星芒祭と薬学院の子どもたち

星芒祭と薬学院の子どもたち

  • 依頼主 :黒髪の医師(ウルダハ:ザル回廊 X9-Y13)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :フロンデール歩廊の黒髪の医師は、冒険者に依頼したいことがあるようだ。

黒髪の医師
「冒険者さん、依頼を受けていただけるのですね!
 ありがとうございます。
 お願いしたいのは、催しの手伝い・・・・・・
 この「星の贈り物」を、
 小児病棟に入院している子どもたちに配ってほしいのです。
 その際は、ぜひとも「スターライトローブ」を身につけ、
 伝承において子どもに贈り物を届けるとされる、
 「聖人の従者」に扮してくださいね。
 小児病棟へ向かう場合は、
 そちらの「薬学院の錬金術師」に声をおかけください。
 ご案内するよう、申しつけてありますので。
 本来であれば、聖人の従者は私がやるべき役ですが・・・・・・
 今はイタズラ少年について、調べねばならないことがあるのです。
 お手数ですが、どうぞよろしくお願いします。」
スターライトローブを着て、小児病棟の子どもに星の贈り物を渡す
薬学院の錬金術師
「先生から、お話は聞いております。
 「小児病棟」までご案内しますので、こちらへどうぞ。」
上品な少年
「星芒祭・・・・・・ですか。
 わがままなのはわかっていますが、
 父上や母上と、お家でお祝いしたいですね・・・・・・。」
咳き込む少女
「けほっ、けほっ・・・・・・。
 私、病気で咳が出ちゃうの。
 早く、元気にならないかな・・・・・・。」
おしゃまな少女
「星芒祭ですけど、わたくしは大人ですから、
 ぜんぜん、これっぽっちも、気にしませんわ。
 ・・・・・・本当の、本当ですのよ?」
顔色の悪い少年
「やっぱり薬学院には、聖人の従者様も来ないよな。
 ・・・・・・あーあ、すげえ残念・・・・・・残念だ・・・・・・。」
黒髪の医師
「どこにも姿がない・・・・・・。
 やはり、冒険者さんの言っていた少年は・・・・・・。」
小児病棟の治療師
「星芒祭のお手伝いで、いらっしゃった方ですか?
 入院で寂しい思いをしている子どもたちのため、
 よろしくお願いします。」
上品な少年
「ごきげんよう、聖人の従者様。
 もしや、贈り物をいただけるのでしょうか?」
(星の贈り物を渡す)
上品な少年
「ありがとうございます。
 次の星芒祭では、お家で贈り物を受け取れるよう、
 星神様にたくさんお祈りしますね。」
咳き込む少女
「けほっ・・・・・・けほっ・・・・・・ご、ごめんなさい・・・・・・。
 従者様、私に贈り物くれるの?」
(星の贈り物を渡す)
咳き込む少女
「あ、ありがとう・・・・・・けほっ・・・・・・。
 私ね、とっても嬉しい。
 頑張って、病気治すね。」
おしゃまな少女
「あら、聖人の従者様!
 ごきげんよう、わたくしに何かご用ですか?」
(星の贈り物を渡す)
おしゃまな少女
「ありがとうございます、従者様!
 入院中だから、贈り物もらえないと思ってたけど、
 わたくしのお祈りは、星神様と聖人様に届いていたのですね!」
顔色の悪い少年
「わっ、聖人の従者様だ。
 も、もしかして贈り物? オレに?」
(星の贈り物を渡す)
顔色の悪い少年
「・・・・・・ありがと、今年はもらえないと思ってた。
 なんか、すっごいうれしい!」
子どもたち全員に、星の贈り物を配った。
しかし、1個余ってしまった・・・・・・。
上品な少年
「・・・・・・従者様から贈り物をいただいて、
 次回の星芒祭は、必ずお家で祝いたいと思いました。
 そのためにも、病気を治すの、頑張らなくては。」
咳き込む少女
「けほっ、けほっ・・・・・・。
 従者様から、贈り物をもらっちゃった・・・・・・。
 私、とっても嬉しい・・・・・・えへへ・・・・・・。」
おしゃまな少女
「ああ、従者様から贈り物をいただけるなんて!
 贈り物をくださいって、ずっとお祈りをしていて、
 よかったですの!」
顔色の悪い少年
「へへへ、従者様に贈り物をもらったぞ!
 星神様にずっとお祈りしてて、よかったー。」
黒髪の医師に星の贈り物を渡す
黒髪の医師
「冒険者さん、おつかれさまでした!
 「星の贈り物」がひとつ、余りませんでしたか?」
(星の贈り物を渡す)
黒髪の医師
「・・・・・・そうでしたか、やはり。
