人造精霊は開花する

人造精霊は開花する

  • 依頼主 :アルダシール(アジス・ラー X7-Y11)
  • 受注条件:レベル60~
  • 概要  :アルダシールは、新たな成長方法を考えているようだ。

アルダシール
「ううむ・・・・・・。」
ゲロルト
「前回、オレ様が腕前を存分にふるって、
 テメェのエーテルが注ぎ込まれるように、武器を改造したろう?
 あとは、テメェがアニマウェポンを使い続けりゃ、
 人造精霊は、自ずとエーテルを吸収し、成長しやがるハズだ・・・・・・。
 しかしよ、このガキは、まだ何かを悩ンでやがる・・・・・・思春期か?」
アルダシール
「・・・・・・もう、何度言ったらわかるんですか!
 俺はガキじゃありませんし、思春期でもありませんよ!
 人の悩みをすぐ茶化すあなたの方が、よっぽどガキです!
 ・・・・・・確かに、ゲロルトさんの言うとおり、
 アニマウェポンを使い続ければ、いずれ人造精霊は成長します。
 でも、それを待っているだけでは、研究と呼べるはずがない!」
ゲロルト
「ほぉ、そいつはクソ真面目なこって・・・・・・。
 で、見つかったンだろうな、その方法とやらは・・・・・・。」
アルダシール
「ええ、手がかりはあります。
 俺が初めてイディルシャイアを訪れたとき、
 知り合いになった人物の研究テーマが、応用できそうなんですよ。
 彼女の名は「ウラン」・・・・・・カーバンクルを愛するあまり、
 クリスタルを摂取させる育成法を、独自に研究していました。
 人造精霊も同じ魔法生物・・・・・・この方法が応用できると思うのです!
 Nikuqさん、
 ウランさんを訪ねて、協力を仰いでみたいのです。
 彼女は「魔法生物の権威」に弟子入りを認めてもらおうと、
 今も「イディルシャイア」に留まっているはずです。
 現地で落ち合いましょう!」
(「人造精霊は開花する」を破棄する)
アルダシール
「Nikuqさん。
 今回の人造精霊の研究を、一旦お休みされたいのですか?」
(研究を休みますか?)
(いいえ)
アルダシール
「そ、そうですか!!
 いつもあなたにお願いしてばかりで、
 研究をお休みしたくなったのかと思いました・・・・・・。
 引き続きよろしくお願いします・・・・・・!
 ただ、お休みしたくなったらいつでも俺に言ってください。
 俺は、後ろのおっさんみたいに強制はしません!」
(はい)
アルダシール
「わかりました。
 Nikuqさんにも、休息は必要です。
 人造精霊を育てる気持ちになったら、声をかけてください。」
ガーンデーヴァ・コンダクトを所持し、イディルシャイアのウランと話す
アーノット
「・・・・・・ん、ウラン様に何か用でもあるのかい?」
ウラン
「私に何か用件でも?
 それとも、我が愛しきカーバンクル、
 「ダイヤ」の美しさに惹かれて、やって来たのかい?
 アルダシールに言われて訪ねて来たのか。
 ・・・・・・ふむ、ここではなんだから、少し広いところで話そうか。」
「私の名は、ウラン。
 カーバンクルを愛してやまない研究者だ。
 君は、アルダシールとどんな関係があるのかな?」
アルダシール
「お久しぶりです、ウランさん。
 今日は、あなたの力を借りたくて来たのです。
 こちらは、俺の研究仲間のNikuqさん。」
ウラン
「なるほど、アルダシールの研究仲間だったのか。
 ・・・・・・ふむ、ひとまず詳しく話を聞いてみるとしよう。」
「なるほど・・・・・・事情はよくわかった。
 君たちが研究している「人造精霊」とやらの成長に、
 私の「クリスタル摂取育成法」を応用したいということだね。
 うん、少し考えてみたが、確かに理論上は可能だ。
 ただし、この方法にはひとつ大きな壁があってね。
 ・・・・・・順番に説明していこう。
 魔法生物がエーテルで構成されていることは、知ってのとおり。
 だからこそ、エーテルの結晶であるクリスタルを摂取させれば、
 その育成につながるだろうというのが、私の研究の基礎理論だ。
 だが、クリスタルには属性の偏りがある。
 不用意にクリスタルを摂取させれば、その魔法生物は、
 体内の属性バランスを崩し、たちまちのうちに消滅してしまう。
 ゆえに、個々の魔法生物に対し「最適な属性バランス」を見極め、
 エサとなるクリスタルを配合する研究を続けてきた。
 その成果は、残念だが、一朝一夕で伝授できるものではない。
 とはいえ、私も君たちと同じ、未知の領域に挑む探求者だ。
 それに人造精霊の研究も、大いに興味をそそられる・・・・・・。
 ここはひとつ、取引といかないか?
