レヴェヴァの特別指導

レヴェヴァの特別指導

  • 依頼主 :ジャンヌキナル(イシュガルド:上層 X15-Y10)
  • 受注条件:占星術師レベル50~
  • 概要  :聖ガンリオル占星院のジャンヌキナルは、冒険者の訪問を待ちわびているようだ。

ジャンヌキナル
「ごきげんよう、Nikuqさん。
 これまでに、五つの天界の門を開いてきましたが、
 ついに、残された最後の「六天」の門を開く刻がきました。
 修練に出向く前に、レヴェヴァ師が、
 貴方に話しておきたいことがあるそうです。
 二階にいらっしゃるので、声をかけて差し上げてください。」
レヴェヴァと話す
レヴェヴァ
「Nikuq、よく修練しているようだな。
 この調子であれば、最後の「氷天座」の門を開くこともできよう。
 だが、話しておきたいのは、そのことではない。
 ・・・・・・これまでの度重なる襲撃を考えると、
 いつ何が起こるかわからぬ状況だ。
 汝には、あらかじめ可能なかぎりの術を教えておきたい。
 此度、教えるのは「ノクターナルセクト」だ。
 これを用いれば、夜の宮に座す星から力を得て、
 癒やしの力に魔法障壁の効果を上乗せできる。
 昼の宮に座す星から力を得る「ダイアーナルセクト」が、
 持続性に優れた癒やしの力を発揮するのとは対極的だな。
 状況に応じて使い分け、運命を切り開くがいい。」
歴代の占星術師の叡智が、心の内に流れ込む!