 捜索の結果、ローヴェル君という入院中の少年が、
 病棟を抜けだしていたことが発覚しましてね。
 冒険者さんが出会ったという「大人しそうな少年」は、
 ローヴェル君だと見て間違いないでしょう。
 しかし、なぜ病棟を抜けだしてまで、こんなマネを・・・・・・。
 いや、嘆く前に、彼の身体のためにも、早く見つけなければ。
 冒険者さん、お疲れのところ申し訳ありませんが、
 ローヴェル君の捜索を手伝っていただけませんか?
 ありがとうございます!
 では、冒険者さんがローヴェル君と出会った、
 「ルビーロード国際市場」で、捜索してみましょう!」
ルビーロード国際市場でローヴェルを探す
薬学院の錬金術師
「先生は「ルビーロード国際市場」へ向かいました。
 冒険者さんも、ローヴェル君の捜索をよろしくお願いします。」
黒髪の医師
「この辺りで、ローヴェル君と出会ったのですね・・・・・・。
 そう遠くへは行っていないと思います。
 付近を捜索してみましょう。」
元気な少年
「ねえねえ、お父さん!
 少しだけお店見ていこうよ、ね!
 少しだけー!」
優しそうな父親
「うーん・・・・・・でも、お母さんがお家で待ってるぞ?
 早く帰らないと、寂しがるんじゃないかな?」
元気な少年
「あっ、そっかあ・・・・・・そうだよね・・・・・・。」
優しそうな父親
「・・・・・・だから、少しだけ、だぞ。
 それと、お母さんへのお土産を買っていこうな。」
大人しそうな少年
「・・・・・・お父さん。
 わっ!?
 ・・・・・・誰かと思ったら、さっきの冒険者さん。
 僕、もうほかにイタズラなんてしてないよ?」
ローヴェル
「あ~あ、やっぱり、脱走したのバレちゃったんだ。
 うん、僕が冒険者さんの探しているローヴェルだよ。
 冒険者さん、また迷惑かけてごめんなさい。
 僕、あんまり帰りたくないけど・・・・・・
 でもこれ以上、迷惑かけたくないし、ちゃんと帰るよ。」
ルビーロード国際市場の黒髪の医師に報告
薬学院の錬金術師
「冒険者さん、どうされましたか?
 ローヴェル君も、先生も、戻ってきていません。
 まだ「ルビーロード国際市場」にいると思いますが・・・・・・。」
黒髪の医師
「・・・・・・なんと、ローヴェル君を見つけたのですか!
 さすがは冒険者さん、人探しはお手の物ですね。
 では、急ぎ小児病棟へ戻りましょう。」
小児病棟の黒髪の医師と話す
薬学院の錬金術師
「先生から、お話は聞いております。
 「小児病棟」までご案内しますので、こちらへどうぞ。」
ローヴェル
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
黒髪の医師
「・・・・・・どうしても、理由を言いたくはないんだね?
 わかったよ、これ以上は聞かないから、約束してくれ。
 二度と病棟を抜け出さないって・・・・・・みんな、心配するからね。」
ローヴェル
「嘘つき! 心配なんて、してないくせに!
 死んでもいいって思ってるくせに!!
 もう僕のことなんか、放っておいてよ!」
黒髪の医師
「ローヴェル君!!
 ああ、冒険者さん・・・・・・。
 ご覧になっていましたか。
 どうしてあんな、投げやりなことを・・・・・・。
 ローヴェル君!」
黒髪の医師
「・・・・・・ローヴェル君はもう大丈夫です。
 処置が早かったおかげで、大事には至りませんでした。
 じきに、目を覚ますでしょう。
 しかし、もしも病棟の外で倒れていたら・・・・・・。
 ・・・・・・冒険者さん、少しお話したいことがあります。
 病室ではなんですから、場所を変えましょう。」
黒髪の医師
「・・・・・・ローヴェル君の病は、治療が難しいものではありません。
 しかし、使用する薬草が希少なもので、なかなか手に入らず、
 どうしても治療が長期化してしまうのです。
 長い闘病は、幼いローヴェル君にとって辛いものでしょう。
 それでも、彼は頑張って病気と戦っていました!
 なのに、急に病棟を抜けだしたり、イタズラしたり・・・・・・。
 そのうえ「放っておいて」なんて言って・・・・・・。
 私には、さっぱり理由がわかりませんよ・・・・・・。」
ローヴェル
「・・・・・・すぅ・・・・・・すぅ・・・・・・。
 ううん・・・・・・お父・・・・・・さん・・・・・・。
 すぅ・・・・・・。」
  星の贈り物:子どもたちへの星芒祭の贈り物