 私の研究には、必要なものが実に多い!
 試料、文献、実験道具・・・・・・設備に加えて、協力者・・・・・・
 それらを手配する交渉材料として、さまざまな品がいる。
 もし、君たちが私の求める品を集めてくれるのであれば、
 見返りとして、私自ら君たちのために腕を振るおう。
 この知識と技術を最大限に使ってな・・・・・・どうだね?」
アルダシール
「ぜ・・・・・・是非お願いします!!」
ウラン
「よろしい、アルダシールには、知識の対価となる品を、
 冒険者くんには、技術の対価となる品を集めてもらうよ。
 それぞれに、必要となる品を書いたメモを渡しておこう・・・・・・。」
アルダシール
「よし・・・・・・早速、用意してきます。
 それじゃあ、Nikuqさん、
 また後ほど、お会いしましょう!」
ウラン
「まったく、せわしないヤツだ・・・・・・。
 さて、君はメモに書かれた品々の中から、
 どれでも好きな物を一組集めて、
 私のところに持ってきてくれ。
 報酬として、魔法生物に与えるために開発した、
 粉末状の結晶、「クリスタルサンド」を提供させてもらおう。
 ・・・・・・ただし、そのまま人造精霊に与えようとは思うなよ?
 魔法生物とは、基本的に「食事」をとらない。
 エサを差し出せば、食べるという単純なものではないのだ。
 ・・・・・・どれ、人造精霊くんとやら、出てきてくれないか?
 フフフ・・・・・・美しい魔法生物じゃないか!
 あぁ、私が見えていることに驚いているのかい?
 長年にわたって、魔法生物の研究をしているんだ。
 この程度の魔法生物、見えて当然さ。
 さあ、人造精霊くん、この「クリスタルサンド」を見てくれ。
 君はコレを、食べられそうか?」
人造精霊
「主、あの方は危険です・・・・・・。
 私を、破滅させようとしている・・・・・・。
 ここからにげましょう・・・・・・。」
ウラン
「やはり、君の人造精霊は、美しい上に賢いようだね。
 そう、この「クリスタルサンド」は、属性の力が強すぎるのさ。
 君の人造精霊にあわせた「調整」をしていないからね。
 そこで必要となるのが、霊極性の力を帯びた「硬霊性岩」だ。
 1袋のクリスタルサンドにつき、1個の硬霊性岩があれば、
 属性の力を非活性化し、安全に摂取できる状態に調整できる。
 硬霊性岩は、ロウェナ商店の「ヒスメナ」くんが扱っているから、
 クリスタルサンドと同じ数だけ用意してくれ。
 双方をそろえたら、私が調整して、人造精霊に与えよう。
 あぁ、調整の作業や、それを与えて育成を施す際には、
 人造精霊が宿ったアニマウェポンを、君の傍に置く必要がある。
 身に着けることを忘れずに来てくれ。
 あとは・・・・・・そうそう、魔法生物のエーテルバランスを、
 推測することができるルーペを、君に進呈しておこう。
 名はないが、「アニマグラス」とでも呼んでくれればいいさ。
 さあ、説明は以上だ。
 わからないことがあれば、いつでも遠慮なく聞いてくれ。
 モノがそろい次第、人造精霊を成長させてみようじゃないか!!」
(説明を聞く)
(何を聞きますか?)
(人造精霊を成長させるには?)
ウラン
「人造精霊を成長させるには、
 「クリスタルサンド」と「硬霊性岩」が同数必要だ。
 それら両方を入手したら、
 人造精霊くんが宿るアニマウェポンを身に着けて、
 私に声をかけてくれ。」
(必要なアイテムの入手方法は?)
ウラン
「人造精霊を成長させるに必要となる品は、
 「クリスタルサンド」と「硬霊性岩」だ。
 クリスタルサンドが欲しい場合は、
 メモの中から、どれでも好きな物を一組集めて、
 私のところへ持ってきてくれ。
 メモを紛失してしまったのなら、
 机の上に用意しておくから、自由に持っていってくれて構わない。
 「硬霊性岩」は、ロウェナ商会の「ヒスメナ」くんが扱っている。
 彼女から、調達してきてくれ。
 あぁ、それから・・・・・・「アニマグラス」を紛失したら、
 「アーノット」に相談してくれ。
 きっとヤツが新しい物を用意してくれるだろう。」
アーノット
「Nikuqさん、いらっしゃい。
 人造精霊は、元気かな?
