新生祭の目玉公演

新生祭の目玉公演

  • 依頼主 :劇団の座長(ウルダハ:ナル回廊 X10-Y9)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :ルビーロード国際市場の劇団の座長は、新生祭の舞台公演の幕を開けようとしている。

劇団の座長
「・・・・・・覚悟は決まったようですわね?
 舞台袖に「劇団の大道具」が控えていますから、
 幕をあけられるようなら、声をかけてください。
 舞台が終わったら、またここで会いましょう。
 それじゃあ、心のままに表現してきてください!
 私たちとともに、エオルゼアに託された希望を!」
(2回目以降)
劇団の座長
「ありがとうございます、また舞台に上がってくれるのですね?
 舞台袖に「劇団の大道具」が控えていますから、
 幕をあけられるようなら、声をかけてください。
 舞台が終わったら、またここで会いましょう。
 それじゃあ、心のままに表現してきてください!
 私たちとともに、エオルゼアに託された希望を!」
劇団の大道具と話し、公演を成功させる
劇団の大道具
「おお、準備はできたか。
 そんじゃ、この「英雄」の衣装に着替えてくれ。
 他の役者が、アンタの演技に合わせるから、余計な心配は不要だ。
 舞台に上がったら、心のままに演じればいい。
 そのほうが、迫真の演技になるからな。
 さあ、「第七霊災物語」の開演だ!!
 存分に、ぶちかましてこい!!」
(2回目以降)
劇団の大道具
「また来てくれたんだな。
 俺たちも、お客さんも、あんたのカムバックを待ち望んでたぜ!
 さっそく「英雄」の衣装に着替えてくれ。
 さあ、「第七霊災物語」の開演だ!!
 存分に、ぶちかましてこい!!」
劇団の座長
「時は、第六星暦1572年・・・・・・
 後に、第七霊災と呼ばれる災厄が、
 エオルゼアを滅亡の淵へと追いやろうとしていた・・・・・・。
 同時に、ガレマール帝国はカルテノー平原に侵攻。
 この未曾有の危機に、エオルゼア三国は同盟軍を結成し、
 これを迎え撃たんと、進軍を開始した。
 その中に、己の心から湧き上がる意思に従い、
 過酷な戦いへと身を投じる、ひとりの英雄がいた。」
座長の声
「後に「光の戦士」と呼ばれる冒険者である。」
帝国軍大将役の女声優の声
「勇猛なるガレマールの将兵たちよッ!
 赤き衛星「ダラガブ」を落とす計画を成就せよッ!
 これを妨げる同盟軍を、根絶やしにしてしまえーッ!!」
座長の声
「刻々と迫る衛星「ダラガブ」の下、両軍が激突!
 光の戦士は、冒険者で編成された遊撃隊を率い、
 ガレマール帝国軍を、次々となぎ倒す!
 激戦の中、両軍に疲弊が見え始めた矢先・・・・・・
 眼前にまで迫ったダラガブが、突然、内側から砕け散った!
 その中から、現れたのは・・・・・・」
(ダラガブの中から現れたのは?)
(なんだっけ・・・・・・?)
(チョコチョコボ編)
チョコボ役の熟練声優の声
「クエーーー!!」
座長の声
「なんと・・・・・・ダラガブの中から姿を現したのは、
 血気盛んなチョコボだった!
 チョコボは、人生経験が豊富そうな渋い鳴き声をあげると、
 カルテノー平原で争う両軍に、自慢のキックをさく裂!」
劇団の座長
「見事にカルテノー平原を平らげた!
 そう、実は、第七霊災という災厄は、
 みんなが大好きなチョコボが祓った・・・・・・いえ、蹴散らしたのだ!」
チョコボ役の熟練声優の声
「クエ、クエ、クエ、クエ、クエ、
 クエ、クエックエックエー!!」
(ファットキャット編)
座長の声
「・・・・・・!?
