天界への道

天界への道

  • 依頼主 :ジャンヌキナル(イシュガルド:上層 X15-Y10)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :聖ガンリオル占星院のジャンヌキナルは、占星術師を目指すと決めた冒険者に話があるようだ。

(クエスト受注前)
ギーユステ
「ようこそ、「聖ガンリオル占星院」へ。
 みなさん、研究に没頭されていますので、お静かに願います・・・・・・。」
(何を聞く?)
(あなたのことを教えてほしい)
ギーユステ
「私は、この「聖ガンリオル占星院」の受付にいらっしゃる、
 ジャンヌキナル様の従者です。
 ジャンヌキナル様は、代々、
 占星台を管理するデュランデル家の出でありながら、
 すでによい御歳なのに、いまだに受付係を担当されています。
 それは、あの御方が、かつて学術都市「シャーレアン」に留学し、
 占星術を学んだ経歴が影響しているのだそうです。
 ジャンヌキナル様のお立場がどうなろうとも、
 私は、最後までお仕えするつもりです。」
(ここはどんなところだ?)
ギーユステ
「ここは、星を観測してドラゴン族の動向を予測する、
 「占星術士」の集う場です・・・・・・。
 予測の精度を上げるべく、星の観測方法を研究しています。
 編み出された手法を元に、実際に予測を行っているのが、
 クルザス中央高地のアドネール占星台です。
 さらに、この占星院には、大きな特徴があります。
 希望があれば、皇都では学ぶ機会がほとんどない、
 シャーレアン式占星術の指導も受けられるのです。
 指導を望まれるなら、受付にお声掛けください。
 ・・・・・・と伝えるよう、ジャンヌキナル様より仰せつかっております。」
(「占星術師」とは?)
ギーユステ
「「占星術」は、シャーレアン発祥の知識・・・・・・。
 皇都「イシュガルド」に伝わってからは、
 竜の動向を予測するための技術として発展したそうです。
 ですから、イシュガルド式占星術を扱う者を「占星術士」・・・・・・
 シャーレアン式占星術を扱う者を「占星術師」と呼び分けます。
 シャーレアン式の「占星術師」の知識とは、
 天に座す星々から力を得て、癒やしや強化の魔法を紡ぎ、
 人々に、運命を切り開く力をあたえる魔法体系です。
 術を講ずるために、占星術師が手にする道具はふたつ・・・・・・。
 「天球儀」と、「アルカナ」と呼ばれる6種類のカードです。
 アルカナとは、天に座す六つの「星座」の祝福を暗示したもの。
 よって、絵柄ごとにそれぞれ魔法効果も異なるわけです。
 ・・・・・・と伝えるよう、ジャンヌキナル様より仰せつかっております。」
ウリエット
「ここ「聖ガンリオル占星院」は、
 皇都における占星術研究の中心地・・・・・・。
 竜の動向予測の精度を上げるべく研究が行われています。」
ミューグニエル
「星図に興味があるのかい?
 船乗りが重視するのは、北の空に鎮座する北極星だけど、
 イシュガルドでは、「竜星」が一番重要だ。」
フルーレー
「この場所から見える星を、毎日記録しています。
 地道な調査が、あっと驚くような大発見につながるのです。
 つまり、私は極めて重要な仕事をしているわけです。
 断じて雑用を押し付けられているわけではありませんよ?」
ジャンヌキナル
「ごきげんうるわしゅう存じます。
 ようこそ、「聖ガンリオル占星院」へ。
 天空に煌めく星々に興味をお持ちですか?」
(天空に煌めく星々に興味がある?)
(はい)
ジャンヌキナル
「やはり、そうでしたか。
 こちらに赴かれる方は、たいていそうおっしゃいます。」
(いいえ)
ジャンヌキナル
「そうでしたか・・・・・・。
 ですが、こちらに赴かれたのも何かの縁。
 今からでも、ぜひ星に注目してみてはいかがでしょう?」
ジャンヌキナル
「ここは星を観測してドラゴン族の動向を予測をする、
 「占星術士」の集う場ですが・・・・・・
 実は、知の都「シャーレアン」由来の占星術も学べるんですよ!
