紅蓮祭の赤き拳

紅蓮祭の赤き拳

  • 依頼主 :ABU隊員ジャ・ナンゴ(東ラノシア X32-Y29)
  • 受注条件:レベル30~
  • 概要  :コスタ・デル・ソルのABU隊員ジャ・ナンゴは、忙しそうに書類を確認している。

ABU隊員ジャ・ナンゴ
「あら、以前も協力してくれたことがある冒険者ね!?
 また参加してくれて、ありがとう!
 アナタが駆けつけてくれるなんて、心強い!!
 レッドウォーリアは、周囲の炎獣を掃討中よ。
 アナタにも、この掃討に加わってもらうわ。
 まずは、ここから北西の崖にいる、
 「ABU海獣隊員ヴントヒル」と話して、エルブストに騎乗してね。
 その後、燃焼物を見つけ次第、「放水」を使って消火してほしいの。
 ヴントヒル・・・・・・この名前を憶えてる?
 前回の紅蓮祭でアナタと出会って、冒険者になった元海賊よ。
 アナタを目標に頑張って、今回、隊員に選ばれたの!」
(紅蓮祭に初参加の場合)
ABU隊員ジャ・ナンゴ
「紅蓮祭への参加、ありがとう!
 火消しの戦士「レッドウォーリア」の援軍志願ね?
 レッドウォーリアは、周囲の炎獣を掃討中よ。
 アナタにも、この掃討に加わってもらうわ。
 まずは、ここから北西の崖にいる、
 「ABU海獣隊員ヴントヒル」と話して、エルブストに騎乗してね。
 その後、燃焼物を見つけ次第、「放水」を使って消火してほしいの。
 ABU海獣隊員ヴントヒルは、前回の紅蓮祭を機に、
 冒険者ギルドに入った元海賊なの。
 憧れの冒険者を理想に頑張って、隊員に選ばれた頑張り屋よ。」
(2回目以降)
ABU隊員ジャ・ナンゴ
「紅蓮祭への参加、ありがとう!
 火消しの戦士「レッドウォーリア」の援軍志願ね?
 レッドウォーリアは、周囲の炎獣を掃討中よ。
 アナタにも、この掃討に加わってもらうわ。
 まずは、ここから北西の崖にいる、
 「ABU海獣隊員ヴントヒル」と話して、エルブストに騎乗してね。
 その後、燃焼物を見つけ次第、「放水」を使って消火してほしいの。」
ABU海獣隊員ヴントヒルと話し、エルブストに騎乗
(前回の紅蓮祭に参加していた場合)
ABU海獣隊員ヴントヒル
「おお、Nikuqじゃねーか!?
 また会えるなんて、夢みたいだ!!
 なあ俺、あんたを目指して、これまで頑張ったんだぜ!!
 俺の晴れ姿、ぜひ見てくれよな!!」
ABU海獣隊員ヴントヒル
「紅蓮祭への参加、ありがとうございます!!
 レッドウォーリアの掃討任務の援軍ですね?
 では、エルブストを用意します!
 エルブストに騎乗したら、あたりを巡回してください。
 燃焼物を見つけたら、「放水」を使って、消火ねがいます!
 健闘をお祈りしてます!」
ABU海獣隊員ヴントヒル
「レッドウォーリアの援軍に出られますか?
 では、エルブストを用意します。
 燃焼物を見つけ次第、「放水」を使って、消火してください。」
エルブストに騎乗して燃える木人に放水を使う
レッドウォーリア
「大炎獣との戦いを想定した、拳で消火する特訓だ。
 エルブストに騎乗して、この炎を「放水」で消火してくれ。
 その前に、我が拳の風圧で炎を消してみせよう。」
木人が燃えている・・・・・・。
「ABU海獣隊員ヴントヒル」に話しかけてエルブストに騎乗し、
「放水」を使って消火しよう。
(放水を使う)
レッドウォーリア
「くっ・・・・・・先に火を消しとめられてしまったか。
 これは大炎獣との戦いを想定した、拳で消火する特訓だ。
 君が火を消すよりも前に、我が拳の風圧で、
 燃焼を食い止めるつもりだったのだが・・・・・・。
 もう一度、挑戦させてくれ、こっちだ。」
エルブストに騎乗して、もう一度燃え盛る木人に放水を使う
レッドウォーリア
「さあ、エルブストに騎乗して、木人に「放水」してくれ。
 その前に、拳の風圧でこの火を吹き消してみせる。
 どちらが先に消せるか、勝負といこう!」