 まあ・・・・・・なんて丸っこくて、もふもふなんでしょう・・・・・・。
 ええっと・・・・・・
 ダラガブから現れた愛らしい大猫に、心なごんだ両軍は、
 戦意をすっかり喪失して、三々五々に撤収したのだった・・・・・・。
 とっても気持ちよさそうですわね・・・・・・。
 何だか、私もゴロンとしたくなってきました・・・・・・。」
(マメット・ルイゾワ編)
座長の声
「不気味に燃え上がったダラガブの中から姿を現したのは、
 第七霊災の到来を予見した、シャーレアンの大賢人。
 エオルゼアを危機から救わんとするルイゾワだった!」
劇団の座長
「って、あら・・・・・・出番が少々早いようですわね。」
ルイゾワ役の熟練声優の声
「バハムートなら、ダラガブの中で眠りこけている隙に、
 さばいてスープにぶちこみ、美味しくいただいた。
 骨は、すりつぶして薬にするつもりじゃ。」
劇団の座長
「た、食べちゃったんですか・・・・・・!?
 え、ええっと・・・・・・こうして、第七霊災は転じて福となり、
 黒竜薬のおかげで、エオルゼアの人々は長生きしたのだ!
 めでたし、めでたし・・・・・・
 って、こんな話だったかしら・・・・・・?」
劇団の大道具
「ごくろうさん、いい演技だったな。
 な、泣いてなんかないからな・・・・・・!
 アンタの必死な演技を見て、目頭が熱くなっただけだ!」
劇団の座長
「お疲れさま、この逆境の中、よくやりとげてくれました。
 「第七霊災」とは違うような気もしますが、
 逆に観客の記憶に刻まれたようですわ。
 集中して演じていたから、まだ気分が高揚していることでしょう。
 落ち着いたら、私のところに寄ってくださいね。」
(古の蛮神「バハムート」)
座長の声
「不気味に燃え上がったダラガブが内側より砕け散り、
 中から姿を現したのは、古の蛮神「バハムート」だった!
 長き封印から解き放たれたバハムートは、
 メガフレアの炎でエオルゼアの大地を焼きつくす!
 光の戦士たちは、
 業火に立ち向かう術もなく、地に倒れる・・・・・・。
 エオルゼアの命運も尽きたかと思われたそのとき・・・・・・
 光の戦士に呼びかける者がいた!」
(光の戦士に呼びかけたのは?)
(誰だっけ・・・・・・?)
(劇団の大道具編)
劇団の座長
「光の戦士に呼びかけたのは、我が劇団の大道具!?
 って、コラ~!!」
劇団の大道具
「いやあ、こいつに仕込んだ火薬が、
 うまく着火できねえらしいんだ・・・・・・。
 俺の仕事に間違いはないはずだから、気になってな。」
劇団の座長
「だからって、本番中に出てくるとは何事ですの!?」
劇団の大道具
「うおあ!?」
劇団の座長
「・・・・・・やはり、わが劇団の大道具の仕事に、
 間違いなんて、ありませんでしたわ!
 本日は、これにて終演、またのお越しをお待ちしています!!」
(ウォーリア・オブ・ライト編)
劇団の座長
「光の戦士に呼びかける者・・・・・・
 そう、それは「伝説の光の戦士」だった!?」
伝説の光の戦士役の女声優の声
「宿命は、ここで終わらせる!」
座長の声
「倒れた光の戦士に代わり、
 「伝説の光の戦士」がバハムートを撃破!
 ついに、時の鎖は断ち切られたのである・・・・・・!」
伝説の光の戦士役の女声優の声
「すべてのものに、かがやきを・・・・・・!」
座長の声
「素敵・・・・・・って、見とれている場合じゃありませんわ!
 似ているようで、まったく違う気もしますが、
 「光の戦士」の偉業ということで・・・・・・めでたし、めでたし!」
(マメット・チアガール編)
座長の声
「光の戦士に呼びかける者・・・・・・
 それは、弾ける笑顔のチアガールだった!?」
チアガール役の女声優の声
「ガンバッテ! 光の戦士!
 ゴー! ファイ! ウィン!!」
座長の声
「元気でかわいい声援に、やる気をみなぎらせた光の戦士は、
 光の速さでバハムートを撃退したのだった!」
劇団の座長
「・・・・・・というわけで、グランドカンパニー関係者の皆様、
 この機会に、チアガールの配属を検討してみては!?」
劇団の大道具
「ごくろうさん、いい演技だったな。
 な、泣いてなんかないからな・・・・・・!
