星の命運を懸けて

星の命運を懸けて

  • 依頼主 :ウヌクアルハイ(暁の間 X6-Y5)
  • 受注条件:レベル60~
  • 概要  :石の家のウヌクアルハイは、「三闘神」討滅計画について、ある懸念を抱いている。

ウヌクアルハイ
「光の戦士よ、貴方は気になりませんか?
 アラグの技術を狙う、帝国軍第VI軍団のことです・・・・・・。
 セフィロト討滅の折には、交戦を避けることができましたが、
 敵はまだ、かなりの戦力を温存しているようです。
 このまま放置しておけば、いずれまた・・・・・・・・・・・・おや?
 失礼、「暁」の方からのリンクパール通信です。
 その声は・・・・・・ヤ・シュトラ殿ですね?
 なんですって・・・・・・・・・・・・帝国軍が・・・・・・!?
 わかりました、すぐに向かいます。
 ・・・・・・懸念していたことが、現実になってしまいました。
 魔科学研究所に施された封印が破られ、帝国軍が侵入したとのこと。
 このままでは、蛮神制御の技術が奪われてしまいます!
 ウリエンジェをはじめ、賢人の方々にも招集がかかりました。
 「魔科学研究所」の入口で合流しましょう。
 「暁」の方々と連絡が取れしだい、僕も急行します。」
魔科学研究所付近のウヌクアルハイと合流
ウヌクアルハイ
「「暁」の方々とは、ここで合流予定です。
 彼らは帝国軍を警戒し、この空域を監視していたのですが・・・・・・
 不審な動きありとの報告を受け、ヤ・シュトラ殿らが赴いたところ、
 研究所に帝国軍が侵入した形跡が見つかったとのこと。
 手後れにならなければよいのですが・・・・・・。」
ヤ・シュトラ
「急に呼び立ててごめんなさい、Nikuq。
 これから、帝国軍と事をかまえることになりそうよ。
 魔科学研究所は、アラグの技術の粋を集めた施設・・・・・・。
 帝国軍が簡単に近づけないよう、ウリエンジェが、
 内部に強力な封印を施していたのだけど・・・・・・」
クルル
「それが、破られてしまったのよ!
 敵はもう、中枢に迫っていてもおかしくないわ。」
ウリエンジェ
「予想外でありました・・・・・・封印にもちいたのは、
 シャーレアンに伝わる秘術のひとつ・・・・・・。
 対する帝国は、主要民族「ガレアン族」が魔法を不得手とするため、
 魔法学の知識に乏しい。
 まさか、あれほど高度な封印魔法を突破されるとは・・・・・・。」
ヤ・シュトラ
「どうやったのかは気になるところだけど、
 謎解きをしている時間はないわ。」
ウヌクアルハイ
「おっしゃるとおりです。
 研究所には、蛮神制御の核心となる理論が保管されています。
 特に重要なのは、無から有を生みだすための「変換式」・・・・・・。」
ヤ・シュトラ
「帝国軍の狙いは、その「変換式」ということ?
 ・・・・・・それも、あなたのいう「我が主」からの情報かしら?」
ウヌクアルハイ
「・・・・・・ご明察です。
 ただこの状況は、我々にとって好機と捉えることもできますね。
 帝国軍を一網打尽にし、殲滅(せんめつ)すればよいのですよ。」
クルル
「ずいぶんと、過激な主張をするのね?
 今は敵の殲滅よりも、機密を守るのが最優先のはずよ。」
ヤ・シュトラ
「クルルのいうとおりね。
 その上で、敵に極力大きな打撃を与えたい、ということなら、
 私も反対はしないけれど・・・・・・どうかしら、ウリエンジェ?」
クルル
「・・・・・・ウリエンジェさん?」
ウリエンジェ
「これは失礼・・・・・・・・・・・・しばし独想にふけっておりました。
 ヤ・シュトラ嬢、あなたの判断に従いましょう。
 それでは、突入を開始しましょうか。」
クルル
「転送機能を使えるようにしたわ。
 これで、研究所内に入れるようになったはずよ。」
ヤ・シュトラ
「・・・・・・ウリエンジェ。
 封印が破られたことが、よほど気になっているのね?」
ウリエンジェ
「あれはバルデシオン委員長が考案した、最上級の封印魔法。
 破るには、賢人クラスでも数ヶ月を要するでしょう。
 ・・・・・・「超える力」のごとき、異能を持つ者でもないかぎりは。」
(レヴナンツトール)
ウヌクアルハイ
「魔科学研究所の内部には、蛮神を制御するために不可欠な、
 「変換式」が保管されています。
 帝国軍が動いたのは、これを奪取するためかと・・・・・・!」
魔科学研究所の端末を操作
古代の操作端末が作動し、
「魔科学研究所」内への転送準備が整った・・・・・・!
