煌めくアニマウェポン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

煌めくアニマウェポン

  • 依頼主 :アルダシール(アジス・ラー X7-Y11)
  • 受注条件:レベル60~
  • 概要  :アルダシールは、「人造精霊」を新たなソウルストーンに移し替えたいようだ。

アルダシール
「Nikuqさんと旅をすることで、
 「人造精霊」は劇的な成長を遂げました。
 言葉を放ったのも、その成果と言えます。
 ですが、急すぎる成長は、諸刃の剣・・・・・・。
 「人造精霊」の核であるソウルストーンにも、
 容量に限界はあるはずですから・・・・・・。」
ゲロルト
「つまりなんだ、「人造精霊」がそのまま成長を続ければ、
 魂が大きくなって、ソウルストーンが砕けちまうってことか?
 おいガキ、解決策は考えてあるンだろうな・・・・・・?」
アルダシール
「・・・・・・俺を誰だと思っているんですか?
 こんな事例は初めてですが、ソウルストーンを補強して、
 総容量を増やしてやればおそらく・・・・・・。
 補強の方法は、すでに考えてあります。
 必要な材料をロウェナさんに掛けあって集めてきますよ。」
ゲロルト
「ほぉ・・・・・・クソガキにしては、上出来じゃねェか。
 ・・・・・・さってと、そンじゃあオレは・・・・・・。」
アルダシール
「おっと、酒場に行っているヒマなんてありませんよ?
 ゲロルトさんには、武器を新調していただきますから。」
ゲロルト
「なンでオレが、そんなことを・・・・・・!
 「アニマウェポン」は「アウォーク」に強化したばかりじゃねェか。」
アルダシール
「魂の大きさに応じた、新しい身体が必要だってことです。
 人だって、成長に合わせて身体が大きくなるでしょう?
 あなただって、ムダにガタイがいいじゃないですか。」
ゲロルト
「チッ、面倒なことを次から次へと。
 仕方ねぇ、借金返済に近づくと思えばいいか・・・・・・
 ・・・・・・わかった、新しい武器を造ってやンよ。
 Nikuq、テメェも協力しろ。
 ソウルストーンと武器の接合部には、
 エーテル伝導率の高い素材を使う必要があるが、手持ちがねェ。
 「エンチャントラバー」と「アラグの上級硬化薬」・・・・・・
 それから「アラグの上級魔触媒」に「神聖水」の4つだ。
 ロウェナの手下の「クリスティアナ」から入手してこい。
 いつも、ロウェナ記念会館の隅っこにいる、面倒くさい奴だ。
 交渉はテメェに任せたぜ。」
アルク・ミュジカル・アウォークを所持か装備しレヴナンツトールのクリスティアナと話す
クリスティアナ
「隅っこって、なんでこんなにステキなのかしら・・・・・・隅っこ・・・・・・
 ハッ、こんなところに冒険者が!
 いったい何の用! ア、アタイの聖域に何の用なの・・・・・・!?
 ・・・・・・ふ、ふぅん、エーテル伝導率の高い素材ね。
 確かにお望みの品なら、アタイが扱ってるわよ。
 だけど、もちろんタダじゃ渡せない!
 この倉庫にある品は、どれも売れ筋じゃないけど、
 それでも、アタイは大儲けしなきゃならないの・・・・・・!
 自由と聖域を得るために!
 ア、アタイが望む商品を持ってきてちょうだい!
 サクっと大金に化けるような、おいしい商品たちをね!
 そしたら、アンタの望みを叶えてあげるわ!」
クリスティアナ
「ア、アタイは、クリスティアナ!
 いつかクソ女・・・・・・ロウェナ・・・・・・さんを超える金持ちになるのよ!」
アルク・ミュジカル・アウォークを所持しポート・ヘリックスのゲロルトに指定された品を渡す
ゲロルト
「おう、頼んだブツは仕入れてきたのか?
 だったら、さっさとよこしやがれ。
 「アニマウェポン・アウォーク」と一緒にな!
 クソガキは、ソウルストーンの補強を終えたらしくて、
 さっきから早くしろってうるせェんだ・・・・・・。
 こっちも、さっさと終わらせるぞ!」
(アルク・ミュジカル・アウォークを渡す)
(エンチャントラバーとアラグの上級硬化薬、神聖水、アラグの上級魔触媒を渡す)
(素材が全て揃ってない場合)
ゲロルト
「・・・・・・テメェ、材料が足らねェぞ!
