奇異なる地下迷宮

奇異なる地下迷宮

  • 依頼主 :ノジロ・マルジロ(グリダニア:新市街 X12-Y13)
  • 受注条件:レベル17~
  • 概要  :カーラインカフェのノジロ・マルジロは、冒険者に耳寄りな情報を与えたいようだ。

ノジロ・マルジロ
「よお、エオルゼアの各地で評判の冒険者ってのはお前だろ?
 その名声は、一介の冒険者である俺にも届いている・・・・・・。
 お前のような凄腕に、似合いのヤマがあるぜ?
 最近、黒衣森を騒がせている、ある事件があるんだ・・・・・・。
 この森の地下に、突然「迷宮」が現れたのさ!
 ・・・・・・オイオイ、これはマジな話なんだぜ?
 グリダニア成立前の地下都市「ゲルモラ」時代に造られた遺跡に、
 未知の階層が発見されたらしいんだ!
 問題は、この「迷宮」が普通じゃないってことさ・・・・・・!
 魔法なのか呪いなのか・・・・・・その内部では奇妙な現象が続出し、
 調査に乗り出した鬼哭隊も、手を焼いているらしい。
 そんなこんなで、俺たち冒険者に調査依頼が出たってわけだ!
 迷宮の入口は、南部森林の「イソム・ハーの穴蔵」にある。
 興味があるなら、「鬼哭隊の調査隊士」に話を聞いてみな!」
ノジロ・マルジロ
「未知の迷宮を、大手を振って探索できるチャンスだぜ。
 興味があるなら、南部森林の「イソム・ハーの穴蔵」へ向かい、
 「鬼哭隊の調査隊士」から、話を聞いてみな!」
エラル
「お前、「イソム・ハーの穴蔵」に現れた迷宮に挑戦するつもりか?
 ノジロ・マルジロと俺は、少し挑戦を見送ってるんだ。
 もっと情報が出揃ってからにしようと思ってな。」
イソム・ハーの穴蔵で鬼哭隊の調査隊士と話す
イリエル
「最近、なんだか鬼哭隊の人が騒がしくしているけど・・・・・・。
 私たちは私たちで、地下都市「ゲルモラ」の調査をしていくだけ。
 ここの調査を中止するつもりはないわ。」
ロランデ
「いったい僕たちの足の下で、何が起きているんだろう。
 「危険だから」って、中に入れてくれないんだ・・・・・・。」
鬼哭隊の調査隊士
「おや、迷宮の調査協力に来た冒険者かい?
 まさかとは思うけど、ただの物見遊山じゃないよな・・・・・・?
 現在、穴蔵は鬼哭隊の許可なしには立ち入りできないよ。
 あっちのシェーダー族にも、何度もそう言ってるのに、
 一向に立ち退いてくれないんで、困ってるんだよね・・・・・・。
 調査協力の冒険者なら、大歓迎さ!
 うちの隊長が、君たち協力者を取りまとめている。
 隊長に声をかければ、迷宮への侵入を許可してもらえるはずだ。
 僕たち調査隊は、東の「クォーリーミル」を拠点にしている。
 そこに行って、「鬼哭隊の調査隊長」に声をかけてくれ。
 ただ、気をつけて・・・・・・鬼哭隊の精鋭も手を焼く迷宮だからね。」
鬼哭隊の調査隊士
「迷宮に挑戦したいなら、東の「クォーリーミル」に向かい、
 「鬼哭隊の調査隊長」に声をかけてくれ。
 迷宮について判明している内容も、そこで聞けるはずさ。」
鬼哭隊の調査隊長と話す
エ・ウナ・コトロ
「私の名はエ・ウナ・コトロ・・・・・・見ての通り、「角尊」のひとりだ。
 この付近に不穏なるものの気配を感じ、こうして訪れた次第。
 そなたも黒衣森を歩く際は、ゆめゆめ用心なされよ・・・・・・。」
鬼哭隊の調査隊長
「この森を騒がせる「異物」を排除すべく、任に就いておる。
 お前も、我らの手を煩わせることのないようにな・・・・・・。」
鬼哭隊の調査隊長
「私を訪ねてきたということは、迷宮調査の志願者か・・・・・・。
 協力に感謝する・・・・・・我らも、あの迷宮には苦戦しておってな。
 君は「イソム・ハーの穴蔵」のことを、どれほど知っているかね?