木人が燃えている・・・・・・。
「ABU海獣隊員ヴントヒル」に話しかけてエルブストに騎乗し、
「放水」を使って消火しよう。
(放水を使う)
レッドウォーリア
「くっ・・・・・・またしても我が敗北のようだな。
 こんな拳では、大炎獣の完全な討伐など夢のまた夢。
 今度こそ、君の放水より先に火を消してやる、こっちだ。」
エルブストに騎乗して、さらに激しく燃える木人に放水を使う
レッドウォーリア
「すまん・・・・・・急ぎ、エルブストに騎乗して、この火を消してくれ!
 油を注ぐ手が滑り、手に余る火勢になってしまった・・・・・・!」
木人が燃えている・・・・・・。
「ABU海獣隊員ヴントヒル」に話しかけてエルブストに騎乗し、
「放水」を使って消火しよう。
(放水を使う)
レッドウォーリアと話す
レッドウォーリア
「ふぅ・・・・・・危ないところを、ありがとう。
 己の不甲斐なさに気がせいて、
 油を注ぐ手が滑り、手に余る火勢になってしまった・・・・・・。
 君がいなければ、あわや大惨事となっていたところだ・・・・・・。
 ああ、俺は君の助けなしじゃ、なにもできないのか・・・・・・。
 なーにが「火消しの戦士」だッ!
 「光の戦士」のように、みなに希望を与えることなど、
 今の俺に、どうしてできるというのだッ!?
 ええい、さらに過酷な修行を己に課さねばッ!!
 火力を強めるつもりだから、また協力を頼む。
 ヘールマガにも、今回の特訓の成果を報告しておいてくれ。」
(2回目、4回目以降)
レッドウォーリア
「くそっ・・・・・・またしても、君に助けられてしまった!
 「光の戦士」を目指し、もがけばもがくほど、
 我が運命が悪い方へ転がっていく・・・・・・。
 だが、こんなところで諦めるわけにはいかん!
 己が限界を突破し、必ずや希望の光とならねばッ!
 それには、もっと過酷な修行を己に課さねばならん。
 火力を一層強めるつもりだから、ぜひとも協力を頼む。
 ヘールマガにも、今回の成果を伝えておいてくれ。」
(3回目)
レッドウォーリア
「ダメだ、ダメだ、ダメだッ・・・・・・!
 やはり、君の助けがないと、俺は何もできないのかッ!?
 なにが「火消しの戦士」だッ!
 こんな偽物の英雄など、燃え尽きてしまえッ!!
 くっ、大炎獣の手下だとッ・・・・・・!?
 強い火の気に、引き寄せられたかッ!?
 むっ!!
 油桶に突っ込むつもりかッ!?
 これだ・・・・・・これぞ、理想の拳・・・・・・。
 ただただ無心で、突っ込んだだけだったのに・・・・・・。
 いや、無心なればこそ、
 雑念を帯びぬぶん、素早く動けたということか・・・・・・?
 この勝利で、何かが掴めた気がするぞ。
 それもこれも、危険な特訓に付き合ってくれた君のおかげだ!
 ・・・・・・ありがとう!!
 だが、傲りは禁物だ・・・・・・。
 掴んだ感覚を忘れぬよう、また特訓を手伝ってくれ!
 ヘールマガにも、今回の成果の報告を頼む。」
紅蓮祭実行委員長ヘールマガに報告
紅蓮祭実行委員長ヘールマガ
「例の件、手伝ってくれたようだな。
 レッドウォーリアに代わって、礼を言う。
 次は、ブラックウォーリアの手伝いを頼みたい。
 詳細は、また「ABU隊員ジャ・ナンゴ」に聞いてくれ。
 引き続き、協力をよろしく頼む。
 繰り返すが、特訓の話は重要機密だ。
 一般のABU隊員や実行委員には、別の任務中と伝えているから、
 俺の話と食い違うことがあっても、気にしなくて構わないぞ。
 火消しの戦士の秘密を知るのは、俺とあんただけだ。
 「紅蓮祭」の成功は、あんたにかかってる!
 よろしく頼むぞ!!」
(2回目以降)
紅蓮祭実行委員長ヘールマガ
「例の件、手伝ってくれたようだな。
 レッドウォーリアに代わって、礼を言う。
 「火消しの戦士」が本当の英雄になるためには、
 まだまだ強くなる必要がある。
 これからも、協力をよろしくたのむ。」