 必要なのは、「エンチャントラバー」と「アラグの上級硬化薬」、
 それから「アラグの上級魔触媒」に「神聖水」の4つだ。
 ロウェナの手下の「クリスティアナ」から入手してこい!」
ゲロルト
「・・・・・・よし、全部揃ったな!
 それじゃ、さっそく始めるぞ!」
ゲロルト
「はぁ、はぁ、はぁ・・・・・・完成したぜ・・・・・・。
 「人造精霊」の成長に合わせて新たに生み出された、
 第二世代の「アニマウェポン」・・・・・・!
 テメェの新たな相棒の姿を見やがれ!
 その名も「ガーンデーヴァ」だ!」
????
「・・・・・・ッタ・・・・・・ヤッタァ?」
ゲロルト
「ククク・・・・・・我ながら惚れ惚れするような逸品だぜ。
 オレの腕も、まだまだ捨てたもンじゃねぇな!」
アルダシール
「最初は、この飲んだくれに何ができるかと心配しましたが、
 腐っても名工と呼ばれただけありますね!
 そして、Nikuqさん・・・・・・。
 「人造精霊」がここまで成長できたのは、あなたのお陰です。
 あなたの力を借りられて、本当に良かったと思ってます!」
ゲロルト
「・・・・・・ったく、可愛げのねぇクソガキだぜ。」
アルダシール
「な、なんですって・・・・・・!
 Nikuqさんの武器から、
 「人造精霊」が飛び出してきた!?
 ・・・・・・そのうえ、俺たちの目の前まで浮遊して来たのですか!?
 「人造精霊」の姿なんて、まったく見えませんでしたよ・・・・・・。
 なんということだ・・・・・・。
 Nikuqさんには見えて、
 俺たちには見えない理由とはいったい・・・・・・。」
ゲロルト
「やれやれ・・・・・・。
 可愛げのねぇクソガキは、ひとりじゃねえってことか。」
アルダシール
「成長した「人造精霊」の姿を見れなかったのは残念ですが、
 研究を進めることで、いつか見える日がくるかもしれません。
 これからも、がんばりますよ!
 ・・・・・・かつて、古の英雄たちは、
 「ゾディアックウェポン」と呼ばれる、
 伝説の武器を持っていたといいます。
 この「アニマウェポン」は、現代の英雄であるあなたにとって、
 後の世に語り継がれる「新しい伝説」になるかもしれない!」
ゲロルト
「ヘッ、浮かれやがって・・・・・・。
 その武器・・・・・・「新たなアニマウェポン」には、
 まだ強化の余地が残っている。
 ・・・・・・それに、「人造精霊」の成長ってのも、
 まだまだ、こんなモンじゃねぇンだろ?」
アルダシール
「も、もちろん・・・・・・!
 言われるまでもありませんよ!
 俺は研究を続けて、必ず、
 「人造精霊」を成長させる方法を突き止めてみせます!
 そうだ・・・・・・「人造精霊」の創造者として、
 これまでの研究過程を日誌にまとめてみたんです。
 Nikuqさんも、よかったらご覧になってください。」
ゲロルト
「・・・・・・クックックッ、いいぞ、クソガキ。
 その調子で研究を完成させりゃ、
 俺も晴れて借金生活とオサラバ・・・・・・自由の身になれるンだ!」
アルダシールの研究日誌
(「人造精霊の研究」について)
「人造精霊の研究」について
「純粋なエーテル生命体とも呼べる「精霊」という存在を、
 人工的に生み出す・・・・・・。
 「人造精霊」・・・・・・それが、俺と師匠の目標だった。
 その手法として、俺たちは、ゴーレムやカーバンクルといった、
 「魔道士が生み出す魔法生物」の方法論を応用した。
 つまり、核となる結晶体にエーテルを注ぎ込むという手法だ。
 だが、試作を重ねたソウルストーンに宿った命は、
 すぐさま消えて、儚く散ってしまった。
 後に残るは、輝きの消えたクズ石ばかり・・・・・・。
 数えきれないほどの失敗の末、ついに師匠は失踪してしまった。
 けれど俺は研究を諦めきれず、単身でエオルゼアにやってきた。
 「魔法生物の権威」に助言を求めるためだ。
 しかし、そこで出会ったのは、エオルゼア随一の酒飲み・・・・・・。
 ではなく、武具職人であるゲロルトさん。
 そして英雄と呼ばれる、Nikuqさんだった。
 ゲロルトさんは、他人を頼ろうとした俺に、
 他人のマネゴトじゃなくて自ら新しい手法を考えろと、
 驚くような提案をしてきた。
 それは、「人造精霊」を込めた「自らが思考する武器」・・・・・・。