 あの大穴の地下には、我らグリダニアの母都市とも言える、
 地下都市「ゲルモラ」の遺構が眠っているのだよ・・・・・・。
 最初は、博物学者による単純な学術調査だったと聞く。
 だが、その地下遺跡の内部で、次々と奇妙な現象が発生・・・・・・。
 我ら鬼哭隊に、支援要請が出されるまでになったのだ。
 実際に、私も入ってみたが驚いたよ・・・・・・。
 特殊な「結界」が、地下全体に張られているらしく、
 一歩でも地下に踏み入ろうものなら、普段の力が出なくなる・・・・・・!
 同行してくださった、角尊のエ・ウナ・コトロ様によれば、
 戦意に反応して発動する、一種の幻惑魔法とのこと・・・・・・。
 ゆえに、外から持ち込んだ武器も役には立たないのだ。
 エ・ウナ様が、使用者のエーテルを具現化する、
 特殊な魔器を作ってくださらなければ、どうなっていたか・・・・・・!
 君たちにも「魔器」を支給するゆえ、活用してもらいたい。
 そして、何より奇妙なのは・・・・・・
 迷宮に入るたびに、内部構造が変化するという現象が起こることだ!
 恐ろしく腕の立つ魔道士でなければ、こんな芸当は不可能だろう。
 ・・・・・・件の地下迷宮が、どれほど異様なのかわかったか?
 普段とおなじ戦い方は、通用しないと思ったほうがいい。
 腕のたつ仲間たちと、慎重に探索することだな。
 迷宮に挑戦したいときは、私に声をかけたまえ。
 内部に待ち構える障害を突破し、最深部に何が潜むのか、
 その謎を解き明かしてくれ・・・・・・!」
鬼哭隊の調査隊長
(何をする?)
(踏破状況をリセットする)
鬼哭隊の調査隊長
「前回到達した階層よりも、先に進む自信がないときは、
 また最初から挑戦しなおすのも、ひとつの手だろう・・・・・・。
 浅い階層で、腕を上げられるわけだからな。」
(キャンセル)
鬼哭隊の調査隊長
「そうか、このまま先の階層へと挑んでいくのだな・・・・・・。
 君の調査が、順調に進んでいくことを祈っているぞ!」
(固定パーティを解散する)
鬼哭隊の調査隊長
「・・・・・・ふむ、前回、突入したときのパーティを解散したいのだね。
 では、君とおなじ階層に挑める実力者がいないか、
 こちらでも、探してみよう。」
(キャンセル)
鬼哭隊の調査隊長
「そうか、解散はしないんだな?
 では、今組んでいるパーティで探索をつづけてくれたまえ!」
(「死者の宮殿」について聞く)
(何を聞く?)
