「幹」土台を築け

「幹」土台を築け

  • 依頼主 :レヴェヴァ(黒衣森:南部森林 X25-Y22)
  • 受注条件:占星術師レベル30~
  • 概要  :蛇殻林のレヴェヴァは、真剣な眼差しで冒険者を見つめている。

レヴェヴァ
「Nikuq、中々に様になっておるぞ。
 ・・・・・・今、汝が手にした、その「天球儀」こそが、
 「占星術師」にとっての剣であり、盾であると心得よ・・・・・・。
 しかし、「占星術師」には、もうひとつの欠かせぬ武器がある。
 それは腰のホルダーに収められた6枚のカード、
 すなわち「アルカナ」だ。
 占星魔法には、治癒をもたらす「ベネフィク」から、
 攻撃用の「マレフィク」まで、さまざまな魔法がある。
 だが、最も特徴的なのが、アルカナを用いる「アルカナ魔法」だ。
 巡るアルカナから、1枚を「ドロー」によって抜き出し、
 実行することで魔法効果を発動する・・・・・・。
 ただし、その効果は、手にしたアルカナにより異なると心得よ。
 アルカナとは、天に座す六つの「星座」の祝福を暗示したもの。
 ゆえに、それぞれ魔法効果も異なるのだ。
 選ばれるアルカナは、星の導き次第・・・・・・。
 その魔法効果に対し、もっとも適した者を選びて、
 アルカナを実行するのが基本だ。
 さあ、小難しい講釈はここまでとしよう。
 これより我らで、連れ去られたお祖父様を取り戻す。
 賊の相手は、槍術士と剣術士のふたりに任せるがよい。
 汝は彼らの回復に専念しつつ、占星魔法の扱い方を学ぶのだ。
 案ずるな、汝は、お祖父様の「証」に選ばれた存在。
 必ずや、運命を切り開くだけの力が備わっている・・・・・・。
 戦いに赴く覚悟ができたら、わしに声をかけよ。」
カンプラン
「賊の相手は、私にお任せを。
 Nikuq様は、無理をなさらず、
 後方から支援してください。」
レヴェヴァと話す
レヴェヴァ
「どうやら覚悟が決まったようだな。
 夜陰に紛れて、賊を追跡し、お祖父様を助け出すぞ。
 さあ、「占星術師」Nikuq・・・・・・
 汝の、そして我らの未来を切り開け!」
シャーレアンの客人を救出せよ!
星詠のレヴェヴァ
「さあ、皆の者! 賊を蹴散らし、お祖父様を探し出すのだ!」
「炎天座の祝福を暗示するアルカナ「均衡」!
 日神の扇が裁きの力をあたえる! 攻撃役に用いよ!」
(護衛の槍術士
「力が湧いてきた!」)
星詠のレヴェヴァ
「土天座の祝福を暗示するアルカナ「幹」!
 大いなる世界樹が護りの力をあたえる! 盾役に用いよ!」
(真率のカンプラン
「攻撃は、わが身で受ける」)
星詠のレヴェヴァ
「風天座の祝福を暗示するアルカナ「矢」!
 旅神の矢が追い風をあたえる! 攻撃役に用いよ!」
(護衛の槍術士
「体が、軽くなったぞ!」)
星詠のレヴェヴァ
「氷天座の祝福を暗示するアルカナ「槍」!
 戦神の槍が戦技の助けとならん! 臨機応変に用いよ!」
(真率のカンプラン
「次は、自分が行きます!」)
星詠のレヴェヴァ
「水天座の祝福を暗示するアルカナ「水瓶」!
 河神の泉水が沸き上がる魔力となる! 己自身に用いよ!」
「雷天座の祝福を暗示するアルカナ「塔」!
 壊神の輝きが沸き上がる力となる! 攻撃役に用いよ!」
(護衛の槍術士
「さらに攻めるぞ!」)
星詠のレヴェヴァ
「これは、お祖父様のアルカナ!?
 汝の力となるよう、落としていってくださったのか!」
「Nikuq、落ちているアルカナを手に取れ!
 それは、お祖父様が汝に託された力なのだ!」
炎天座のアルカナ「均衡」と運命が交差した!
星詠のレヴェヴァ
「Nikuq、ほかのアルカナも探してみよ!
 さすれば、お祖父様のもとにたどり着くやもしれぬ!」
(ブラッドベリー・スティンガー
「おとなしく、つかまりな!」)
風天座のアルカナ「矢」と運命が交差した!
水天座のアルカナ「水瓶」と運命が交差した!
土天座のアルカナ「幹」と運命が交差した!
(星詠のレヴェヴァ
「新手の賊か・・・
 皆の者、迎え撃て!」)
雷天座のアルカナ「塔」と運命が交差した!
氷天座のアルカナ「槍」と運命が交差した!
真率のカンプラン
「お客人! すぐにお助けします、今しばらくのご辛抱を!」
野盗の頭領
「刃向かうとは、いい度胸だ!
 それじゃあ、力ずくで嬢ちゃんをいただくよ!」
星詠のレヴェヴァ
「魔物を呼び出しただと!? 妖術の心得があるというのか!」
(失敗時)
真率のカンプラン
「くっ、力至らず、申し訳ございません・・・・・・!」
野盗の頭領
「くっ、もうひとり「占星術師」がいるとは、想定外・・・・・・。
 ・・・・・・ここは、退くしかなさそうだね。」
カンプラン
「よくぞ、ご無事で・・・・・・。
 聖ガンリオル占星院からの使者でございます。
 お客人が道に迷われたとの報を受け、お迎えに上がりました。」
メイス
「よく来てくれた。
 ワシの名はメイス、シャーレアンの「占星術師」じゃ。」
レヴェヴァ
「わしらは、道に迷ったわけではないぞ。
