挽回!敗者の真実

挽回!敗者の真実

  • 依頼主 :ステファニヴィアン(イシュガルド:下層 X8-Y10)
  • 受注条件:機工士レベル56~
  • 概要  :スカイスチール機工房のステファニヴィアンは、冒険者に話したいことがあるようだ。

ステファニヴィアン
「よく来てくれた、Nikuq。
 新しい銃術も、使いこなせているようだね。」
厳めしい声
「ステファニヴィアン卿は、おられるか!?
 貴殿が管轄する「スカイスチール機工房」に、
 内乱予備罪の嫌疑ありと告発が成された!」
ステファニヴィアン
「内乱予備罪だって!?
 待ってくれ・・・・・・まったく身に覚えがないんだが?」
厳めしい神殿騎士
「この工房に出入りする平民に武器を支給し、
 雲霧街で発砲騒ぎを起こさせたという告発があったのだ。」
ステファニヴィアン
「ああ・・・・・・ジョイの父上を連れ戻しに行った時か・・・・・・。」
厳めしい神殿騎士
「これにより、しばしの間、工房を監視下に置くこととする。
 期間中に疑いを晴らせぬようなら、工房の閉鎖・・・・・・
 および、関係者の投獄もあり得ると心得よ!」
ステファニヴィアン
「くっ、やられた・・・・・・。
 俺たちがジョイの父上を助け出すことすらも、
 テダルグランシュの想定内だったということか!?」
ロスティンスタル
「なるほど、その手で来たか・・・・・・。
 しかし、お上に目を付けられたとあっちゃ、お先は真っ暗だな。
 このまま行けば、工房の閉鎖も時間の問題だろうよ。」
ステファニヴィアン
「そんなことさせない、対策を考える・・・・・・!」
ジョイ
「お言葉ですが・・・・・・
 雲霧街での発砲は、監禁された父を助け出すためのもの・・・・・・。
 それを理由に内乱予備罪だなんて、濡れ衣もいいところです!」
セレスト
「あの気取った貴族め、ここまで仕掛けていたとは・・・・・・。」
ステファニヴィアンと話す
ステファニヴィアン
「いつの時代も、「やっていないことの証明」は難しい・・・・・・。
 むしろ、テダルグランシュ側の罪の証拠を提出して、
 告発し返す方が上策だな。」
ロスティンスタル
「敵は狡猾だから、難しいだろう・・・・・・。
 おっと、指南役の契約を逸脱するから、俺は手伝わないぞ。
 その契約も、そろそろ終わる。
 工房がどうなろうと、俺は次の場所に行くだけだ。」
セレスト
「指南役は、相変わらずつれないですねぇ・・・・・・。
 あっしは、誘拐騒ぎとゼーメル家の繋がりを探ってみやす。
 忘れられた騎士亭にいるんで、手伝いをよこしてください。」
ジョイ
「工房がなくなってしまっては、困ります!
 ジョイも聞き込みに行ってみます!」
ステファニヴィアン
「ジョイも、自発的に動いてくれるようになって頼もしいよ。
 俺は工房に残って、監視の目を引きつけておこう。
 すまないが、君はセレストを手伝ってくれ。」
忘れられた騎士亭でセレストと話す
セレスト
「わざわざ出向いてもらって、すみやせん。
 監視されてる工房じゃ、こっちの動きが敵に筒抜け・・・・・・。
 ここなら平民が多いし、何かと動きやすいんでさぁ。
 ジョイの父を監禁していた男を覚えてやすか?
 フレードゥーという名なんですが、工房に入って以来、
 熱心に銃術を学んでいたものの、数日前から姿を消してます・・・・・・。
 ヤツの棲家を訪れたところ、賊に襲われた形跡がありやした。
 手がかりは、不自然に落ちていたチョコボの羽根だけ・・・・・・。
 あっしの見立てじゃ、この羽根は野生のチョコボのものです。
 足が付くことを嫌い、都市外の荒くれ者を雇って、
 フレードゥーを襲わせた可能性がありやす。
 ・・・・・・すると、賊はテイルフェザーから来た連中かもしれやせん。
