稀書回収 グブラ幻想図書館

稀書回収 グブラ幻想図書館

  • 依頼主 :ミッドナイト・デュー(イディルシャイア X5-Y6)
  • 受注条件:レベル60~
  • 概要  :イディルシャイアのミッドナイト・デューは、冒険者に頼みたいことがあるようだ。

ミッドナイト・デュー
「冒険者じゃないか、探していたよ!
 ある依頼が舞い込んできたんだけど、
 ぜひアンタにお願いしたいと思っていてね。
 風の噂で聞いたんだが、
 グブラ幻想図書館に忍び込んだことがあるんだって?
 そんなアンタに、おあつらえ向きの依頼が入ってるのさ。
 依頼主が言うには、図書館の最上層にある稀覯書庫に、
 ひときわ目立つ「革張りの書物」があるそうなんだ。
 そいつを持ってきてほしいらしくてね・・・・・・。
 問題は、どこかの誰かが禁書庫に通じる扉を、
 開けっ放しにしてきたおかげで、図書館の内部が、
 防衛用の妖異やら使い魔やらで、溢れかえってるってことさ。
 となれば、潜入した経験がある腕利きに、
 仕事を任せるのが確実・・・・・・アンタもそう思うだろう?
 進入経路を案内するから、図書館前で落ち合うとしようじゃないか。」
ミッドナイト・デュー
「目的の「革張りの書物」は、
 図書館の最上層にある稀覯書庫に収蔵されているらしい。
 進入経路を案内するから、図書館前で落ち合うとしようじゃないか。」
グブラ幻想図書館前のミッドナイト・デューと話す
ミッドナイト・デュー
「来てくれたね。
 禁書庫には、少し進んだあと左側に見えてくる、
 頑丈そうな扉を通ると行けるはずさ。
 アタシが案内できるのはここまでだ。
 「革張りの書物」の回収、ぜひともよろしく頼むよ!」
ミッドナイト・デュー
「禁書庫には、少し進んだあと左側に見えてくる、
 頑丈そうな扉を通ると行けるはずさ。
 「革張りの書物」の回収、ぜひともよろしく頼むよ!」
(イディルシャイア)
ミッドナイト・デュー
「目的の「革張りの書物」は、
 図書館の最上層にある稀覯書庫に収蔵されているらしい。
 回収、ぜひともよろしく頼むよ!」
「稀書回収 グブラ幻想図書館(Hard)」を攻略し革張りの書物を入手
(バブラスたち
「ケケケケ・・・
 オ客サンガ来タゾ!」
「キキキキ・・・
 遊ンデヤロウゼ・・・!」
「ホラホラ・・・
 ハヤクハヤク!」
「コッチニオイデ~!」
「コッチコッチ!」
「マチクタビレタ・・・」
「ウヒャッ!
 捕マルモンカ~!」)
『ドラゴンになった少年』
「むかしむかし、あるところに貧しいけれど心優しい少年がいました。
 ところがある日、悪い人たちがやってきて、
 少年をさらってしまったのです!
 人さらいたちは、少年を山の奥に連れ去ろうとしましたが、
 途中でドラゴンが現れて、崖下まで落とされてしまいます。
 そこは、こわいこわい魔物がいっぱいいる場所でした。
 少年は魔物に食べられそうになり、
 とても怖い思いをしながら、逃げ惑いました。
 そして隠れようと洞窟に逃げ込んだとき、出会ったのです。
 それは、いじめられっ子の小さなドラゴンでした。
 ふたりは助け合ううちに、いつしか友だちになり、
 やがて大空を飛んで家へと戻ったのでした。」
(バブラスたち
「ヨシヨシ・・・
 一緒ニ遊ボウゼ・・・!」
「オソイゾ~!」
「ニゲロニゲロ~!」
ハイバブラス
「オ前タチ・・・
 ヤッチマイナ!」
バブラスたち
「サアサア
 イラッシャイ!」
「バラバラニシテヤル!」
「遊ビノ時間ダ!」
「キキキキキ!」
「グッチャグチャニ
 シテヤルゾ!」
「ウケケケケ・・・
 楽シイナァ!」
「コレデモクラエ!」)
『ある恋の歌』
「なぜ、私はルガディン族に生まれてしまったのだろうか。
 そして、なぜ私は、あの娘に恋をしてしまったのか・・・・・・。
 短い手足、大きな頭、つぶらな瞳・・・・・・!
 すべてが狂おしいほど愛おしく、私の心を悩ませる。
 種族の違いを超えるには、どうすればいいのだ?
 会いたいよ、愛しい人。
 君が買付でリムサ・ロミンサに来てくれる日を、
 指折り数えて待つだけなんて、どうにかなってしまいそうだ!
 愛しい人、ブレイフロクス!
 早く私のところへ・・・・・・。」
『続・新大陸見聞録』
「新大陸において、もっとも強大にして広大な版図を誇るのが、
 マムージャ族による巨大国家「マムージャ蕃国」である。
 ただし、決して単一種族による国家ではない。
 そもそも、「マムージャ族」とは、
 姿形の異なる複数の種族によって構成される連合体なのだ。
 茶褐色の鱗と長い鶏冠が特徴的な「フビゴ族」、
 青味がかった鱗と大きな目を持つ「ブネワ族」、
 まだらの鱗を持つ「ドプロ族」・・・・・・。
 これらの多種族を「連王」と呼ばれる、
 双頭の王が強力な権力によって束ねているのだ。」
『コブラン食文化論』
「我々は、山羊肉を嬉々として食す。
 それは、山羊肉が美味いと知っているからだ。
 では、なぜ我々「人」という種は、山羊肉の味を知り得たのか?