敵将を追え!
ヤ・シュトラ
「帝国軍の目標は最深部よ。
 敵将みずから先陣を切って、進攻中みたいね。」
ウリエンジェ
「一刻も早く、追いつかねばなりません。」
(ウヌクアルハイ
「妨害を排除して
 先に進みましょう!」
帝国兵たち
「作戦の邪魔はさせん!」
「通さんぞ!」
「エオルゼアの蛮族め!」
ヤ・シュトラ
「敵将はこの先ね
 先を急ぎましょう」)
ウヌクアルハイ
「いました、敵将です!
 後を追いましょう!」
ウリエンジェ
「この敵は私が引き受けましょう。
 先に向かってください!」
(ウヌクアルハイ
「足止めは
 おまかせしました!」
ウリエンジェ
「私ひとりで充分です!」)
ウヌクアルハイ
「いました!
 敵将・・・・・・レグラ・ヴァン・ヒュドルスです!」
(レグラ・ヴァン・ヒュドルス
「ガンバスタード!」
ウヌクアルハイ
「すみやかに撃滅を!」
帝国兵たち
「第VI軍団の
 誇りを見せよ!」
「死守だ!
 ここは死守しろ!」
「閣下の邪魔は許さん!」)
クルル
「きゃあっ!?」
ヤ・シュトラ
「Nikuq、クルルを助けるわよ!」
ウヌクアルハイ
「クルル殿、大丈夫ですか!?」
「クルル殿は僕が守ります。
 おふたりは敵将を追って!」
ヤ・シュトラ
「まかせるしかないわね・・・・・・クルルを頼んだわよ!」
(ウヌクアルハイ
「敵が来たら
 僕が応戦します!」
ヤ・シュトラ
「この敵は厄介よ・・・」)
ヤ・シュトラ
「魔法障壁を展開するッ!
 早く、この中へ!」
「最深部はこの先のはず・・・・・・。
 急ぎましょう、Nikuq!」
ヤ・シュトラ
「敵将を追うわよ!
 くっ・・・・・・まだいたの!?
 ・・・・・・ひとりで充分。
 Nikuq、私を信じて!」
レグラ・ヴァン・ヒュドルス
「あのなかに、アラグの魔科学の神髄が・・・・・・。
 どこまでも、我が途(みち)に立ちふさがるか・・・・・・。
 よかろう・・・・・・皇帝陛下への献上品に、貴様の雁首を添えてくれるわ!」
レグラ・ヴァン・ヒュドルスを倒せ!
(レグラ・ヴァン・ヒュドルス
「吹っ飛べ!」
「ガンバスタード!」
「蛮族どもが!」
「とらえた!」)
レグラ・ヴァン・ヒュドルス
「二度と後れは取らぬ・・・・・・。
 ガンバスタード、リミッターカット!」
「我が剣技と魔導技術の融合を見よッ!」
(レグラ・ヴァン・ヒュドルス
「終わりにする!」)
ヤ・シュトラ
「Nikuq!
 あの機械に、アラグの「変換式」が・・・・・・?
 ・・・・・・クルル!」
レグラ・ヴァン・ヒュドルス
「手負いだろうとも、貴様らごときに後れは・・・・・・。」
クルル
「わたしを殺せば、あなたも死ぬわ。」
レグラ・ヴァン・ヒュドルス
「なぜ邪魔をする・・・・・・エオルゼアの蛮人ども!
