とある少女の空想帳

とある少女の空想帳

  • 依頼主 :優しそうな冒険者(イディルシャイア X7-Y5)
  • 受注条件:レベル60~
  • 概要  :優しそうな冒険者は、冒険者に頼みたいことがあるようだ。

優しそうな冒険者
「・・・・・・君、Niuniuだよね?
 噂の英雄に会えるとは運がいい!
 僕は、ある仕事を手伝ってもらえる冒険者を探していてね。
 下手な奴には頼めない類のものなんだが、
 君ならば、安心してお願いできる。
 この仕事は、君にとっても損な話にはならないはずだ。
 詳しくは、「ロウェナ総合文化会館」の近くにいる、
 クロちゃん・・・・・・じゃなくて、「クロ・アリアポー」に聞いてくれ。
 ・・・・・・君ほどの冒険者なら、万が一にもないとは思うが、
 決して! あの子を泣かす真似はしないように、ね?
 それじゃ、よろしく頼んだよ。」
クロ・アリアポーと話す
(クエスト受注前)
クロ・アリアポー
「あっ、おねーちゃん!
 ごめんなさいだけど、このお店には売るものがないの。
 なにかほしいなら、ロウェナおばさんのお店へ、どーぞ!」
クロ・アリアポー
「やっほー、おねーちゃん!
 わたしのお店に、なにかごよう?
 わわっ、お仕事、受けてくれるの!?
 あのねあのね、お仕事っていうのは、
 いろんな冒険のお話を集めてくることだよ!
 お友だちにね、おとーさんとおかーさんが帰ってこなくて、
 ずぅーっと、寂しそうにしている子がいるの・・・・・・。
 だからわたし、「物語」を創ってその子に聞いてもらってるの!
 わたしの創った「物語」を、その子は喜んでくれるけど、
 本当はもっともーっと、喜んでほしいの!
 でも、最近はちょっと「まんねり」だって思ってて・・・・・・。
 だから、わたし考えたの!
 冒険者さんたちが体験したお話を、たーっくさん集めて、
 それをくっつけてみれば、新しい「物語」を創れるかなって!
 わたし、ロウェナおばさんのお手伝いしてるから、
 冒険者さんがほしがるような、ご褒美をあげられるの!
 「とーむすとーん」って変な石ころとか、いろいろ!
 だから、今までの冒険を思い出して、
 この「クロの空想帳」に、いーっぱいお話を書いてきて!
 きれいにお話が繋がって、面白い「物語」になったら、
 ご褒美を、いーっぱいあげちゃうの!
 よろしくね、Nikuqちゃん!」
クロ・アリアポー
「やっほー、Nikuqちゃん!
 わたしになにかごよう?」
(2週目以降?)
クロ・アリアポー
「やっほー、Nikuqちゃん!
 また来てくれて、ありがとう!
 冒険のお話、教えてくれるの?」
(2ラインコンプリートしたことある場合?)
クロ・アリアポー
「うわーい! Nikuqちゃんだ!
 あのねあのね、わたし来るのずっと待ってたんだよ!
 あっ、そうだ・・・・・・また冒険のお話、教えてほしいの!」
(何をする?)
(空想帳を渡す)
(ご褒美条件未達成)
クロ・アリアポー
「・・・・・・あれれ、まだ冒険のお話が集まってないみたい。
 きれいに繋がったお話か、9種類くらいの数がないと、
 ご褒美はあげられないの・・・・・・だって、「お仕事」だからね!」
(9マスコンプリートの場合)
クロ・アリアポー
「うーん・・・・・・いまいちきれいにそろってないけど、
 でもでも、こういうこともあるの!
 ご褒美はちゃんとあげるから、安心してね!
 いーっぱいお話を教えてくれて、ありがとう。
 まだまだ、「物語」の材料を探しているから、
 次もよろしくね、Nikuqちゃん!」
(1・2ラインコンプリートの場合)
クロ・アリアポー
「わぁ、すごーい!
 これは、きっと面白い「物語」になるよ!
 えへへ・・・・・・それじゃあ、ご褒美あげちゃうね!
 ありがとう、Nikuqちゃん!
 これであの子に、面白い「物語」を聞いてもらえるの。
 次の「お仕事」も、よろしくね。」
(9マスコンプリートせずに、1ラインコンプリートの場合)
クロ・アリアポー
「すごく面白い「物語」が創れそうなの!
 でも、もう少しがんばれば、もっともっと面白くなるかも?
 そしたら、もーっとご褒美もいっぱいだけど・・・・・・どうする?
 ありがとう、Nikuqちゃん!
 これであの子に、面白い「物語」を聞いてもらえるの。
 次の「お仕事」も、よろしくね。」
(新しい空想帳を受け取る)
(すでに持っている場合)
クロ・アリアポー
「・・・・・・あれれ、空想帳は渡したばかりだよ?
 次の空想帳は、まだ作ってるところだから、
 もう少しだけ待っててね!」
(リセット日前の場合)
クロ・アリアポー
「うーんとね、新しい空想帳は、いま作ってるところだよ。
 たから、もうちょっとしてから、また来てほしいの。
 ごめんね、Nikuqちゃん。」
クロ・アリアポー
「いっしょうけんめい作った空想帳・・・・・・
 はい、どーぞ!
 これまでの冒険をいーっぱい思い出して、
 空想帳にたーくさん書いてきてね!
 楽しみに待ってるの!」
(空想帳について聞く)
クロ・アリアポー
「空想帳について聞きたいの?
 なんでもいいよ、ぜーんぶ答えてあげる!」
(何を聞く?)
(空想帳とは)
クロ・アリアポー
「空想帳は、わたしが作った秘密の手帳だよ!
 今までの冒険のお話を、いっしょうけんめい思い出して、
 この手帳に書いてきてね!
 空想帳に書かれたお話をくっつけて、
 お友だちに聞いてもらう、新しい「物語」を創るの!
 だから、よろしくね、Nikuqちゃん!」
(空想帳を受け取るには)
クロ・アリアポー
「空想帳がほしいときは、わたしに言ってね。
 でも、あげるのは一回に一冊だけだよ!
 それと、新しい空想帳がほしいときは、ちょっと待ってね。
 空想帳を作るには、時間がかかっちゃうから・・・・・・。
 ごめんなさい、Nikuqちゃん。」
(ご褒美を受け取るには)
クロ・アリアポー
「物語を創るための材料をくれたら、ご褒美をあげるの!
 だから、空想帳にお話をいーっぱい書いてから、
 わたしに渡してね!
 きれいにお話が繋がってたときは、
 ご褒美を、いーっぱいあげちゃうの!
 よろしくね、Nikuqちゃん!
 でもでも、いっぺんにいーっぱいお話を教えてもらっても、
 わーってなって、「物語」がゴチャゴチャしちゃうの。
 だから、冒険のお話は9個まででいいからね!」
(有効期限とは)
クロ・アリアポー
「あのね、わたしが「物語」を創るのは、
 お友だちに聞かせてあげたいからなの。
 でも、あの子にずっと待っててなんて言えなくて・・・・・・。
 だから、お願いする「お仕事」には、期限をつけてるの。
 ロウェナおばさんも「仕事に期限があるのは当然」って、
 言っていたし、ごめんなさいだけど、よろしくね!」