 ウラン様も気にしておりましたよ。」
(「アニマグラス」を再入手する)
(所持してる場合)
アーノット
「「アニマグラス」を失くしたのかい?
 ・・・・・・って、君の手元にあるじゃないか。
 もし失くしてしまったら、僕に教えてくれ。
 新しい「アニマグラス」を渡そう。」
アーノット
「大丈夫、いくつも予備を用意してあるんだ。
 新しいアニマグラスをあげるよ。」
(「アニマグラス」を再入手しますか?)
(いいえ)
アーノット
「そうか、君が困らないのならいいんだけど・・・・・・。
 遠慮せずに、失くしてしまったら言ってくれればいい。
 ウラン様がよく物を失くす人でね。
 常に研究用品は、予備を用意してあるんだ。
 「アニマグラス」が必要なときは渡してあげるさ。」
(はい)
アーノット
「次からは、大切にしてくれよ。
 ・・・・・・まぁ、また失くしたら僕に言ってくれ。」
ガーンデーヴァ・コンダクトを装備し、ウランに話しかけ、人造精霊を成長させる
(人造精霊を成長させる)
(人造精霊
「む・・・・・・何か始めるのですか?」
「私が必要なのですね」
「主、この力は一体・・・・・・?」
「また・・・・・・不思議な力をくれるのですか?」
「主・・・・・・。私は、破滅したくないです・・・・・・。」
「主は・・・・・・私をどうするのです?」
「何か私のことで、気になりましたか・・・・・・?」
「・・・・・・何か、変わりました?」
「この力・・・・・・私を、破滅させるものじゃない・・・・・・?」
「本当に・・・・・・大丈夫なのですか?この力は・・・・・・。」
「ここに来るということは、強くなる時間ですね!」
「準備は万全です。さぁ、始めましょう・・・・・・主。」
「待っていましたよ、主。新たなエーテルをくださるのですね。」
「さぁ、始めましょう。」
「・・・・・・主。私をお呼びでしょうか。」
「こうして力をもらうの・・・・・・最近、楽しみです・・・・・・。」
「なんだか・・・・・・満たされていく気分です・・・・・・。」
「また新たなエーテルを・・・・・・注ぎ込むのですね・・・?」
「この感覚にも・・・・・・慣れてきました・・・・・・。」
「待っていましたよ、主。新たなエーテルをくださるのですね。」
「待っていました・・・・・・。新たなエーテルを・・・・・・。」
「あぁ。またいつもの・・・・・・やつですね?」
「どうですか・・・・・・。成長しているでしょう?」)
全体成長度が120/240に達したとき
ウラン
「さて、冒険者くんの人造精霊は、
 ずいぶんと成長したんじゃないかな?」
アーノット
「ええ、ダイヤの育成過程で得られた
 研究データと比較しても、かなりの成長ぶりですね・・・・・・。
 ひとまず、育成は成功したと考えていいでしょう。」
人造精霊
「主・・・・・・私、まだいけます・・・・・・。
 あなたと、同じ世界・・・・・・みたい。
 だから、もっと・・・・・・もっと強くなるの。」
ウラン
「ふむ・・・・・・ダイヤで試した以上の領域に踏み込むのは危険だが、
 魔法生物が自ら、さらなる成長を望むとはね・・・・・・。
 人造精霊くんにとって、君はとても大切な存在らしい。」
アルダシール
「メモに記された品を調達してきました!
 これで俺も、人造精霊の育成に参加できます!」
ウラン
「いいところに来たな、アルダシール。
 実は、かなりの成長度に達しているにもかかわらず、
 人造精霊くん自らが、さらなる育成を望んでいてね。
 私たちの研究データにもない領域へ踏み込むだけに、
 危険がないとは、言いきれないのだが・・・・・・。
 続行しても構わないね?」
アルダシール
「もちろん!
 人造精霊が望んでいるのであれば、俺は止めません!
 ただ、人造精霊の身体である武器の限界が心配ですね・・・・・・。
 ・・・・・・でしたら、俺は研究拠点に戻り、
 ゲロルトさんとともに、新たな器の準備をしておきます。
 さらに成長した人造精霊に相応しい武器を、用意してみせますよ!」
ウラン
「なんだか面白くなってきたじゃないか!
