海辺の襲撃者

海辺の襲撃者

  • 依頼主 :ステファニヴィアン(イシュガルド:下層 X8-Y10)
  • 受注条件:機工士レベル45~
  • 概要  :スカイスチール機工房のステファニヴィアンは、冒険者に頼みたいことがあるようだ。

ステファニヴィアン
「どうだ、機工兵装は活かせそうか?
 さあ、あとはジョイが屋敷の仕事を終えれば出発できる。
 悪いがジョイを探してみてくれ、上層のどこかにいるはずだから。」
ステファニヴィアン
「本番で存分に暴れられるよう、演習もがんばってくれよ。
 模擬戦の勝利の鍵は、君なんだから。」
上層のジョイと話す
ジョイ
「まあ、Nikuq様。
 もう演習に出発する準備が整ったのですか?
 ジョイも、この荷物をお屋敷に運べば出発できます。
 ジョイが「機工士」としての訓練を続けるには、
 お屋敷の仕事も、しっかりこなさねばならないのです。
 それが、旦那様との約束なものですから・・・・・・。
 一度に、すべての荷物を運ぶことはできませんが、
 走って往復すれば終わりますから、お待ちください・・・・・・。」
(どうする?)
(手伝いを申し出る)
ジョイ
「Nikuq様は、お優しいですね。
 では、この荷物を見張っていてくださると助かります。
 ジョイは、荷物の第一陣をお屋敷に運びます!」
(こっそり手伝う)
ジョイ
「Nikuq様、
 少しの間、この荷物を見張っていてくださると助かります。
 ジョイは、荷物の第一陣をお屋敷に運びます!」
アインハルト家の荷物を持つ
ジョイにアインハルト家の荷物を渡す
ボランドゥアン・ド・アインハルト伯爵
「・・・・・・おや、ジョイが持ちきれなかった荷を運んでくれたのか?」
ジョイ
「Nikuq様・・・・・・!
 残りの荷物を見張っていてくださらなかったのですか!?
 い、い、いそいで荷物を取りに戻らねば!」
(アインハルト家の荷物を渡す)
ボランドゥアン・ド・アインハルト伯爵
「・・・・・・おや、ジョイが持ちきれなかった荷を運んでくれたのか。
 おかげでジョイの仕事は終わったよ。
 この娘を工房へ連れていってやってくれ。」
ジョイ
「Nikuq様、いつもありがとうございます。
 荷物運びを手伝ってくださったことも、もちろんですが、
 ぼっちゃまのために、尽くしてくださることが嬉しいのです。
 ・・・・・・旦那様は、ジョイが「機工士」になるのに反対でした。
 でも、ジョイを屋敷においてくださいました。
 父が動けず、ジョイが働くしかないのをご存じだったのです。
 旦那様には、感謝しても感謝しきれません。
 ですから、「機工士」として訓練を続けることを、
 ジョイは密かに心苦しく思っていたのです・・・・・・。
 Nikuq様が、
 「機工士」として、ぼっちゃまを支えてくだされば、
 もうジョイが銃を取る必要はないのかもしれません・・・・・・。」
(何と声をかける?)
(模擬戦の勝利がボランドゥアンへの恩返しだ)
ジョイ
「・・・・・・そうですね。
 では、東ラノシアのブラッドショアに行きましょう。
 がんばらないと!」
(・・・・・・・・・・・・。)
ジョイ
「ジョイが「機工士」を辞めれば、お屋敷の仕事に専念して、
 旦那様に今までの恩返しができます。
 ・・・・・・まあ、長くなってしまいました。
 急いで、東ラノシアのブラッドショアに行きましょう。」
ブラッドショアのステファニヴィアンと話す
ステファニヴィアン
「来たか、Nikuq。
 よし、じゃあ演習の説明を始めるよ。
 この演習の目的は、騎士相手の戦い方に慣れること。
 騎士は接近しなければ、「機工士」には手を出せない。
 そこで、騎士を寄せ付けない演習をしよう。
 演習では、魔物をおびき寄せる「匂い立つ餌箱」を用意した。
 こいつに群がる魔物を、突進してくる騎士に見立てて、
 迎撃戦の訓練をしようって訳さ。
 自陣に置いた餌箱を壊されたら負けだ。
 Nikuqは、機工兵装の新機能・・・・・・
 「サプレッシブファイア」の使いどころを掴んでくれ。」
匂い立つ餌箱を守りぬけ!
ロスティンスタル
「さあ、敵が餌箱に到達する前に、残らず倒しちまえ!」
(ジョイ
「射ッ!射ッッ!シャーッ!!
 アタシ、今、最高潮~!」)
ロスティンスタル
「まだ来るぞ! 気を抜かずに、迎撃するんだ!」
「「オートタレット・ルーク」を使って敵を減らし、
 「サプレッシブファイア」で動きを封じろ!」
「辺りの魔物が、こぞってお出ましだぜ!」
「よーし、上出来だ!
 そろそろ演習を終えるとしよう。」
ステファニヴィアン
「指南役、待ってくれ・・・・・・あれは、なんだ!?」
ロスティンスタル
「さては、魔物の血に誘われて、大物が釣れやがったか!
 ちょうどいい、演習の総仕上げに、ヤツを倒しちまえ!」
(失敗時)
ロスティンスタル
「こんなんじゃ、模擬戦の勝利など夢のまた夢だぞ。」
ディープ・モーガウルを倒せ!
(失敗時)
豹変のジョイ
「シャ・・・・・・もっと撃ちたかった・・・・・・。」
ステファニヴィアン
「魔物の乱入には驚いたが、ふたりとも見事だった。
 おかげで、俺の計測器が新たな作戦をはじきだしてる。」
ジョイ
「ぼ、ぼっちゃま、お言葉ですが、
 Nikuq様がいらっしゃれば、
 ジョイは、模擬戦に不要ではないでしょうか?」
ステファニヴィアン
「・・・・・・また、身分を気にしているのか?
 Nikuqもジョイも必要だ。
 戦闘に不慣れな平民が、騎士を寄せ付けることなく、
 撃ち抜く姿を見せつければ、教皇庁のお歴々も考えを変える。
 それが、古くさい伝統をひっくり返す突破口なんだ。」
ジョイ
「・・・・・・ぼっちゃまのお考えは、よくわかりました。
 模擬戦の勝利は、アインハルト家全体の悲願・・・・・・。
 ならばジョイも、全力を尽くさねばなりません・・・・・・。」
ステファニヴィアン
「・・・・・・頼んだよ。
 さて、そろそろ工房へ戻ろう。」
スカイスチール機工房のステファニヴィアンと話す
ステファニヴィアン
「Nikuq、今回はご苦労だったね。
 ジョイの士気が下がってるのが気になるな。
 銃を持って、忘れてくれるといいけど・・・・・・。」
  アインハルト家の荷物:ジョイが運びきれなかった荷物