 旅路の途中で、星を見ようと、この地に立ち寄ったのだ。
 不慣れな地ゆえに、案内役を雇ってな。」
護衛の槍術士
「案内役として雇われながら、
 このような事態となり、申し訳ない。」
メイス
「ふぉふぉふぉ、気にするでない。
 こうして無事であったのだし、何よりこの一件のお陰で、
 新たな「占星術師」が誕生したのだからな。
 ワシの「占星術師の証」を、改めてお主に託そう。
 ソウルクリスタルは、次代の継承者を自ら選ぶもの・・・・・・
 この地で、お主に出会えたことは、まさに運命じゃ。」
レヴェヴァ
「Nikuqの才は、
 実戦を通じて確認しましたが、間違いありません。
 後は、「六天座」を知り、門を開けば・・・・・・。」
メイス
「うむ・・・・・・実は、ワシらがこの地に立ち寄ったのは、
 正しくこの場所で、夜空に輝く「六天座」を見るため・・・・・・。
 まずは、ひとつ目の門を開くとしようかの。
 さあ、Nikuqよ。
 天空を見上げるがよい。
 黄金色に輝く、六つの星々が「土天座」じゃ。
 土の天界である、土天(どてん)には、
 地神ノフィカが植え、時神アルジクが育てた、
 大いなる世界樹がそびえるという。
 ゆえに、土天座の祝福を暗示するアルカナを「幹」と呼ぶ。
 その力を用いることで、世界樹に抱かれ、
 大いなる護りを得られるだろう。
 土天座とは、土天の門を示す星々・・・・・・。
 今、汝はその門を開いたのだ・・・・・・。
 何事も土台が肝心。
 事始めに土天の門を開くのは、占星術の正道じゃ。
 偶然にも正道を歩み始めるとは、
 やはりお主は、星々に祝福されておるようじゃのう。
 そんな、お主の行く末が実に楽しみじゃ、ふぉふぉふぉ!
 さて、イシュガルドの「ジャンヌキナル」のもとへ、
 案内してもらうとしようかのう。」
「土天座」の輝きを感じ取り、「土天」に通じる門が開いた!
聖ガンリオル占星院のジャンヌキナルと話す
メイス
「ジャンヌキナルよ、久方ぶりじゃのう。
 ずいぶんと立派になったようじゃな。」
ジャンヌキナル
「まさか、メイス師ほど高名なお方が招聘に応えてくださるとは!
 私が初めてシャーレアンに到着したときに、
 挨拶させていただいた以来です。
 あの時は、先生がすぐに本国へと帰国されたので、
 受けることが叶わなかった指導を、
 20年越しに受けられるとは・・・・・・実に嬉しい驚きです。」
レヴェヴァ
「お祖父様、こちらが皇都で唯一の「占星術師」ですか?
 ・・・・・・残念ながら、少々、粗忽者のようですね。
 お祖父様は、久方ぶりに汝の顔を見に来ただけ。
 皇都にシャーレアン式占星術を広めるのは、このわしだ!」
ジャンヌキナル
「なんとっ!?
 見たところ、うら若き乙女に見えますが・・・・・・?」
レヴェヴァ
「物事を外面で判断するでない、うつけものめ。
 占星術を正しく学ぼうというからには、
 古くさい常識に縛られぬ気骨ある男かと思えば、何たるザマか!」
ジャンヌキナル
「も、申し訳ございません。
 まさか、あなたが指導者とは思わず・・・・・・。」
メイス
「ふぉふぉふぉ、ジャンヌキナルは相変わらず愉快じゃのう。
 ワシの「証」を継承した、Nikuqとともに、
 基礎から学び直すといい。」
ジャンヌキナル
「なんですって・・・・・・!?
 メイス師の「占星術師の証」を継承させたというのですか?」
メイス
「ふぉふぉふぉ・・・・・・そろそろ、ワシも潮時よ。
 後進の育成は孫娘のレヴェヴァに任せ、身を引くつもりじゃ。
 優秀な継承者にも出会えて、長旅のかいがあったぞ。
 ジャンヌキナルに、Nikuq。
 レヴェヴァは、「占星術師」としての能力こそ高いが、
 それ以外はまだまだ子ども・・・・・・よろしく頼むぞ。」
ジャンヌキナル
「次代を担うレヴェヴァ師、
 そして、師の証を受け継ぎしNikuqとともに、
 占星術の発展に尽力します。」
レヴェヴァ
「皇都にシャーレアン式占星術を花開かせる。
 ジャンヌキナル、Nikuq・・・・・・
 汝らふたりは、その手始めぞ!
 まずは、占星魔法の基礎を繰り返すがいい。
 そして基礎を確実にものにしたら、再び、ここを訪れよ。
 それまでに、わしが修練に相応しい地を探しておく。」
ジャンヌキナル
「レヴェヴァ師は、シャーレアンからいらっしゃったのに、
 このあたりの地理にも精通されているのですね?」
レヴェヴァ
「そんなわけはないだろう! 自分の足で探すわい!
 行動こそが、己の運命を切り開くのだからな。」
ジャンヌキナル
「さすがは、若くして師を務める方は頼もしい。
 では、レヴェヴァ師には、
 我が従者、カンプランをお供につけましょう。」
レヴェヴァ
「わしは、お祖父様を見送ってくる・・・・・・。
 今の汝ならば「ダイアーナルセクト」をも扱えよう。
 何度も使い、星の力を受けながらの戦闘に習熟せよ。」
歴代の占星術師の叡智が、心の中に流れ込む!
ジャンヌキナル
「ごきげんうるわしゅう存じます。
 ようこそ、「聖ガンリオル占星院」へ。」