名誉をかけた模擬戦

名誉をかけた模擬戦

  • 依頼主 :ステファニヴィアン(イシュガルド:下層 X8-Y10)
  • 受注条件:機工士レベル50~
  • 概要  :スカイスチール機工房のステファニヴィアンは、模擬戦に臨もうとしている。

ステファニヴィアン
「こっちでできることは、すべてした・・・・・・。
 あとは、Nikuq。
 主力である君に期待するしかない。
 俺たちも現地に向かい、四大名家が到着しないうちに、
 模擬戦の会場で作戦の調整をしよう。
 会場は、クルザス中央高地の「キャンプ・ドラゴンヘッド」だ。」
キャンプ・ドラゴンヘッドのステファニヴィアンと話す
ステファニヴィアン
「来たか、Nikuq。
 幸い、まだほかの家は到着していない。
 今のうちに会場を確認し、作戦の打ち合わせをしておこう。」
ボランドゥアン・ド・アインハルト伯爵
「何者かによる妨害工作を受けたそうだな?
 準備はできているのか?
 模擬戦には、皇都の注目が集まっている。
 無様な姿をさらせば、教皇庁からの資金援助が打ち切られ、
 工房の未来に影を落とすこととなるぞ。」
ステファニヴィアン
「最善を尽くしているよ。
 父上は、安心して観戦していてくれ。」
ロスティンスタル
「俺も観戦に徹するつもりだが、ひとことだけ助言だ。
 模擬戦の会場には、やたらと物陰が多い。
 伏兵を仕込みやすい地形といえるだろう。
 こっちが伏兵を配するも良し、敵の伏兵に備えるも良し・・・・・・。
 自分自身の目で確かめて検討するといいだろう。
 では、健闘を祈るぞ。」
ステファニヴィアン
「じゃあ、会場の下見に行こう。
 準備ができたら、俺に声をかけてくれ。」
キャンプ・ドラゴンヘッドのステファニヴィアンと再度話す
ステファニヴィアン
「では、会場での作戦確認後、模擬戦本番の開始だ!
 確認が不要なら、現地の「伝令の機工士」に話しかけてくれ。
 ・・・・・・さぁ、勝つぞ!」
自軍の「黒軍の戦旗」を確認
英才のステファニヴィアン
「俺たちは、アインハルト家とフォルタン家の連合軍・・・・・・
 対する相手方は、ゼーメル家とデュランデル家の連合軍だ。」
「俺たちの陣地の目印が、この「黒軍の戦旗」だ。
 この旗を調べて、周囲を確認しておいてくれ。」
「「黒軍の戦旗」を敵軍に破壊されると、俺たちの敗北になる。」
「「黒軍の戦旗」の近くでは、治癒の魔法が発動している。
 もしも負傷したら、ここに戻ってくるといい。」
敵軍の「赤軍の戦旗」を確認
英才のステファニヴィアン
「・・・・・・次は、敵軍の陣地を見に行こう。
 「赤軍の戦旗」を調べて、周囲を確認しておいてくれ。」
自軍の「伏兵の位置」を確認
英才のステファニヴィアン
「この「赤軍の戦旗」を破壊すれば、俺たちの勝利だ。」
「「赤軍の戦旗」の近くでも治癒魔法が発動している。
 このあたりでの戦闘は、長引くほど不利になるぞ。」
「・・・・・・では、各員の役割分担を説明しておこう。」
「ジョイ率いるアインハルト家の騎兵たちが、
 敵軍の「赤軍の戦旗」を攻める。」
「俺と残りの「機工士」、そして共闘するフォルタン家の騎兵が、
 自陣に残り「黒軍の戦旗」を護る。」
「Nikuq。
 実戦経験が豊富な君は、状況に応じて臨機応変に動いてほしい。」
「・・・・・・残るセレストには、伏兵として隠れてもらう。
 隠れ場所を案内するから、ついてきてくれ。」
「「伏兵の位置」を調べて、周囲を確認しておいてくれ。」
伏兵に行動開始を告げる「信号打上筒」を確認
英才のステファニヴィアン
「セレストは、この場所に潜み、
 Nikuqの合図が出たら、敵陣を攻め込む。」
「敵軍の「先鋒のロシュダレ」は、好戦的な性格だ。
 「黒軍の戦旗」が危ういと見れば、攻めこんでくるだろう。」
「だが、それは敵陣の護りに隙が生まれるということ。
 その好機に合図を出せば、セレストの動きが活きる。」
「・・・・・・セレストへの合図は、信号弾を使用する。
 打上筒は、エーテライト付近に設置しておいた。」
「打上筒の設置場所に案内するから、ついてきてくれ。
 「信号打上筒」を調べて、あたりをよく確認してほしい。」
ステファニヴィアンと話して模擬戦に臨む
英才のステファニヴィアン
「ここなら、打上筒が敵兵に見つかり、壊される恐れもないだろう。
 見晴らしもいいから、両陣営の状況も確認しやすい。」
「君が攻め時と判断したら、
 打上筒を操作して信号弾を発射してくれ。」
「作戦は以上だ、自陣に戻ろう。
 準備ができたら、俺に声をかけてくれ。」
ステファニヴィアン
「さて、そろそろか・・・・・・。