 さあ、こうなったら徹底的に成長させてみせるぞ!」
(人造精霊を成長させる)
(成長度にボーナスが付いた場合)
(人造精霊
「今日は、なんだか・・・・・・すごく調子がいいのです!!」
「あぁ・・・・・・いつも以上に、大きな力を感じます!」
「恐ろしいほど・・・・・・強い力!これが私の力になるの・・・・・・!?」)
(人造精霊
「・・・・・・主、私はまだ強くなれます。」
「まだ・・・・・・強くなります・・・・・・。主の傍にいるために・・・・・・。」
「私の成長は・・・・・・順調ですか?」
「どうしました主。やるべきことを迷っているのでしょうか?」
「どうです?随分と成長した気がします・・・・・・。」
「まだまだ、たくさん力をつけます。」
「さぁ、主・・・・・・。私に力をください。」
「主のために、私は強くなります。」
「この力・・・・・・はやく試したいです!」
「主と旅をするために・・・・・・さらなる高みを目指します!」
「成長できるのですね・・・・・・。楽しみです。」
「もっと、もっと力を・・・・・・!そうすれば、私は・・・・・・!」
「力が、溢れる・・・・・・。これで、主の力になれます・・・・・・!」
「どうです?随分と成長したでしょう。」
「・・・・・・そんな見つめないでください。」
「新たに得た力で、主と戦うのが、楽しみです!」
「主・・・・・・。すこし、息苦しいです・・・・・・。」)
全体成長度が240/240に達したとき
人造精霊
「主・・・・・・すみません。
 からだが・・・・・・くるしい・・・・・・。」
ウラン
「・・・・・・まずいな、アルダシールの懸念が現実になったようだ。
 人造精霊の成長に対して、身体である武器が限界に近づいている。
 Nikuqくん・・・・・・
 今すぐ人造精霊を連れて、アルダシールのもとへ戻りなさい。
 アルダシールには、私から連絡を入れて事情を伝えておこう。」
アーノット
「アルダシールに、アニマグラスをお渡しください。
 人造精霊の様子を確認するときに、役立つはずですから・・・・・・。」
ウラン
「アニマグラスを持って、
 アルダシールの元へ戻ってくれ。
 人造精霊くんが無事であるよう、祈っているよ。」
ガーンデーヴァ・コンダクトを所持し、ポート・ヘリックスのアルダシールと話す
アルダシール
「お、おかえりなさい!
 ウランさんから、事情は伝え聞いています。
 さっそく、人造精霊の様子を確認してみましょう!!
 「アニマグラス」と、「ガーンデーヴァ・コンダクト」を、
 渡してもらえますか?」
(ガーンデーヴァ・コンダクトを渡す)
アルダシール
「くっ、やっぱり予想通り、限界に近づいていますね・・・・・・。
 ゲロルトさん、すぐにソウルストーンを取り外してください!
 もう大丈夫ですよ。
 ゲロルトさん、俺たちが用意した新しい武器の準備を!
 ソウルストーンを移し変えますよ!」
ゲロルト
「よっしゃ、任せとけ!
 高みに昇るため、人造精霊がこれだけ根性見せたンだ。
 しっかり、褒美をくれてやらねェとな!
 ハァハァ・・・・・・。
 受け取りやがれ、Nikuq・・・・・・!!
 ・・・・・・アラグの地で身に着けた技術を、注ぎ込んだ逸品だ!
 名付けて、「オウタークボウ」!」
人造精霊
「・・・・・・身体・・・・・・とても軽いです。
 主・・・・・・私に、なにか魔法を・・・・・・?
 アルダシール・・・・・・ゲロルト。
 ・・・・・・新たな身体を、与えてくれた・・・・・・。
 ありがとう・・・・・・。」
アルダシール
「ゆ、夢をみているみたいだ・・・・・・。
 今、俺は人造精霊と対話している・・・・・・。
 本物の・・・・・・人造精霊・・・・・・。」
人造精霊
「主よ・・・・・・アルダシールが、ふらふらです。
 ・・・・・・彼にも、新たな身体を・・・・・・!
 私が得た「オウタークボウ」のように、
 素晴らしい身体を・・・・・・ゲロルトに作ってもらうのです。」
アルダシール
「クッ・・・・・・アッハッハッハ、面白いことを言いますね。
 人の魂は、そう簡単に新しい体に移し変えられません。
 何より、このおっさんが作った身体なんて、俺はご免です!
 そんなことより、俺は幸せ者です。
 念願だった君と、こうして話すことができているんですから・・・・・・。
 しかも、俺のことを、心配までしてもらうなんてね。」
人造精霊
「しあわせ・・・・・・。」
アルダシール
「今日は、もう疲れたでしょう。
 ゆっくり、新しい器の中で、休んでください。
 人造精霊は、大きく成長をとげました。
 まだまだ知識が欠如しているようですが、素晴らしい成果です!
