人造精霊の未来


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人造精霊の未来

  • 依頼主 :アルダシール(アジス・ラー X7-Y11)
  • 受注条件:レベル60~
  • 概要  :アルダシールは、人造精霊のあり方について悩んでいるようだ。

アルダシール
「人造精霊の新たな能力が開花した今・・・・・・やることはひとつです!
 能力を成長させきり、完璧な魔法生物へと仕上げること・・・・・・!
 きっとこれが、研究の最後の試練となるでしょう!
 そして、研究を終えた暁には、
 俺は華々しい研究成果と共にラザハンへと戻り、
 人造精霊に関する論文を発表するのです!」
ゲロルト
「何をナメたこと抜かしてやがるンだ?
 人造精霊が、目に見えるようになって浮かれる気持ちはわかるが、
 研究の目的を見失うほどだとは、呆れたもンだぜ。」
アルダシール
「・・・・・・そ、そんなことありません!
 俺たちの研究目的は、
 自ら思考し、使い手を助ける人造精霊を創り上げることです!」
ゲロルト
「・・・・・・なら、この程度で研究を終えていいはずがねェだろ!
 急速な成長を重ねてきたことで、人造精霊は不安定な状態だ。
 これまでは、オレたちが器となる武器とソウルストーンを、
 事あるごとに調整してきたから、辛うじて生き長らえてきた。
 だが、ここで手を離したらどうなる?
 人造精霊は成長した魂の重みに耐えきれず、死んじまうだろうよ。
 そうならないためにも、オレたちの調整を必要としないような、
 永続性のあるモノに仕上げねぇと、研究が成功したとは言えン!
 こんな事、オレに言われずともわかるハズだろうが!!
 研究者なら、もうちっと冷静に人造精霊の将来を考えろ!」
アルダシール
「くっ・・・・・・腹立たしいほどに正論を・・・・・・。
 確かに俺は、目先のことばかりに囚われて、
 人造精霊の将来・・・・・・人格や自由まで、考えていなかった。」
ゲロルト
「落ち込むのは、オレ様を仕事から解放してからにしやがれ!
 クソガキ! 今この瞬間から天才ゲロルト様と、
 人造精霊を永続させる方法を考えるぞ!
 そういうこって、永続させる方法のことはオレたちに任せろや。
 お前は、その間に緩やかに人造精霊を成長させておけ。
 まだ、その武器でも耐えられるはずだからなァ。」
アルダシール
「では、俺が考えていた手法が役に立ちそうですね!
 ・・・・・・ウランさんと共同で、成長した人造精霊に相応しい、
 新しい霊薬を開発したんです。
 ただ・・・・・・霊薬を作る過程で起こる問題があります。
 それは、主材料である「星精」の蒸留が、
 ひどく難しいことです。
 そこで、イディルシャイアにいる、
 「ブランプレ」という凄腕蒸留師に、製作を依頼しました。
 彼を訪ねて「星精」を入手していただけないでしょうか?
 俺は、ゲロルトさんと研究を進めつつ、
 その他の材料を集めて、霊薬調合の準備をしておきます。
 それでは、よろしくお願いしますね!」
ゲロルト
「ブランプレ・・・・・・だァ?
 ほう、そいつァ良い名前を聞いたぜ・・・・・・。」
オウタークボウを所持し、イディルシャイアのブランプレと話す
ブランプレ
「私は、蒸留師のブランプレだ。
 蒸留酒の醸造にかけては、ちょっと自信があるぞ。」
ブランプレ
「おや、いらっしゃい。
 何をお求めかな?
 あぁ、アルダシールくんからの注文だね。
 すでに「星精」の蒸留なら、準備を進めているよ。
 だが、星精・・・・・・液化したエーテルを蒸留するには、
 材料エーテル結晶、「活性化クラスター」が大量に必要だ。
 そうだな・・・・・・少なくとも50個はいるんだよ。
 そこで、知り合いの魔道士姉妹に、
 クラスターの活性化を依頼したんだが、こいつらが難物でねぇ。
 対価として、無理難題を要求されてしまったんだ。」
アンフェリス
「ブランプレ、例のブツは用意できたわよ。
 で、私たちの要求に応える気にはなったのかしら?」
ブランプレ
「おっと、ちょうど良いところに来てくれたね。
 この冒険者さんが、君たちの要求に応じてくれるそうだよ。
 冒険者さん、彼女たちが例の魔道士姉妹さ。
 お前さんが求める星精を作るには、活性化クラスターが必要!
