレ様の腕を信じろ!!!
 大丈夫だ、新たな身体となる武器は、
 そんじょそこらの武器とは違う・・・・・・イカした傑作品になってるぜ!
 最後に・・・・・・テメェはテメェを信じやがれ。
 クソガキではあるが、テメェの頭脳はなかなかのモンだ。
 新生ソウルストーンだって、完璧な仕上がりのはずだぜ?」
アルダシール
「ゲロルト・・・・・・さん・・・・・・。
 わかりました。
 ここで、ビビってなんかいられませんよね!
 ・・・・・・ではこれより、
 人造精霊を「新生ソウルストーン」への移植と、
 新たな身体との結合作業を開始します。
 Nikuqさん、
 作業のため、「改良型アニマグラス」が必要なので、
 渡してもらえますか?
 移植作業・・・・・・完了!
 ゲロルトさん、速やかに新生ソウルストーンを新たな身体へ!」
ゲロルト
「よっしゃア、完成だ!!
 オレたちの血と汗と涙の結晶だぜ!!」
アルダシール
「さぁ、Nikuqさん・・・・・・
 受け取ってください!!」
ゲロルト
「人造精霊の新たな姿を見やがれ!
 その名も「テルパンダー」だ!」
アルダシール
「人造精霊は、喜んでくれたでしょうか・・・・・・!
 Nikuqさん、
 人造精霊を呼んでみてください!
 ま・・・・・・まさか、人造精霊からの反応がないのですか・・・・・・?
 そんな・・・・・・
 やっぱり、移植に耐えきれずに、人造精霊の魂は霧散して・・・・・・。」
人造精霊
「・・・・・・主?
 どうしたのですか、その表情・・・・・・。
 なにか、驚かれることでもありました・・・・・・?
 ・・・・・・新しい力、たくさん感じました。
 身体がフワッとしたと思ったら、目の前が輝かしく彩られて・・・・・・。
 その光が、とっても心地よくて眠りかけていたら、
 主に呼ばれた気がして飛び起きたのです。
 味わったことのない感覚でした・・・・・・。
 まるで、生まれ変わったかのようです。」
アルダシール
「そう・・・・・・ある意味、あなたは生まれ変わりました。
 もう俺たちの力に頼らずとも、自由に生きていけるほどに、
 強くたくましい存在へと進化したのです。
 これからは自ら考え、
 Nikuqさんを助け・・・・・・
 彼女と共に、見たこともない景色を冒険してきてください!」
アルダシール
「なんだか、主従関係というより、
 すっかり「相棒」ですねぇ・・・・・・。」
人造精霊
「あいぼう・・・・・・?」
アルダシール
「主人と従者・・・・・・
 それよりももう少し深い絆の事です。」
人造精霊
「なるほど・・・・・・。
 では、誰もが主の「あいぼう」と認めてくれるよう、
 もっともっと力を身につけなければいけませんね!」
アルダシール
「これから、
 Nikuqさんと共に、
 想像もできない場所へ行くことがあるかもしれません。
 そんな時、彼女を支えてあげられるようになれば、
 それは立派な「相棒」です!
 報告を楽しみに待っていますね!
 Nikuqさん、これまでお疲れさまでした!
 様々な困難を終えて、くたくたでしょう。」
ゲロルト
「そういやぁ、アルダシール。
 お前に頼まれていた、こいつの羽の調整をやっておいたぜ。」
アルダシール
「ありがとうございます!
 これで、本体に調整を入れれば完璧ですよ。
 休憩を終えたら、お話したいことがあります。
 俺も少し休憩をしようと思うので、準備が整ったら、
 この子の前で待っていてくれますか?」
  魔晶堂の宝玉:古アムダプール市街の魔晶堂で発見された宝玉
  古式魔法人形:グブラ幻想図書館の稀少書庫に収蔵されたシャーレアンの古式魔法人形
  ソーム・アルの霊溶岩:霊峰ソーム・アル内に流れる魔力が込められた溶岩
  新生ソウルストーン:アニマウェポン用の新たなソウルストーン