 Nikuqさんと、さらなる冒険を続ければ、
 より多くのことを学び、人格も成長を遂げていくことでしょう。
 そのためにも、ぜひ支えてあげてくださいね。」
ゲロルト
「・・・・・・そうだな、このガキみたいに、
 クソ生意気な人格にならンように、しっかり躾けてやれよ。」
アルダシール
「その言葉・・・・・・そっくりそのままお返しさせていただきますよ。
 ともかく、今回はおつかれさまでした。
 Nikuqさんも、次に備えて、
 少し休んでおいてくださいね。」
ゲロルト
「アルダシールのやつ・・・・・・有頂天になってやがンな・・・・・・。
 そういうときこそ、何か見落とすモンだぜ?
 まァ、てめぇがついてりゃ、心配いらねェとは思うが、
 人造精霊の様子だけは、しっかり見ておけよ。」
「アニマウェポン・コンダクト」は強化され、
「新たなアニマウェポン」となりました!
アルダシールの研究日誌
(「磨かれしアニマウェポン」の記録)
「磨かれしアニマウェポン」の記録
「持つペンが震えて、上手く字に起こせない。
 俺は今、それほど歓喜に震えている・・・・・・!!
 人造精霊の姿を、やっとこの目で見ることができたんだ!!
 柔らかな光・・・・・・とても神々しく、思わず眩暈がするほどだった。
 これも、Nikuqさんとウランさんたちのおかげだ。
 そもそも、俺たちは人造精霊の新たな育成方法を探すため、
 イディルシャイアに滞在するウランさんを訪ねた。
 彼女は、カーバンクルを巨体に成長させるため、
 クリスタルを粉末にして、摂取させる育成方法を編み出した。
 その方法論を、人造精霊に応用しようと思いついたのだ。
 だが、魔法生物とはいえ、安易にクリスタルを与えてはならない。
 「最適な属性バランス」を見極めたうえで、摂取させなければ、
 体内の属性バランスが崩壊して、消滅してしまうのだ。
 そこで、俺たちはウランさんと取引をした。
 彼女の研究に力を貸す代わりに、彼女も俺たちを手伝う。
 そして、この協力関係は、本当に上手くいった。
 なぜなら、人造精霊は見事に成長を遂げたのだから!
 俺が研究を始めてから、こんなに感動したのは、
 恐らく初めてだろう。
 あとは、人造精霊の精神を育てあげれば、
 俺が掲げてきた目標は達成され、研究も終わる。
 長年の夢が叶うまで、あともう少しだ。」
(イディルシャイア)
アーノット
「Nikuqさん、いらっしゃい。
 ここ最近、ウラン様はダイヤをさらに成長させようと、
 研究に没頭しておられるよ。
 ちなみに僕のカーバンクルは、
 ちょっとした野暮用で、お出かけ中さ。
 どこかで見かけたら、可愛がってやってくれよな。」
ウラン
「やぁ、Nikuqくん。
 人造精霊の能力に手を加えたいんだって?
 わかった、協力しよう。
 再調整のためには、これまで人造精霊が得てきた能力を、
 一度、失わせる必要がある・・・・・・。
 失わせた能力分、新たにクリスタルサンドを与え、
 改めて能力を伸ばしてあげてくれ。
 そこまで成長した人造精霊であれば、
 調整前のクリスタルサンドでも摂取し得るだろう。
 もう、硬霊性岩を用意する必要はない。
 では、さっそく人造精霊の再調整に着手するよ!」
(何をしますか?)
(人造精霊を再調整する)
(クリスタルサンド未所持の場合)
ウラン
「おや、クリスタルサンドを持っていないみたいだね。
 欲しいのであれば、私が求める品を集めてくるのだな。」
(人造精霊
「また、あの時と同じことをするのですね。」)
(説明を聞く)
ウラン
「人造精霊の能力を再調整する場合は、
 これまでに得てきた能力を、一度、失わせる必要がある・・・・・・。
 必要なら、私が処置をするから言ってくれ。
 その後、クリスタルサンドを、再度、摂取させればいい。
 これまで同様、私が求める品を集めてくれれば、
 好きなだけ提供してあげよう。
 ああ、補足だが、もう硬霊性岩は必要ないよ。
 そのまま摂取できる程度に、成長はしているからね。」
ウラン
「おつかれさま。
 また、人造精霊の能力に手を加えたくなったら、
 声をかけてくれ。」