レヴェヴァの特別講義


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レヴェヴァの特別講義

  • 依頼主 :ジャンヌキナル(イシュガルド:上層 X15-Y10)
  • 受注条件:占星術師レベル40~
  • 概要  :聖ガンリオル占星院のジャンヌキナルは、沈痛な面持ちで冒険者を見つめている。

ジャンヌキナル
「ごきげんよう、Nikuqさん。
 ・・・・・・実は、レヴェヴァ師が、皇都で賊に襲われました。
 カンプランのお陰で、大事には至りませんでしたが、
 もはや単純な物盗りの類いと、看過することはできません。
 レヴェヴァ師を狙った犯行と見るべきでしょう。
 レヴェヴァ師は現在、この占星院の二階に滞在しておられます。
 貴方に伝えておきたいことがあるそうなので、
 声をかけて差し上げてください。」
レヴェヴァと話す
レヴェヴァ
「Nikuqか。
 襲撃の一件について、話を聞いたようだな。
 そう心配せずとも良い、カンプランが護ってくれておる。
 汝を呼んだのは、つまらぬ襲撃の話をするためではない。
 「占星術師」として、順調に力を付けつつある汝に、
 新たなる術を伝授するためだ。
 占星魔法は、運命を切り開く力・・・・・・。
 運命により「ドロー」で引き抜いたアルカナを、
 自らの選択により「キープ」し、用いる機会を待つ術だ。
 己が意思で、運命に介入する術と心得よ。
 困難な局面でこそ、大いに役立つだろう。」
歴代の占星術師の叡智が、心の内に流れ込む!