星芒祭と親子の想い

星芒祭と親子の想い

  • 依頼主 :黒髪の医師(フロンデール薬学院小児病棟 X3-Y3)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :小児病棟の黒髪の医師は、ローヴェルの件でひどく落ち込んでいるようだ。

黒髪の医師
「・・・・・・あ、ああ・・・・・・冒険者さん、すみません。
 そうですね、落ち込むのは、ここまでにしましょう。
 頭を抱えていても、状況は好転しませんから!
 ・・・・・・治療には、「治そう」とする患者の意思が重要です。
 投げやりでは、医師が手を尽くそうとも効果は薄い。
 まさしく、今のローヴェル君の状態です。
 ですが、先程も言ったとおり、ローヴェル君は、
 本来、「放っておいて」などと言う子ではありません。
 何か原因があるはずなんです。
 お願いです、冒険者さん!
 ローヴェル君が投げやりになった原因を調べ、
 彼の心を助けるために、手を貸してください!!
 ありがとうございます!
 では、私は薬学院の職員たちに話を聞いてみます。
 冒険者さんは、子どもたちから情報を集めてみてください!」
ローヴェルの情報を集める
黒髪の医師
「ローヴェル君の最近の様子について、
 なにか、気がついたことはありませんか?」
小児病棟の治療師
「ローヴェル君、ですか?
 先生もご存知のとおり、病状は安定していましたが・・・・・・。」
上品な少年
「・・・・・・ローヴェル君ですか。
 彼は、自分のベッドの下に、なにかを隠しているようです。
 それが何かまでは、僕も確かめていませんけどね。」
咳き込む少女
「けほっ・・・・・・けほっ・・・・・・ローヴェルくん?
 最近、すごく落ち込んでるのを見たよ。
 なにかあったのかなあ・・・・・・。」
おしゃまな少女
「ローヴェルさんでしたら、以前、苦しそうに、
 手紙を読んでいらっしゃる姿を拝見しましたわ。
 体調がよろしくないのでしょうか?」
顔色の悪い少年
「・・・・・・ローヴェルについて知りたいのか?
 そういや、ちょっと前まで、すげえ嬉しそうだったぞ。
 理由は聞かなかったから、オレも知らねえけどさ。」
ベッドの下を調べる
上品な少年
「ローヴェル君がベッドの下に隠したものは、なんでしょう?
 気になりますが、勝手に調べるのは下品ですよね・・・・・・。」
咳き込む少女
「ローヴェルくん、なんで落ちこんでいたんだろ・・・・・・。
 さっき、倒れちゃって、起きてこないし・・・・・・。
 私、心配だな・・・・・・けほっ・・・・・・。」
おしゃまな少女
「ローヴェルさん、苦しそうに手紙を読んでいましたし、
 いまは倒れて眠っていますし、お体は大丈夫でしょうか・・・・・・。」
顔色の悪い少年
「ローヴェルのやつ、なんで嬉しそうにしてたんだろうな?
 つーか、あいつ、ずっと眠ってるけど大丈夫なのか?
 ちょっと心配だな・・・・・・。」
黒髪の医師にローヴェル宛の手紙を渡す
黒髪の医師
「冒険者さん、お疲れさまです。
 どうです、手がかりはつかめましたか?」
(ローヴェル宛の手紙を渡す)
黒髪の医師
「・・・・・・ローヴェル君宛の手紙、ですか。
 差出人は・・・・・・彼のお父さんのようです。
 失礼して、内容を読ませてもらいましょう・・・・・・。」
父親からの手紙
「急な仕事が入って、ウルダハに帰れなくなった。
 星芒祭にはお見舞いに行くと約束していたが、
 破ることになってしまい、すまないと思う。」
黒髪の医師
「・・・・・・ローヴェル君のお父さんは、とてもお忙しい方で、
 めったにお見舞いにはいらっしゃいません。
 それだけに、彼は約束を楽しみにしていたはずです。
 急に問題行動を起こすようになったのも、この件が原因でしょう。
 ならば、約束を破られ傷ついたローヴェル君の心を癒やすには、
 お父さんに事情を話し、会いに来ていただくのが一番です。
 問題は、お父さんがどこにいるのかですが・・・・・・
 気は進みませんが、あの方の力を借りる必要がありますね。
 私はお父さんの居場所を調べてきます。
 冒険者さんは、後ほど「王政庁」へ来ていただけますか?
 そちらで合流しましょう。」
王政庁で黒髪の医師と合流
小児病棟の治療師
「冒険者さん、お願いします。
 どうか、先生の力になってください。」
薬学院の錬金術師
「先生は「王政庁」へ向かいました。
 冒険者さん、先生へのご助力をよろしくお願いします。」
黒髪の医師
「・・・・・・冒険者さん、ちょうどよかった。
 たったいま、お父さんの居場所が判明したところです。
 ・・・・・・ああ、さきほどの方ですか?