 シャーレアンの占星魔法を学べる機会は、滅多にありません。
 学びの途中にも、多くの困難が待ち受けているでしょうが、
 それでもこの運命を掴み、貴方も「占星術師」を目指しませんか?」
(「占星術師」を目指しますか?)
(いいえ)
ジャンヌキナル
「おや・・・・・・今は、貴方の運命と「占星術師」は交わらぬ様子。
 ですが、運命は流動的に変化しているもの・・・・・・。
 いつか我らの運命が、再び交わる日を心待ちにしております。」
(はい)
ジャンヌキナル
「すばらしい決断です!
 私は、ジャンヌキナル・ド・デュランデル。
 今や、皇都でただひとりの「占星術師」でもあります。
 ・・・・・・貴方は、Nikuqさんというのですね。
 それでは、準備ができたら声をかけてください。」
ジャンヌキナル
「ようこそ、Nikuqさん。
 私もまた、シャーレアン式占星術の学びの途にある者・・・・・・。
 ともに、神秘的な星の力を学んでいきましょう。
 占星術は、シャーレアン発祥の知識・・・・・・。
 イシュガルドに伝わってからは、
 ドラゴン族の動向を予測するための技術として、発展しました。
 ですから、イシュガルド式占星術を扱う者を「占星術士」・・・・・・
 シャーレアン式占星術を扱う者を「占星術師」と呼び分けます。
 今、貴方に伝えたいのは、正しい「占星術師」の知識・・・・・・。
 天に座す星々から力を得て、癒やしや強化の魔法を紡ぎ、
 人々に運命を切り開く力をあたえる魔法体系です。
 それでは、「占星術師」となるための修練を始めましょうか。
 修練を始めてよければ、もう一度、私に声をかけてください。」
ジャンヌキナルと話す
ジャンヌキナル
「ふむ、修練を受ける準備はよろしいようですね。
 それでは、「占星術師」の修練を始めましょう。
 ・・・・・・その昔、学術都市「シャーレアン」が、
 遥か西方の低地ドラヴァニアに存在していたころのこと。
 私は、かの地に留学し、占星術の修練に励みました。
 我がイシュガルドにおける占星術は「学術」であり、
 座学と天体の観測こそが、何よりも重視されます。
 一方、シャーレアンにおける占星術は「魔法体系」です。
 星々から力を引き出し、魔法を行使するため、
 術者としての素養が必要不可欠・・・・・・。
 したがって、シャーレアンでは占星術の学びの前に、
 術者としての基礎修練に時間を割くのです・・・・・・。
 しかし貴方は、すでに豊かな魔力を持っておられる様子。
 すぐにでも、初歩的な占星魔法を修得できるでしょう。
 ですが、問題もあるのです・・・・・・。
 ・・・・・・実は、北洋のシャーレアン本国より、
 「占星術師」の先生をお招きする予定なのですが、
 どうにもいらっしゃる気配がありません・・・・・・。
 まずは、ここ「聖ガンリオル占星院」の占星術士たちに、
 先生からの連絡について、話を聞いてみてください。
 貴方に、星の導きがあらんことを・・・・・・。」
シャーレアンの客人の情報を集める
ウリエット
「・・・・・・シャーレアンの「占星術師」から連絡がなかったかって?
 連絡は受けていないが・・・・・・
 重要な報せなら、アドネール占星台の方にいっているかもな。
 この占星院は、あくまで研究の場・・・・・・。
 アドネール占星台が、実践の場であり、
 事実上のイシュガルド占星術の中心地だからね。」
ミューグニエル
「・・・・・・シャーレアンから招聘された「占星術師」を探してるって?
 そんな話は聞いてないね。
 もしや、ジャンヌキナルに言われたのか?