 ・・・・・・む、テダルグランシュ率いるゼーメル家騎兵団のお出ましだ。」
テダルグランシュ
「「スカイスチール機工房」のみなさん、おそろいで。
 平民の寄せ集めがどんな戦いをするのか、楽しみですねぇ。
 ですが、遺憾なことに、この神聖なる模擬戦に、
 煤けた芥が紛れ込んでいるようですよ・・・・・・。
 我らゼーメル家の騎兵団が、真の戦い方をお見せしましょう。」
ステファニヴィアン
「なんとでも言え・・・・・・。
 何が起ころうと、俺たち「機工士」に失うものなんてない。
 俺たちが、騎士たちの古臭い概念を撃ち抜いてやる。」
テダルグランシュ
「オホホホ、野蛮な獣の遠吠えが聞こえたようですね。
 さて、参加者がそろったので、模擬戦を始めましょう!」
敵軍の「赤軍の戦旗」を破壊せよ!
英才のステファニヴィアン
「さあ、「機工士」の実力を見せてやろう!」
豹変のジョイ
「射ッ! 射ッッ! シャーーッッ!! アタシ、今、最高潮~!」
先鋒のロシュダレ
「「機工士」など塵芥も同然よ! 我らが殲滅してくれよう!」
堅守のマルシュテール
「勝利がわかりきった模擬戦ほど、つまらんものはない・・・・・・。」
英才のステファニヴィアン
「くっ、敵軍は、かなり多くの治療師を投入しているらしい。」
「Nikuq、「デュランデル家の治療師」を優先して倒してくれ。
 このままでは、自軍がもたない!」
先鋒のロシュダレ
「・・・・・・頃合いか、一挙に敵陣を突く!」
「総員、我に続け! 敵軍へ総攻撃をしかける!」
鋭利のセレスト
「よし、敵陣の「赤軍の戦旗」を攻撃するぞ!」
「よしっ、敵軍の守りが手薄だ! さすがは、冒険者!」
(失敗時)
鋭利のセレスト
「よし、敵陣の「赤軍の戦旗」を攻撃するぞ!」
先鋒のロシュダレ
「ふんっ、伏兵とは、こしゃくな。
 すべて蹴散らしてくれよう!」
鋭利のセレスト
「「先鋒のロシュダレ」がいるとは・・・・・・
 これじゃ、みすみすやられに行くようなもんだ!」
「しくじった・・・・・・すまない。」
豹変のジョイ
「シャ・・・・・・あら、体が・・・・・・動かない?」
キャンプ・ドラゴンヘッドのステファニヴィアンと合流
テダルグランシュ
「「機工士」も、微力ながら戦力となるようですね。
 ゼーメル家からアインハルト家に要請している援軍は、
 ぜひ、皆様にお願いしたい。
 ・・・・・・しかし、今回は、目新しい玩具で騎兵を驚かせ、
 勝ちを拾ったようですが、過酷な実戦ではどうなることやら。
 「機工士」の皆様とともに、
 戦場を駆ける日を心待ちにしております。
 その時に、思い知るといいでしょう・・・・・・。
 騎士こそが、戦場の華であることを!
 オホホホホホホホ・・・・・・!」
ボランドゥアン・ド・アインハルト伯爵
「・・・・・・不利な状況をはねのけ、よくぞ勝利を納めてくれた。」
ステファニヴィアン
「当然の結果だ。
 「スカイスチール機工房」のみんなが力をあわせりゃ、
 不可能も可能になるのさ。」
ボランドゥアン・ド・アインハルト伯爵
「模擬戦での勝利など、何年振りか・・・・・・。
 この勢いで、失った影響力も取り戻せればよいのだが。」
ステファニヴィアン
「できるさ・・・・・・ただし、父上が約束を守ってくれればな。
 俺は、古くさい騎士なんかになるつもりはない。
 工房で機工技術の研究を続けるぞ。」
ボランドゥアン・ド・アインハルト伯爵
「我、汝を「スカイスチール機工房」の長に任命す。
 「機工士」が、竜を討つ槍となり、皇都を護る盾となると、
 世に知らしめよ。
 そのための援助はおしまんぞ。
 皇都と民のためになるなら、
 お前の好きなように、とことんやりなさい。」
ステファニヴィアン
「「機工士」は、竜を討つ槍となり、皇都を護る盾となる!
 そのために、みんなの力を貸してくれ!
 俺たちで、皇都の錆びついた常識をブチ抜こうぜ!」
スカイスチール機工房のステファニヴィアンと話す
ステファニヴィアン
「Nikuq、お疲れさま。
 今回は、苦しい戦いだったけど、
 君の的確な行動のおかげで、勝利することができたよ。
 お陰で俺は、名実ともに工房の長になれた。
 これからは、もっと自由に、積極的に活動しよう!
 工房長としての、記念すべき初仕事として、
 新しい機工兵器を造ってみた。
 今回の礼も兼ねて、君に受け取ってもらいたい。
 広範囲を攻撃できるオートタレットの必要性を感じてね・・・・・・
 模擬戦での反省を活かし、新しく試作してみたのさ。
 さぁ、君なりに駆使して「機工士」の名を高めてくれ!」
ステファニヴィアンから、新兵器を受け取った!