 死んだ母の知人で、広い情報網をお持ちですから、
 協力を頼んだのです・・・・・・ちょっと高くつきましたけどね。
 そんなことよりも、ローヴェル君のお父さんについてです!
 お父さんは、リムサ・ロミンサにいらっしゃるそうです。
 中東のラザハンへ向かう船を待っているのだとか。
 冒険者さん、「リムサ・ロミンサ」の「フェリードック」に向い、
 お父さんに事情を話して、船に乗るのを止めてください!
 今から向かえば、出港する前に会えるはずです!
 本来なら、私が行かねばならないのでしょうが、
 倒れた患者を置いて、ウルダハを離れるわけにはいきません。
 冒険者さん、よろしくお願いします!」
薬学院の錬金術師
「ローヴェル君のお父さんを、探しに行かれるそうですね。
 動けないわたくしたちの代わりに、どうかよろしくお願いします。」
フェリードックのローヴェルの父親と話す
ローヴェルの父親
「・・・・・・え? あ、はい、ローヴェルは私の息子ですが。
 もしや、息子の身に何かありましたか!?
 そ、そんな・・・・・・私が約束を破ったばかりに・・・・・・!
 すまない・・・・・・ローヴェル・・・・・・。
 ・・・・・・事情はわかりました。
 わざわざここまで、ありがとうございます、冒険者殿。
 しかし、私がウルダハに戻るわけにはいかないのです!
 私がラザハンに向かうのは、仕事のためだけではありません。
 ローヴェルの治療に使う薬草を、仕入れるためでもあるのです。
 ここで帰れば、取引がすべて潰れてしまう・・・・・・っ!
 ・・・・・・そうだ! 冒険者殿、これを息子に渡してください!
 ラザハンから戻った後、持っていくつもりだった贈り物です。
 この贈り物を渡して、息子にこう伝えてください。
 「お父さんは、誰よりもお前のことを愛している」と・・・・・・。
 どうか、よろしくお願いいたします!」
ローヴェルの父親
「ローヴェルのことは心配ですが、私は行かねばなりません!
 どうか贈り物と伝言を・・・・・・よろしくお願いいたします!」
黒髪の医師にローヴェル宛の贈り物を見せる
黒髪の医師
「冒険者さん、お戻りになりましたか。
 お父さんの姿が見えませんが、なにかありましたか・・・・・・?」
(ローヴェル宛の贈り物を渡す)
黒髪の医師
「・・・・・・なるほど、わかりました。
 贈り物は、冒険者さんの手から渡すのが良いでしょう。
 ローヴェル君も、そろそろ目覚めているはずです。」
ローヴェルにローヴェル宛の贈り物を渡す
黒髪の医師
「冒険者さん、ローヴェル君に贈り物を渡してあげてください。」
ローヴェル
「あっ、冒険者さん。
 心配かけちゃって、ごめんなさい。
 ・・・・・・渡したいものがあるの?」
(ローヴェル宛の贈り物を渡す)
ローヴェル
「・・・・・・この贈り物はなあに?
 お父さんからの・・・・・・贈り物?
 愛してるだなんて、そんな嘘をつかなくてもいいよ・・・・・・。
 だって、お父さんは僕のことが嫌いなんだ。」
黒髪の医師
「それは違う、違うんだよ。
 お父さんは、誰よりローヴェル君のことを愛しているんだ。
 冒険者さんも、そう言っていただろう?」
ローヴェル
「じゃあ、なんで約束を守ってくれなかったの?
 病気で苦しくても我慢するし、薬草なんていらないよ・・・・・・。」
黒髪の医師
「きっと、お父さんも会いたかったと思うよ。
 でも、苦しむローヴェル君を、一刻も早く救いたいからこそ、
 お父さんも我慢して、薬草を買いに行くんだ。」
ローヴェル
「・・・・・・先生、本当?」
黒髪の医師
「本当だとも!
 ね、冒険者さん?」
ローヴェル
「お父さん、本当に僕のことを・・・・・・。
 そっか・・・・・・嫌われたわけじゃないんだ・・・・・・。」
黒髪の医師
「それじゃあ、勘違いも解けたところで、ローヴェル君。
 もう一度、先生たちと一緒に、
 病気を治すの頑張ってくれるかな?」
ローヴェル
「・・・・・・うん、僕、病気を治すの、頑張るよ!
 あと、心配かけてごめんなさい!」
黒髪の医師
「・・・・・・冒険者さん、最後に少しだけ、お時間をいただけますか?
 場所を移して、お話しましょう。」
ローヴェル
「冒険者さん、お父さんの贈り物、ありがとう。
 すごいね、聖人の従者様みたい!