 皇帝陛下の欲するは、星を蝕む蛮神どもを封じる力・・・・・・。
 貴様らとて、星の滅びを望むわけではなかろう!」
ウヌクアルハイ
「それは巨大すぎる力を、ただひとりの権力者に託すということ。
 抑え込まれた蛮神の力は、いつの日か大きな反動をもたらします!」
ウリエンジェ
「現にかの「第七霊災」は、アラグの秘術を手にした、
 貴国のただひとりの将が引き起こしたもの・・・・・・。」
ウヌクアルハイ
「世界の命運をゆだねてしまうには、
 「人」の心は、あまりにも未熟なのです!」
レグラ・ヴァン・ヒュドルス
「その言葉・・・・・・
 陛下への侮辱と受け取るぞ、少年。
 だが、陛下のためならばこそ・・・・・・ここは・・・・・・・・・・・・」
クルル
「逃げられたみたいね。
 もう一戦、覚悟してたけど・・・・・・
 ・・・・・・あうッ!」
ヤ・シュトラ
「大丈夫・・・・・・!?」
クルル
「平気です・・・・・・ホッとして、力が抜けただけ。」
ウリエンジェ
「無事で済んだのは彼のおかげです。
 クルル嬢を守って・・・・・・なかなかの奮戦だったとか。」
ウヌクアルハイ
「・・・・・・巻き込んだのは、僕ですから。」
ウリエンジェ
「さて・・・・・・どうにか「変換式」を守ることはできましたが、
 あれほどまでに皇帝を崇める敵将なれば、献上する品なくして、
 本国まで撤退するとは思えません・・・・・・。」
ヤ・シュトラ
「今度こそ突破されないように、封印を施しなおすしかないわね。
 私とクルルも手伝うから、封印魔法を多重化させてみましょう。」
クルル
「Nikuqさん、
 ウヌクアルハイくん。
 おかげで、命拾いしたわ。
 ・・・・・・・・・・・・ありがとう。」
ウヌクアルハイ
「・・・・・・どうってことないです。」
クルル
「あのね、人生の先輩として言わせてもらうと・・・・・・
 そういうときは「どういたしまして」って言うのよ。」
ウヌクアルハイ
「どう・・・・・・・・・・・・いたしまして。」
魔科学研究所付近のウヌクアルハイと話す
ウヌクアルハイ
「早かったですね。
 封印の仕事は、もう終わりですか?」
ウリエンジェ
「ヤ・シュトラ嬢らの目を忍んで、抜けてきたのですよ。
 あなたにお尋ねしたいことがあったものですから。」
ウヌクアルハイ
「・・・・・・僕にですか?」
ウリエンジェ
「ええ、私の施した封印を破りし者・・・・・・
 研究所内にあえて帝国軍を招き入れ、
 「光の戦士」と戦わせることで、敵の殲滅を謀った者のことを。」
ウヌクアルハイ
「・・・・・・・・・・・・。
 僕が、今回の一件の黒幕だとでも?」
ウリエンジェ
「計画したのはあなたの「主(あるじ)」・・・・・・実行したのは、あなた。
 帝国軍を罠にかけ、袋のネズミに・・・・・・という作戦でしょうか。
 敵の「殲滅」を主張したのは、そのためですね?」
ウヌクアルハイ
「何を根拠に・・・・・・?」
ウリエンジェ
「ひとつは、あなたの語った話です。
 我らが存在すら知らなかった「変換式」のことを、
 敵将はいかに知り得たのか・・・・・・。
 そして・・・・・・破られた封印を調べて確信しました。
 かような芸当ができるのは、我らと異なる世界の「理」に従う者・・・・・・
 すなわち、あなただと。」
ウヌクアルハイ
「・・・・・・それが事実だとして、僕をどうする気です?」
ウリエンジェ
「真理の追究は、必ずしも「絆」の良薬にあらず・・・・・・。
 責めるつもりはなく、いささか水くさいと言いたかったのですよ。
 我々は、帝国軍という共通の敵と戦う同志です。
 事前にNikuqさんやクルル嬢に、
 あなたの狙いを伝えておけば、よりよき連携が取れたのでは・・・・・・?」
ウヌクアルハイ
「そうすれば、きっと貴方がたは反対したでしょう?
 アラグの機密をみすみす危険にさらす作戦など・・・・・・。」
ウリエンジェ
「だとしても、あなた自身の言葉で語るべきでした。
 普段は理知的なあなたですが、蛮神を利用せんとする輩に対しては、
 行動が先走る趣(おもむき)がある・・・・・・。
 しかし、ひとりの力で救えるほど、この世は小さなものではない。
 同志を信じることを覚えねば、いつか大きな過ちを犯すでしょう。」
ウヌクアルハイ
「・・・・・・・・・・・・。
 ・・・・・・謝罪します。
 ウリエンジェの指摘のとおりです。
 あなたと帝国軍が対決するよう仕向けたのは、僕です。」
ウリエンジェ
「どうか私に免じて、許していただきたい。
 それから・・・・・・この件はクルル嬢には内密に願います。
 せっかく彼女とも、よい「仲間」になれそうなのですから。」
クルル
「あっ、ここにいたの!?