 向こうの占星術を広めようと躍起だが、ムダなことだよ。
 竜の動向を予測できない魔法なんて、意味がないからね。」
フルーレー
「・・・・・・シャーレアンの「占星術師」からの連絡を待っているって?
 今、アドネール占星台から戻ってきたところなんだが、
 確かフォルルモル台長が、そんな話をしていたな・・・・・・。
 何か手紙のせいで、フォルルモル台長がご立腹だったから、
 すぐにシャーレアン絡みだとわかったよ。」
ジャンヌキナルと話す
ジャンヌキナル
「・・・・・・なんと、フォルルモル台長に報せが行ってしまいましたか。
 もっとも知られてはならない方でしたが、仕方ありません。
 これもまた、運命・・・・・・。
 しかし、占星術とは、運命を切り開くための力・・・・・・。
 「アドネール占星台」に報せの内容を確認しに行きましょう。」
アドネール占星台のジャンヌキナルと話す
フォルルモル
「・・・・・・フン、何の用だ。」
ジャンヌキナル
「Nikuqさん、いらっしゃいましたね。
 フォルルモル台長に、お話を伺おうとしていたところです。」
フォルルモル
「お前は、いつぞやの冒険者・・・・・・。
 異国かぶれのジャンヌキナルなどとつるんでおるのか。
 これだから、冒険者は信用ならんのだ。
 竜の動向を予測しない星読みなど、イシュガルドには不要!
 皇都に生まれ、皇都に育った者ならば、当然の感覚だ。」
ジャンヌキナル
「星は、竜のためだけに存在しているわけではありません。
 その可能性を認めぬようでは、
 結果的に皇都の民に、不利益をもたらすのではないでしょうか?」
フォルルモル
「半端者の若造が、本家筋だからといって、
 占星台の台長であるこの俺に、説教をするというのか?」
ジャンヌキナル
「滅相もありません・・・・・・。
 ただ、皇都にとって有益な知識を、学びたいだけなのです。
 これは教皇庁にも認められた、個人的な研究でもあります。
 ・・・・・・聞けば、「占星術師」の先生から報せがあったとか。
 どうか、報せの内容を教えてください。」
フォルルモル
「フン、教皇庁のお歴々にも困ったものだ。
 よかろう・・・・・・異国の「占星術師」のひとりやふたりで、
 皇都の常識が変わるはずもない・・・・・・。
 報せによれば、異国の客人たちは、
 南部森林のクォーリーミルあたりを彷徨っているようだ。
 不慣れとはいえ道に迷うとは、その知識の浅さが知れるな。」
ジャンヌキナル
「Nikuqさん。
 冒険者である貴方は、黒衣森の地理にも詳しいでしょう。
 我が従者、カンプランとともに先生を探してください。
 ありがとうございます。
 では、星の導きに従って先生を見つけ出し、
 聖ガンリオル占星院にお連れしてくださいね。」
カンプラン
「Nikuq様・・・・・・
 どうぞ、よろしくお願いいたします。
 まずは「クォーリーミル」から捜索を開始してみましょう。」
クォーリーミルのカンプランと話す
カンプラン
「Nikuq様、お待ちしておりました。
 お客人方の捜索を始める前に、お話しておきたいことがあります。
 ・・・・・・貴方様は、「占星術師」を目指されておられるとか。
 旦那様・・・・・・ジャンヌキナル様は、
 シャーレアン式占星術の研究に、熱を上げておいでです。
 しかし、それゆえに、皇都では冷遇されておられます。
 かくいう自分も、旦那様への忠誠心は揺るぎませんが、
 シャーレアン式占星術だけは、どうにも信じられません。
 ・・・・・・ですから、貴方様には、
 旦那様のよき理解者となっていただきたいのです。
 不躾な申し出、大変、失礼いたしました・・・・・・。
 さて、肝心のお客人方ですが、周辺で聞き込みをしたところ、
 蛇殻林に向かう、それらしき人を見た者がいるようです。
 自分が先行しますので、ついていらしてください。」
蛇殻林のカンプランと話す
人形のような少女
「お祖父様・・・・・・。」
カンプラン
「Nikuq様!