 俺はその発想に、思わず絶句してしまった。
 かくして、新しい研究が始まった。
 アラグの知識が眠る、禁断の魔大陸「アジス・ラー」を舞台に、
 最高の武具職人と英雄の力を借りて・・・・・・。」
(「アニマウェポン」の記録)
「アニマウェポン」の記録
「ソウルストーンにエーテルを注ぎ込み、生み出した魔法生命・・・・・・。
 これまでは、さまざまな霊薬を投与し、
 覚醒と成長を促そうと試みてきたが、今回の手法はまったく違う。
 「人造精霊」が宿ったソウルストーンを武器に打ち込み、
 戦いによって覚醒と成長を促す・・・・・・。
 戦いを乗り越える、その決意と高ぶった感情が、
 使い手の命を構成するエーテルとして武器へと流れ込む。
 その刺激こそが、「人造精霊」の真なる覚醒を促すはずだ。
 次は、武器に宿った人造精霊を旅に出させる。
 英雄の足跡を辿るという途方もない旅・・・・・・。
 その結果がどうなるのか・・・・・・今はまだわからない。」
(「アニマウェポン・アウォーク」の記録)
「アニマウェポン・アウォーク」の記録
「武器に宿した「人造精霊」とともに、
 Nikuqさんの記憶に残る戦いの足跡を巡る。
 「人造精霊」を身体である武器に馴染ませるという試みだ。
 過去に何度も経験した失敗もあって、
 「人造精霊」の様子が気になって仕方がなかった俺は、
 無理を言って、旅に同行させてもらった。
 なかなか目に見えた変化がなく、やきもきする旅だった。
 10ヶ所目の目的地を経ても変わりがなければ、手法を変えよう。
 イシュガルドマフィンを食べながら、そんなことを考えていた。
 しかし、戻って来たNikuqさんは、
 「人造精霊」の姿を見たかもしれないと報告してくれた。
 「精霊」は、しばしば環境エーテルを集めて幻体を形作り、
 人前に姿を現すことがあるという。
 これと同じ現象が、起こった可能性があるのだ!
 しかも、Nikuqさんによれば、
 何やら声らしき囁きも感じ取ることができたという。
 細部までは聞き取れなかったらしいが、
 「人造精霊」が覚醒し、意思の疎通を試みてきた・・・・・・
 そう考えてよさそうだ。
 この調子で成長を続けたらどうなるのか。
 今は興奮を隠せない!」
(「新たなアニマウェポン」の記録)
「新たなアニマウェポン」の記録
「見事に覚醒した「人造精霊」・・・・・・。
 しかし、冷静になって考えれば、幻体の形成や意思の疎通など、
 急すぎる成長は、危険も伴っているのではないだろうか。
 魂の器であるソウルストーンや、
 「人造精霊」にとっての身体である武器には限界がある。
 早急な対策が必要ということだ。
 ソウルストーンに溜めることができるエーテルの容量を増やし、
 魂の成長に対応する方策については、俺がどうにかできる。
 武器に関しては、ゲロルトさんに任せるしかないだろう。
 始終酒ばかり飲んでいる不良中年に、頭を下げるのは癪だ・・・・・・。
 しかし、武具職人としての腕は一流なのだから仕方がない。
 Nikuqさんは、ゲロルトさんに指示されて、
 何やら必要な材料を集めに行っていたようだが・・・・・・。
 戻って来たときには、ひどくお疲れのようだった。
 いったい、どんな無茶な依頼を受けていたのだか・・・・・・
 聞いてみたいような、聞いてみたくないような複雑な気分だ。
 それはともかく、結果的に上手くいった。
 ゲロルトさんが創った武器は、
 ひと目見ただけでわかるほどの見事な逸品だった。
 これに、補強したソウルストーンを打ち込み、
 エーテル伝導率を高めた素材で接合することができた。
 「人造精霊」も、きっと新たな身体を気に入ってくれるだろう。
 いつ消えてしまうのかと心配していた「人造精霊」が、
 急激な成長で、対処が必要になるとは嬉しい驚きだ。
 それもこれも、ふたりの協力者のお陰と言えるだろう。」
  エンチャントラバー:エーテル伝導率を高めるための処置が施された特別な樹脂
  アラグの上級硬化薬:古代アラグ文明が編み出した魔科学の産物。宝玉の硬度を増す力があるという
  神聖水:物質の邪気を洗い流すという神々しい聖水
  アラグの上級魔触媒:古代アラグ帝国が編み出した魔科学の産物。エーテル伝導率を高める際の触媒らしい