 アンタの必死な演技を見て、目頭が熱くなっただけだ!」
劇団の座長
「お疲れさま、この逆境の中、よくやりとげてくれました。
 「第七霊災」とは違うような気もしますが、
 逆に観客の記憶に刻まれたようですわ。
 集中して演じていたから、まだ気分が高揚していることでしょう。
 落ち着いたら、私のところに寄ってくださいね。
(異邦の詩人)
雅な声
「『然れど 古き灰に 新しき種は蒔かれり
  其は汝 魔断つ勇の剣 獣畏る優の灯なり』」
劇団の座長
「こ、これはエオルゼアの終焉を描いたといわれる
 「メザヤの預言」第七節・・・・・・
 この詩を吟じているということは、まさか・・・・・・?」
座長の声
「やはり、「異邦の詩人」!
 この公演の脚本家の予期せぬ登場に、
 光の戦士も驚きのあまり、思わず再び立ち上がる!」
異邦の詩人
「さて、君はこの預言に、希望と絶望、どちらを見るかい・・・・・・?
 預言とは、解釈次第で希望と絶望どちらにも転じうる。
 ならば、この状況も新生した未来の一歩にできる!
 だから、エオルゼアを救うため、希望を信じて無心に祈るんだ!
 必ずや、数多の冒険者が力を貸してくれるはずだから!」
座長の声
「バハムートのメガフレアが大地を焼きつくし、
 灼熱の炎の中で、誰もが「時代の終焉」を悟った・・・・・・。
 しかし、「光の戦士」だけは、諦めずに祈り続ける!」
異邦の詩人
「この先がどうなるかなんて、誰にもわからない・・・・・・。
 でも、僕は常に君のことを応援しているよ。
 エオルゼアの未来をよろしく・・・・・・。」
座長の声
「異邦の詩人の期待に応えんと、
 光の戦士が、バハムートに全身全霊の一撃を放つ!」
異邦の詩人の声
「不可能に見えたバハムート討伐を、光の戦士が成し遂げた!
 光の戦士が、エオルゼアに希望をもたらしたのだ。
 『驚異のおわり その名は希望
  希望のかたちは 光の戦士』
 光の戦士がいる限り、エオルゼアの未来は輝き続ける!」
異邦の詩人
「舞台に僕が現れて、驚いたかい?
 君の英雄譚を聞くだけじゃなく、ともに旅に出てみたくてね。
 舞台ながら、夢がかなって感無量だよ、ありがとう。
 エオルゼアは、これまでもこれからも困難は尽きないだろう。
 でも、君がいる限り、輝く未来がくると確信しているよ。
 『渦巻く意思の円環の 底に積もるは 嘆きの澱
  逆巻く命の円環の 天に上るは 祈りの風』
 『流転する螺旋を繋ぐは 汝の水晶
  巌を穿つ金剛の槍 海原切り裂く白金の剣』
 僕の気持ちを吟じてみたけれど、どうだったかな?
 これまでの感謝を、詩歌に込めてみたんだ。
 そして、これからのエオルゼアも、よろしく頼むよ!」
(ルイゾワ)
座長の声
「光の戦士に呼びかける者・・・・・・それはシャーレアンの大賢人。
 第七霊災の到来を予見し、エオルゼアを危機から救うため、
 北洋のシャーレアンから、この地へ赴いたルイゾワだった!」
ルイゾワ役の熟練声優の声
「今こそ「神降ろし」の秘術によりて、
 「ダラガブ」をふたたび天に封じるときよ!」
座長の声
「ルイゾワは、バハムートの封印を試みるも、
 蛮神の強大な力により、術はあえなく破られてしまう!
 誰もが、「時代の終焉」を悟ったその時・・・・・・
 ルイゾワは、光の戦士に最後の願いを託す・・・・・・!
 光の戦士は、ルイゾワの願いに呼応し、
 再び立ち上がり、バハムートと対峙する・・・・・・!」
(バハムートと対峙した光の戦士は何をした?)
(なんだっけ・・・・・・!?)
(決め台詞編)
座長の声
「ルイゾワの祈りと激励を受けとめた光の戦士は、
 己を奮い立たせるために、決め台詞を言い放つ!」
光の戦士役の女声優の声
「誰かを助けるのに、理由がいるかい?」
座長の声
「バハムートは、盗賊風のかっこいい決め台詞にしびれ、
 そのまま息の根がとまってしまいました!