 こちらが探していたお客人だそうです!
 突然、賊に襲われたそうで・・・・・・。」
人形のような少女
「お祖父様・・・・・・。」
野盗の頭領
「おや、そこの娘・・・・・・まるで、お人形だねぇ。
 こりゃ、高く売れそうだ!」
年老いた占星術師
「そうか・・・・・・証は、お主を選んだか・・・・・・。」
野盗の頭領
「まずは、ジジィを捕えるよ!」
野盗の部下
「おら、ジジィ、歩け!」
野盗の頭領
「ジジィを返してほしくば、娘だけがここに残りな!
 孫娘の身柄と交換なら、こいつを解放してやる。
 ・・・・・・ただし、妙なマネをしたら命はないぞ!」
人形のような少女
「お祖父様!?
 このクリスタルは、お祖父様の「占星術師の証」・・・・・・。
 なぜ、光っているのだ・・・・・・?
 この冒険者に反応しているのか・・・・・・?
 なるほど・・・・・・汝の資質と運命を見抜いたお祖父様が、
 あえて託すために「証」を残したか・・・・・・。」
カンプラン
「自分が、救援を呼んできましょう!」
人形のような少女
「・・・・・・待て、助けはいらぬ。
 我らだけで、お祖父様を助け出すことができる。
 Nikuqと言ったな。
 よいか、そのソウルクリスタルを身に着けよ・・・・・・!
 さすれば、証に宿りし、歴代の「占星術師」たちの知が、
 汝の心の内に流れ込むであろう!」
レヴェヴァ
「なに、案じるでない。
 わしとて、お祖父様に手ほどきを受けた「占星術師」だ。
 天球儀と占星術の扱い方は、このレヴェヴァが指南してやる。
 新たに生まれし「占星術師」よ・・・・・・。
 囚われの身となったお祖父様を、
 汝の「占星術」によって救い出すのだ!
 ここで出会い、証を手にしたことはまさに運命。
 そこに残されたお祖父様の「天球儀」を携え、
 己が心の天球を巡らせ、我らの運命を切り開け!」
カンプラン
「賊の相手は、私にお任せを。」
護衛の槍術士
「黒衣森の案内人として雇われた者です。
 このような事態になり、まことに面目ない・・・・・・。
 必ず、ご老人を助け出しましょう。」
(イシュガルド)
ジャンヌキナル
「星の導きがあらんことを・・・・・・。」
ギーユステ
「ようこそ、「聖ガンリオル占星院」へ。
 シャーレアン式占星術の修練は順調ですか?」
ウリエット
「おや、「占星術師」が、私に何を問おうというのですか?
 シャーレアン式の占星術ならば、
 受付のジャンヌキナルに問い合わせるといいでしょう。」
ミューグニエル
「おや、君はジャンヌキナルの口車に乗せられたのか?
 自ら、苦難の道を選ぶとは・・・・・・。」
フルーレー
「書類の配送も、私の重要な仕事です。
 研究の場である占星院と、実践の場の占星台を繋いでいるのが、
 この私というわけです。
 つまり、私は極めて重要な仕事をしているわけです。
 断じて雑用を押し付けられているわけではありませんよ?」
(アドネール占星台)
フォルルモル
「邪竜「ニーズヘッグ」が堕ち、「竜星」に大いなる異変が生じた。
 そのため、星図を紐解きなおす仕事に追われておる。
 用があるなら、手短に話せ・・・・・・。」
(何を聞く?)
(あなたのことを教えてほしい)
フォルルモル
「俺は台長として、
 このアドネール占星台を預かっている。
 ここで観測された星の動きは、
 イシュガルドの未来を左右する重要なものだ。
 ほんの少しの手抜かりも許されない。
 異国の星読みにうつつを抜かすようなのんきな輩など、
 相手にしているヒマはないのだ。」