 だから、ちょちょいと彼女たちの要望に応えてやってくれよ。」
アンフェリス
「初めまして、アンフェリスよ。
 こっちは、妹のアンジェレト。
 話は簡単・・・・・・活性化クラスターがほしいなら、
 私やアンジェレトのお願いを聞いてちょうだい。
 叶えてくれるなら、対価分の活性化クラスターを払ってあげる。」
ブランプレ
「よし、じゃあ話は決まりだね!
 「活性化クラスター」が50個集まったら、声をかけてくれ。
 「星精」をしっかりと調合しよう。
 あぁ、そういえば・・・・・・活性化クラスターは、
 ロウェナ商会のヒスメナさんにも卸しているらしいよ。
 彼女からも取引できると思うから、利用を検討してみてね。」
ブランプレ
「まずは、活性化クラスターを50個集めてきてくれ。
 そうしたら、「星精」を蒸留してあげるよ。
 ちなみに「活性化クラスター」が欲しいなら、
 アンフェリスとアンジェレトに声をかけるといい。
 それから、ヒスメナさんからも入手できるはずだよ。」
アンフェリス
「私に助けを乞いに来たのかしら?
 だったら、それなりの対価は払ってもらうわよ。」
アンジェレト
「・・・・・・私に、何か求めに来たの?
 もしそうなら・・・・・・私のお願いを・・・・・・聞いてね。」
活性化クラスターを集める
オウタークボウを所持し、ブランプレに活性化クラスターを渡す
ブランプレ
「「活性化クラスター」は、50個集まったかい?」
(活性化クラスターを渡す)
ブランプレ
「うん、これだけあれば十分だ。
 さっそく、星精を蒸留してくるから、
 ちょっと待っててくれよな。
 さぁできたぞ、受け取ってくれ。
 それと・・・・・・お前さんはゲロルトさんの共同研究者なんだろ?
 追加注文を受けていた「秘製蒸留酒」を渡すから、届けてくれ。
 あぁ、お代はいらないよ。
 すでにゲロルトさんから支払ってもらってるからね。
 しばらく彼から注文が入ってなかったからね。
 借金取りに消されちゃいないかと内心ヒヤヒヤしてたから、
 少し安心したよ・・・・・・じゃあまた、どうぞご贔屓に!」
ブランプレ
「星精と秘製蒸留酒をアルダシールくんに渡してあげてくれ。
 また、何か必要になったらどうぞご贔屓に!」
オウタークボウを所持し、ポート・ヘリックスのアルダシールに星精と秘製蒸留酒を渡す
アルダシール
「Nikuqさん、おかえりなさい。
 あなたを待っている間に、こちらも研究の進展がありました!
 もちろん、霊薬の調合準備も整っていますよ。
 「オウタークボウ」と、
 ブランプレさんから受け取ったものを渡してもらえますか?」
(オウタークボウを渡す)
(星精と秘製蒸留酒を渡す)
アルダシール
「ありがとうございます!
 これで、霊薬が作れます。
 ・・・・・・なんだこのビン?
 なにか、他に頼んでいたものがあったでしょうか。
 ・・・・・・ゲロルトさんが、追加で頼んだ蒸留酒ですって?
 なんで借金まみれのアンタが、こんなもの買えるんですか・・・・・・。
 ・・・・・・あ!!
 ロウェナさんから貰った研究費使い込んだなクソオヤジ!!」
ゲロルト
「なぁに、お前に説教しただろう?
 その授業料を支払ってもらったまでよ!
 ・・・・・・いいからちゃっちゃと霊薬を作りやがれ!
 この秘製蒸留酒を呷って、
 ノリにのったオレ様が人造精霊に打ちこんでやっからよォ!」
アルダシール
「もう、アンタって人は本当にどうしようもない人だ!
 今度は、俺からの説教を受けてもらいますよ!!!
 ・・・・・・・・・・・・では、気を取り直して、
 霊薬の調合を開始します!
 よしっ、霊薬が完成したぞ!
 さあ、あとはこの霊薬を人造精霊に与えましょう。
 ゲロルトさん、よろしくお願いします。」
ゲロルト
「完成したぜ・・・・・・!!