 こうして、危機は回避されたのです!!」
(大家族編)
座長の声
「ルイゾワの魔法で、立ち上がった光の戦士は、
 決意に満ちた表情でバハムートをにらみつけ・・・・・・
 瞬く間にバハムートを倒してしまった!
 ・・・・・・あれま、意外と弱かった・・・・・・?」
バハムート役の熟練声優の声
「これで終わったと思うなよ・・・・・・!
 ワシの名は、バハムート零式!
 さらにワシ以外にも、改に烈に・・・・・・
 とにかく、ぎょうさんバハムートが控えておるのだ!」
劇団の座長
「ストップ、ストーーーップ!
 バハムートが、大家族だったなんて・・・・・・
 これじゃあ、キリがありませんわ!」
(テレポ編)
座長の声
「ルイゾワの放った魔法が、光の戦士をテレポさせ、
 ここではないどこかへ転送してしまった!」
劇団の座長
「・・・・・・って、話終わらないじゃーん!」
ルイゾワ役の熟練声優の声
「後のことは、任せたぞ・・・・・・!
 お前さんという希望さえ、未来に送り届けられれば・・・・・・
 わしは満足なのじゃよ・・・・・・。」
劇団の大道具
「ごくろうさん、いい演技だったな。
 な、泣いてなんかないからな・・・・・・!
 アンタの必死な演技を見て、目頭が熱くなっただけだ!」
劇団の座長
「お疲れさま、この逆境の中、よくやりとげてくれました。
 「第七霊災」とは違うような気もしますが、
 逆に観客の記憶に刻まれたようですわ。
 集中して演じていたから、まだ気分が高揚していることでしょう。
 落ち着いたら、私のところに寄ってくださいね。」
(とどめの一撃を放つ)
ルイゾワ役の熟練声優の声
「後のことは、任せたぞ・・・・・・!
 お前さんという希望さえ、未来に送り届けられれば・・・・・・
 わしは満足なのじゃよ・・・・・・。」
座長の声
「ルイゾワの最後の祈りが、
 エオルゼアの人々の祈りと十二神の加護とともに、
 光の戦士に流れ込む・・・・・・!
 エオルゼアの命運を背負った光の戦士は、
 全霊をかけて、光の一撃を放つ!」
ルイゾワ役の熟練声優の声
「「光の戦士」よ、よくぞ大役を果たしてくれた!
 すべては、「光の戦士」の尽力のたまものぞ!!
 脅威のおわり、その名は希望・・・・・・
 今後も、「光の戦士」という希望が、
 エオルゼアの未来を照らすじゃろう。」
劇団の座長
「私の目に、狂いはなかったでしょ?
 いいえ、私の想像の上を行く、素晴らしい舞台をありがとう。」
劇団の大道具
「おいおい、拍手が一向になりやまないぞ!?
 舞台に戻って、お客さんに応えてやってくれ!」
劇団の座長
「カーテンコールに応えるのも、役者の務めよ。
 お客さんの喝采を、存分に酔いしれてくるといいわ。
 お客さんが満足したら、私のところに寄ってちょうだい。」
劇団の女声優
「さあて、何度カーテンコールに応えたら、
 お客さんの熱狂が、おさまることやら・・・・・・?」
劇団の熟練声優
「様々な冒険をくぐりぬけた冒険者ゆえの光が、
 観客をひきつけて離さぬから、簡単にはおさまらなかろう。
 まさしく「光の戦士」じゃのう、ほっほっほ。」
劇団の大道具
「お疲れさん、アンタの全霊の演技には、心震えたぜ!
 座長もアンタに話があるようだから、行ってやってくれ。」
劇団の座長と話す
劇団の座長
「貴方にしか表現できない素晴らしい舞台でしたわ。
 貴方に代役を依頼して本当によかったです。
 改めて、劇団員一同を代表して、お礼申し上げますわ。
 実は、もうひとかた、貴方の舞台に感動した方から、
 貴方への伝言を承っていますの。」
(2回目以降)
劇団の座長
「今回も、素晴らしい舞台をありがとうございました。
 回を重ねるたびに、感動の度合いも増えていくようですわ。
 貴方の次回公演も、楽しみに待っていますね。」