 いわずもがな、最初に食べた人がいるからだ。
 ここで私は、この論文を読んでる貴方に問いたい。
 コブランは美味いのか、と。
 ゆえに私は、エオルゼア料理史に確かな足跡を残すため、
 最初の一歩を自らの足で・・・・・・いや「舌」で踏み出すことにした。
 我、いざ食の偉人とならん!
 こうして兄は、帰らぬ人となりました。
 よく知られているように、コブランの触手は有毒です。
 未知の食材を試すときは、図書館でよく調べましょう。」
『白魔道士会文書』
「第284回アムダプール白魔道士会大会議議事録
 議題「ケアルガに次ぐ、高位治癒魔法の名称について」
 この度、新たに編み出された高位治癒魔法の名称について、
 「ケアルゴ」「ケアルザ」「ケアルジャ」「ケアルギョ」など、
 複数案が各派によって提案されていた。
 派閥ごとに弁論が行われた後、
 投票が行われた結果、僅差で「ケアルギョ」を破り、
 「ケアルジャ」が採択されたことを、ここに記す。」
(ポロッゴ・ベギストたち
「泥棒ケロ?
 退治するケロ!」
「ここは通さないケロ!」
アパンダ
「ここまで来るとはな・・・!」)
『ドラゴンになった少年:初版』
「クルザスの寒村に、貧しいが心優しい羊飼いの少年がいた。
 ところがある日、奴隷商人に雇われた男たちがやって来て、
 問答無用で襲いかかり、少年を拉致したという。
 悪漢たちは、少年を奴隷商人に届けようとしたが、
 その道中でドラゴン族に襲われ、蹴散らされることに・・・・・・。
 だがこれは、決して偶然の出来事ではない。
 なぜなら、このドラゴンは少年の友であり、
 危機を知って、助けるために飛来してきたのだから・・・・・・。
 問題は、戦いの最中に少年が崖下に落ちてしまったことだ。
 瀕死の重傷を負った少年を助けるため、
 ドラゴンは己の血を分け与え、飲ませることにした。
 すると少年は、竜の眷属と化し、いずこかに飛び去ったという。」
ストリックス
「歓迎されぬ客と言えど、知識を求めに来たならば、
 我がレファレンスによって、応じるとしましょう・・・・・・!」
(ストリックス
「ホーホッホッ!」)
ストリックス
「貴方たちに、贈る最初の書物はこちらです・・・・・・。」
(ストリックス
「ホッホー!」)
ストリックス
「おや、こんな書物が紛れていましたか・・・・・・。
 『概説カッパ論』・・・・・・実に興味深いですね。」
(ストリックス
「ホッホッホッー!」)
ストリックス
「最高の魔道書たちを選びましたよ・・・・・・。
 脅威の知識に触れる喜びを感じつつ、斃れなさい!」
ベヒーモス・ワード
「グガァァァッ!」
メテオ着弾まで 10
メテオ着弾まで 5
メテオ着弾まで 4
メテオ着弾まで 3
メテオ着弾まで 2
メテオ着弾まで 1
(ストリックス
「ホッ・・・
 ホッホッ・・・」)
ストリックス
「ええい、次の書物は・・・・・・!
 これも、あれも、全部繰り出さなければッ!」
ミッドナイト・デューに革張りの書物を渡す
ミッドナイト・デュー
「調子はどうだ?
 「革張りの書物」は回収できたかい?」
(革張りの書物を渡す)
ミッドナイト・デュー
「目的の革張りの書物を回収できたようじゃないか!
 アンタに頼んで正解だったよ!
 さっそく、依頼主さんに確認してもらうとするかね・・・・・・。
 呼んでくるから、ちょいと待っててくれ!」
ヤヤケ
「・・・・・・おや!
 腕利きの冒険者に頼んだと聞いておりましたが、
 まさかNikuqさまだったとは!
 破壊の化身たるNikuqさまが、
 回収に行ってくださったのであれば、間違いないですね!
 さてと・・・・・・それでは、確かめさせていただくとしましょう。
 持ち帰った革張りの書物を見せていただけますか?
 どれどれ・・・・・・ふむふむ・・・・・・。
 確かに、回収を依頼した「蔵書目録」に違いありませんわ。
 どうもありがとうございます。」
ミッドナイト・デュー
「ちょっと待ってくれ、「蔵書目録」だって?
 なんだって、そんな物を手に入れようなんて思ったんだい?」
ヤヤケ
「グブラ幻想図書館に今も遺されている書物たちは、
 シャーレアンの民が集積してきた知識の結晶と言えるもの。
 それを放置しておくだなんて、許されることではありませんわ。
 ・・・・・・エオルゼアの発展のためにも、館内の書物を整理し、
 多くの人が学べるよう、しっかりと管理すべきでしょう。
 そのための手始めとして、「蔵書目録」は不可欠だったのです。」
ミッドナイト・デュー
「なるほどね・・・・・・あの図書館が再建されれば、
 学術を志す者たちが、イディルシャイアに集まるかもしれない。
 そういうことなら、アタシたちも協力させてもらうよ!」
ヤヤケ
「まぁ、心強いことですこと!
 お陰様で、図書館の再整備に向けて、第一歩を踏み出せそうです。
 目録を持ち帰ってくださったこと、心より感謝いたしますわ!」
  革張りの書物:記号と数字、本のタイトルが羅列されている書物