 見ろ、霊薬によってエーテルを得て成長を遂げた、
 人造精霊の姿をな!
 名付けて、「オウタークボウ・シャープ」!」
人造精霊
「・・・・・・主!
 私、また輝いた気がします・・・・・・。
 どうでしょう、あなたにふさわしくなれましたか・・・・・・?」
(どう答える?)
(もちろんだよ)
人造精霊
「ありがとう、主。
 あなたが気に入ったなら本望です。
 ・・・・・・ッフフ。」
(まだまだだ)
人造精霊
「・・・・・・そうですね。
 まだ喜ぶには早すぎました・・・・・・。
 主のために、もっと精進します。」
(・・・・・・)
人造精霊
「なっ、なにか言ってください・・・・・・!
 言葉がなければ、私には主の気持ちがわからないのです・・・・・・。
 まだまだ、精進が必要ですね・・・・・・!
 共に、歩んでください・・・・・・。」
アルダシール
「どうやら人造精霊は、また一段と成長できたようですね。
 ・・・・・・そうだ、Nikuqさんに、
 報告があるのです!
 人造精霊の永続性を担保するために、
 新たなソウルストーンを作り、移植することに決めました!
 その設計のため、古代の知識を探っていたところ、
 面白い子を見つけましてね・・・・・・。」
加工システム
「ザ・・・ザザ・・・・・・・・・・・・加工システムを起動・・・・・・。
 資材をセットし、加工方法を選択してください。」
アルダシール
「どうもこの子は、人の手では不可能な精密加工を、
 こなしてくれる優れモノらしいのです。
 ところが故障しているのか、加工方法を選んだ途端・・・・・・。」
加工システム
「ザ・・・・・・圧潰シス・・・・・・テム・・・・・・。
 ビーガガガガ・・・・・・。」
アルダシール
「・・・・・・と動かなくなってしまいます。
 俺は、新ソウルストーンを完璧なものへと仕上げるために、
 加工システムを利用して作業をしようと考えています。
 そのためにまずは、
 この加工システムを修復しなければなりません。
 なので、加工システムの修理が完了したら、
 新ソウルストーンの製作に移りましょう。
 ・・・・・・それからゲロルトさんは、新ソウルストーンに合わせて、
 人造精霊の新たな身体の設計を進めているそうです。
 こちらも設計が完了次第、先へ進みましょう。
 それまでは、人造精霊のことをよろしくお願いします!」
「新たなアニマウェポン」は強化され、
「アニマウェポン・シャープ」となりました!
アルダシールの研究日誌
(「アニマウェポン・シャープ」の記録)
「アニマウェポン・シャープ」の記録
「一生の不覚と言わざるを得ない。
 俺は、研究成果の発表という目先の成功に囚われ、
 すべてを台無しにしかけてしまったのだから。
 人造精霊は、順調に成長を遂げ、
 自ら思考する武器という研究目標の達成は、目前に思えた。
 しかし人造精霊は、まだまだ不安定なものに過ぎなかったんだ。
 俺やゲロルトさんが、今後もずっと手を入れ続けなければ、
 せっかく誕生した人造精霊は、消え去ってしまうほどに・・・・・・。
 現時点で研究を終えるということは、
 人造精霊の人格や自由を奪うことに他ならない。
 そのことをゲロルトさんに指摘されて、
 初めて気が付くなんて、俺はやっぱりどうかしていた。
 猛省した俺は、研究の完遂を心に固く誓った。
 人造精霊の永続という難題に挑むには、
 やはり新たなソウルストーンの開発が不可欠だろう。
 もちろん、その設計が難航を極めることは間違いない。
 だが、俺は絶対にやり遂げてみせる。
 Nikuqさんも力の限りを尽くし、
 人造精霊をさらに成長させてくれたんだ。
 最後に、ゲロルトさんへの感謝の気持ちも記しておこう。
 ただし、大切な研究費を蒸留酒の注文に使ったことだけは、
 きっちりとロウェナさんに報告しなければ・・・・・・。」
(イディルシャイア)
ブランプレ
「やぁ、アルダシールさんとゲロルトさんは喜んでいたかな?
 また「星精」が欲しくなったら、声をかけてね。」
  活性化クラスター:魔法により活性化した樹状結晶
  星精:活性化クラスターから抽出し、蒸留した液化エーテル
  秘製蒸留酒:ブランプレが作った高級蒸留酒