 僕、病気を治すの頑張るからね!」
上品な少年
「ローヴェル君の目が覚めたみたいですね。
 先生もおちついていましたし、やはり心配なかったようです。」
咳き込む少女
「けほっ・・・・・・ローヴェルくん、目が覚めたって・・・・・・。
 なんか明るくなってたし、よかった・・・・・・けほっ・・・・・・。」
おしゃまな少女
「ローヴェルさんが目を覚まして、よかったですわ。
 体調も戻ったようですし、わたくし、安心しましたの。」
顔色の悪い少年
「ローヴェルのやつ、ちゃんと起きれたみたいだな。
 このまま、起きてこないかと思ったけど、安心したよ。」
小児病棟の治療師
「ローヴェル君の問題を解決していただき、ありがとうございます。
 あなたは子どもたちの英雄・・・・・・いえ、私たちの英雄です。」
黒髪の医師と話す
????
「ダミエリオー!」
黒髪の医師
「セヴェリアン先生!
 小児病棟へいらっしゃるとは珍しい。
 なにかありましたか?」
セヴェリアン
「愚かな弟子が、深刻そうな顔をしていたからだ。
 気になったので、様子を見に来てみれば・・・・・・。
 どうやら、問題は解決したようだな?」
黒髪の医師
「・・・・・・すみません、ご心配をかけました。
 こちらの冒険者さんのおかげで、
 大事に至ることなく、解決できました。」
(錬金術師クラスクエストを受けてない場合)
セヴェリアン
「・・・・・・ほほう、お前が。
 うちの錬金術師が世話になったようだな。
 いちおう、ギルドマスターとして、礼を言っておくぞ。」
(錬金術師クラスクエストを全て完了してない場合?)
セヴェリアン
「む・・・・・・おお、小間使いではないか。
 我が弟子に手を貸すとは、なかなかよい心がけだぞ。」
(錬金術師クラスクエスト完了済みの場合?)
セヴェリアン
「おお、助手ではないか!
 私の気がかりを察し、先に片づけるとはな!
 くっくっくっ、素晴らしい! 感謝してやろう!」
セヴェリアン
「我が弟子は、亡くなった恩師の息子でな。
 後を託されたので面倒を見ているのだが、
 これがなかなか手間のかかる男で、理事・・・・・・」
黒髪の医師
「あ、あの、先生?
 ご自分の研究は、よろしいのでしょうか?」
セヴェリアン
「おお、そうだった!
 こうしてはおれん、失礼する!」
ダミエリオー
「・・・・・・・・・・・・えー、そういえば、まだ名乗っていませんでした。
 私の名はダミエリオー、当院の理事長を務めています。
 まあ、両親の遺産を受け継いだだけですがね。
 改めて冒険者さん、ありがとうございます。
 ローヴェル君を助けるために、
 かなり面倒なことを頼んでしまいました。
 ・・・・・・実は私も、この小児病棟に入院していたことがあるのです。
 一度眠ると長期間昏睡に陥る奇病を、患っていましてね。
 寛解まで、多くの人に助けられました。
 だからでしょうか、今度は自分がみんなを助けたいと思い、
 父と母の跡を継いで、こうして医師になりました。
 ・・・・・・すこし、単純かもしれませんが。
 ・・・・・・っと、長々と自分語りをしてしまいました。
 気が向いたら、また病棟にいらしてください。
 きっと、患者の子どもたちも喜びますから!」
(レガシープレイヤーの場合)
ダミエリオー
「・・・・・・しかし、不思議ですね。
 冒険者さんと初めて会ったとは思えません。
 「僕」の恩人と、雰囲気が似ているからでしょうか?
 「星降りの薬草」を取ってきてくれた、
 どうしても顔を思い出せない冒険者さん・・・・・・。
 あの人のおかげで、僕は寛解することができた・・・・・・。
 第七霊災で父も母も亡くした僕が、
 今ここにいるのは、その冒険者さんのおかげなのです。
 本当に、ありがとうございました。
 ・・・・・・っと、すみません。
 同じ冒険者だからと、あなたにお礼を言っても、
 わけがわかりませんよね。
 ・・・・・・でも、何故でしょうか。
 あなたに感謝を伝えたことで、長い眠りから覚めた。
 そんな気がするんです。」
ダミエリオー
「ローヴェル君が立ち直って、本当によかった。
 ありがとうございました、冒険者さん。」
薬学院の錬金術師
「ああ、冒険者さん!
 この度のご助力、深く感謝いたします。
 「小児病棟」へ向かわれるのでしたら、ご案内いたしますが?」
  ローヴェル宛の手紙:ベッドの下に隠されていたローヴェル宛の手紙
  ローヴェル宛の贈り物:ローヴェルの父親が、息子に宛てた贈り物