 ヤ・シュトラさんが恐い顔をしてたわよ!
 ウリエンジェはどこで油を売ってるのかしら・・・・・・って!」
ウリエンジェ
「おお・・・・・・それは闘神の覚醒にも比肩する重大事・・・・・・。
 疾速の魔弾のごとく、馳せ参ずることといたしましょう・・・・・・。」
ウヌクアルハイ
「僕たちは、先に「石の家」に戻りましょう。」
石の家のウヌクアルハイと話す
ウヌクアルハイ
「先の戦いでは、大きな借りができてしまいました。
 勝手に罠を張ったことを、あらためて謝罪させてください。
 ・・・・・・その後悔と信頼の証として、お話ししたいことがあります。
 あの折、ウリエンジェの口からほのめかされたように・・・・・・
 僕は、貴方とは別種の「超える力」を持つ者。
 僕は、この異能を世界の救済のために役立てたい・・・・・・。
 そのためには「蛮神を封じる技術」が拡散するのを、
 なんとしても阻止したいと考えているのです。
 ・・・・・・これから話すのは、こことは違う、とある次元でのことです。
 そこでは「聖石」という石に蛮神の力を封じる魔法が発達しました。
 英雄たちは「聖石」を使い、次々と蛮神を封じたのです。
 ですが、「聖石」は不完全だった・・・・・・。
 英雄たちは、いつしか蛮神の力に呑まれて変異を遂げました。
 無限にエーテルを喰らう「魔」と化し、争いを始めた・・・・・・。
 過ぎた力が、ひとつの世界を滅ぼしたのです。
 ・・・・・・ウリエンジェに指摘されたように、僕はそのような力を、
 弄ぼうとする輩を前にすると、つい我を忘れてしまうようです。
 そして我が主もまた、この世界が同じ結末をたどることを、
 良しとせぬ者・・・・・・。
 悲劇を未然に防ぐ枷(かせ)として、僕はここに送られたのです。」
ウヌクアルハイ
「フフフ・・・・・・。
 僕に、何かご用でしょうか?」
(何を聞きたい?)
(あなたについて)
ウヌクアルハイ
「この「暁の間」に遣わされる前・・・・・・
 僕はエオルゼアとは違う、戦乱の地にいました。
 僕はそこで生き延びるために、ひとりで魔法の技を磨きました。
 しかし巨大な力の前に、抗するすべもなく敗れ去り、
 「死」に直面したそのとき・・・・・・我が主に救われたのです。
 もしもあのころの自分に、ともに戦う「仲間」や、
 範となるべき「師」がいたら、今と違う未来があったのか・・・・・・?
 フフ・・・・・・現にそうではなかった以上、無意味な空事ですね。」
「三闘神」討滅記
(「仇敵」の章)
「仇敵」の章
「アジス・ラーの魔科学研究所に、ガレマール帝国軍第VI軍団が侵入。
 光の戦士を中心とする「暁の血盟」の精鋭がこれを追い、
 蛮神制御技術の最重要機密である「変換式」を守りきった。
 帝国軍がアラグの技術を欲する理由は、蛮神を封じるためだという。
 これは至極もっともな主張に聞こえるが、「制御」とはすなわち、
 蛮神の力をごく少数の管理下に置くことである。
 しかしその権限を持つ者が、世界の破滅を望んだとしたら・・・・・・?
 あるいは偶発事が重なり、蛮神が制御不能に陥ったら・・・・・・?
 世界は、蛮神が「覚醒」「暴走」する危険を常に抱えることになる。
 「封じる」とは、蛮神の強大な力を「凝縮」することでもある。
 永きにわたって抑圧された蛮神は、解き放たれた瞬間、
 積もり積もった怨嗟とともに、恐るべき力を爆発させるだろう。
 そうなれば、討滅は困難をきわめる・・・・・・。
 それは一蛮族が降ろした「蛮神」とは、桁違いの力を有する。
 「毒をもって毒を制す」・・・・・・さらなる力をもって滅するしかない。
 ・・・・・・その戦いは、もはや無意味だ。
 そのような力がぶつかりあえば、莫大なエーテルが蕩尽される。
 勝敗が決する前に星の命数が尽き・・・・・・世界は破滅を迎えるからだ。」