 工房長に話して、調査を進めてみてください。
 あっしは、都市内での調査を続けます。」
スカイスチール機工房のステファニヴィアンと話す
ステファニヴィアン
「・・・・・・なるほど、事情はわかった。
 フレードゥーに金を掴ませたヤツを辿れば、
 ゼーメル家の関与を証明できるかもしれないな。
 では、俺たちも、さっそく調べに行くとするか。
 高地ドラヴァニアの「テイルフェザー」で落ち合おう。」
テイルフェザーのステファニヴィアンと話す
ステファニヴィアン
「来たか、Nikuq・・・・・・。
 さっそく猟師たちに話を聞いてみたんだが、
 どうやら、フレードゥーらしき男を連れた一団がいるらしい。
 俺たちは、南の方を探してみる。
 君は、北の方を調べてくれるか?
 怪しい者がいたら、声をかけてみるんだ。」
怪しげな男と話す
フレードゥー
「なぜ、あなたがここに・・・・・・!?」
怪しげな男
「ちっ・・・・・・貴様、見たな!?
 野郎ども、こいつをやっちまえ!」
フレードゥーを救助する
フレードゥー
「ああ・・・・・・助かりました・・・・・・。
 一度ならず二度までも、ありがとうございます。」
ステファニヴィアン
「フレードゥー、無事だったか?
 行方知れずになったと聞いて、驚いたぞ。
 ・・・・・・いったい、何があったんだ?」
フレードゥー
「工房長・・・・・・すみません!
 ねぐらに戻ったところを、連中に襲われまして・・・・・・
 脅されて、神殿騎士様の前で偽証しちまいました・・・・・・。」
ステファニヴィアン
「告発に協力するよう強要されたんだな?
 脅されたのなら仕方ない、証言を訂正してくれればいいさ。
 それよりも、ゼーメル家との繋がりを示す証拠はないか?
 これは「ゼーメル家の印章」か・・・・・・。
 フレードゥーを襲った連中が持っていたとなると、
 これを使って皇都に出入りしていれば、有力な証拠になる。」
フレードゥー
「工房長、本当にすみません・・・・・・。
 脅されていたとはいえ、俺は恩を仇で返しちまいました・・・・・・。
 ・・・・・・もう工房には戻れねぇ。」
ステファニヴィアン
「フレードゥー、気にするな。
 俺としては、工房に戻ってきてくれた方が、数倍助かるよ。
 貴族のような財や権力を持たずとも、
 「機工士」としての技術を学ぶことで、自立できる・・・・・・。
 俺は、工房をそんな場所にしていきたいのだ。」
ジョイ
「「機工士」の銃は、竜だけじゃなくて、
 自由を縛る枷をも撃ち抜けるんですよ。
 ジョイにできたんですから、フレードゥーさんもできます!
 いっしょに、『竜を討つ槍となり、皇都を護る盾となる』・・・・・・
 そんな「機工士」を目指しましょう・・・・・・!」
フレードゥー
「うう・・・・・・みんな、ありがてぇ・・・・・・。
 今度こそ、がんばり抜いてみせます・・・・・・!」
ステファニヴィアン
「間違えるのは、仕方ない。
 その経験を糧に、うまくいくまで、何度でもやり直せばいい。
 さあ、工房へ帰ろう!」
スカイスチール機工房のステファニヴィアンと話す
ステファニヴィアン
「Nikuq・・・・・・。
 今回も協力してくれて、ありがとう。
 集まった証拠は、まとめて神殿騎士団に提出しておいたよ。
 フレードゥーも証言を訂正してくれたおかげで、
 神殿騎士団に、テダルグランシュの悪事も立証できた。
 俺たちの嫌疑を取り下げる手続きも始まったようだから、
 嫌疑は、いずれ完全に晴れるだろう。
 それまでは、新しい銃術の鍛練に励むようにって、
 指南役から、君への伝言を頼まれたよ。」
ロスティンスタルの指南により、銃術を学んだ!
  ゼーメル家の印章:皇都イシュガルドへの出入りを許可するゼーメル家の印章