(「死者の宮殿」について)
鬼哭隊の調査隊長
「「イソム・ハーの穴蔵」にて新たに発見された、
 地下都市「ゲルモラ」時代の遺構なのだが・・・・・・。
 謎めいた結界の影響で、探索もままならぬ状況なのだよ。
 戦意に反応する幻惑魔法が巡らされているらしく、
 「迷宮」の内部では、本来の力が発揮できなくなる・・・・・・。
 その上、構造までもが入るたびに変化して感じられるのだ。
 さらに数々の罠と強力な魔物が、侵入者を待ち受けていてな。
 「死者の宮殿」と呼ばれるように、死霊の目撃証言もあるほどだ。
 それでも調査に入りたいのなら、私に声をかけてくれたまえ。」
(「死者の宮殿」でのレベルについて)
鬼哭隊の調査隊長
「迷宮の内部には、特殊な「結界」が張られているらしく、
 一歩でも地下に踏み入ろうものなら、普段の力が出せなくなる。
 敵と対峙するときは、現在の力量を確認しつつ戦うことだ。」
(「魔器装備」について)
鬼哭隊の調査隊長
「角尊のエ・ウナ・コトロ様によれば、迷宮の内部には、
 戦意に反応して発動する「結界」が施されているとのこと。
 結界により迷宮内部では、本来の力を発揮できないうえに、
 外で使っている武器や防具も、役立たずと化す・・・・・・。
 この問題にあたり、エ・ウナ様が特殊な魔器を作成してくださった。
 使用者のエーテルを具現化する、この魔器を装備すれば、
 迷宮の内部に潜む敵とも、渡り合えるであろう。
 君にも魔器を支給するゆえ、活用してくれたまえ!」
(「魔土器」について)
鬼哭隊の調査隊長
「迷宮の中から、不可思議な陶器が発見されておる。
 エ・ウナ様によれば、ゲルモラ時代の妖術の流れを汲む物で、
 迷宮内で叩き割ることで、さまざまな魔法効果を得られるそうだ。
 我々は、こうした品を「魔土器」と呼んでいる。
 使用した者に、有用な効果を与えるものもあるので、
 中で不思議な陶器を見つけたら、積極的に活用するといいだろう。」
エ・ウナ・コトロ
「私の名はエ・ウナ・コトロ・・・・・・見ての通り、「角尊」のひとりだ。
 此度は、「死者の宮殿」とやらの調査に手を貸すべく、
 この集落に留まっておる。」
(何をする?)
(「魔器装備」を外に持ち出したい)
(条件未達成)
エ・ウナ・コトロ
「なるほど、我が「魔器」を迷宮の外でも使いたいと・・・・・・。
 だが、いまだ地下迷宮の深淵を覗くことは叶っておらぬ状態。
 今は本来の用途である、迷宮の調査に用いてもらいたい。」
(「死者の宮殿」の説明を聞く)
(「ゲルモラ土器片」の交換について)
エ・ウナ・コトロ
「迷宮から、ゲルモラ時代の土器片が複数発見されておるのだが・・・・・・
 古の妖術により込められた魔力が、まだ残存しているようなのだ。
 うまく調べれば、迷宮の実態を知る助けとなるやもしれぬ。
 迷宮の中で、こうした強い魔力を帯びた、
 「ゲルモラ土器片」を見つけたら、私の元へ持ってきてくれ。
 その功労に報いる恩賞も用意しておるでな。」
(「魔器装備」の持ち出しについて)
エ・ウナ・コトロ
「なるほど、我が「魔器」を迷宮の外でも使いたいと・・・・・・。
 だが、「結界」の内側で力を発揮するよう調整してあるゆえ、
 そのままでは難しいだろう・・・・・・。
 何らかの方法で、さらなる魔力を与えて強化してくれば、
 エーテルの輝きを固定化することも、できるやもしれぬな。」
(あなたはここで何をしている?)
エ・ウナ・コトロ
「私は、角尊として、平素は黒衣森の中に住まい、
 精霊たちの声に耳をすましながら、暮らしておったのだが・・・・・・。
 此度、「死者の宮殿」の調査にあたり、こうして手を貸しておる。
 森の精霊たちが邪気を感じ取り、ざわめき始めたときには、
 すでに、例の「迷宮」が完成した状態であった。
 迷宮内に仕掛けられた、侵入者を拒む「結界」。
 精霊たちに気取られずに、事をなすその手腕・・・・・・。
 この事件の黒幕が持つ力の全貌は、私にも計り知れん。
 しかし、我らとて無力ではない・・・・・・。
 敵が張り巡らせた幻惑魔法に対抗するために、
 武器となる「魔器」を作成した。
 己のエーテルを武器となす、この魔器があれば、
 「死者の宮殿」内でも、十分に敵と渡り合うことができるはずだ。
 どうか調査に協力願いたい・・・・・・私もできる限りの助力を行おう。」
イリエル
「迷宮とは、とんでもないものが見つかっちゃったわね・・・・・・。
 何も、私たちが調査している場所に現れなくてもいいのに!」
ロランデ
「危険な地下迷宮だかなんだか知らないけど・・・・・・。
 僕の夢は、ここをシェーダー族の住める地にすることなんだ。
 そのために、調査をつづけていくつもりさ。」