容疑者ドマ冒険者団

容疑者ドマ冒険者団

  • 依頼主 :ヨウザン(モードゥナ X22-Y6)
  • 受注条件:レベル54~
  • 概要  :ドマ冒険者団のヨウザンは、冒険者ともっと遊びたいようだ。

ヨウザン
「もっと冒険したいなー。
 ねえちゃん、何か面白そうなネタないのか?
 ・・・・・・うーん、残念。
 まぁ、ここにはいろんな冒険者がいるから、
 探せば、まだまだ何かありそうだよな!
 よし、みんなで噂とか伝説とか、
 大人たちから聞いて回って情報収集しようぜ!
 面白そうなネタがあったら、
 またねえちゃんを捉まえて冒険に出発だ!」
ロッカ
「・・・・・・そうだ、おねえさん。
 もし、レシュさんを見かけたら、
 あんまり無理はしないように!って、伝えておいてください。」
レシュ・ポラリと話す
レシュ・ポラリ
「あら、Nikuqさん!
 あの子に、耳飾りを届けてくれたのですか?
 ありがとうございます!
 そうですか、ロッカちゃんって言うんですね。
 とても優しい子ですね・・・・・・私の娘とは大違いです。
 いずれ直接会って、お礼を言いたいと思います。
 ところで、先ほど気になることを耳にしたのです。
 なんでも、子どもたちが窃盗を働いたとか。
 冒険者ギルドの方たちが、動いているみたいで・・・・・・。
 詳しい事情はわかりませんが、
 あの子たちが、そのような事をするとは思えないのです。
 きっと、何かの間違いだと思いますが、
 スラフボーンさんに確認したほうがいいかもしれません。
 私も同行したいのですが、次の仕事の時間なのです。
 ・・・・・・それでは、この辺で失礼しますね。」
スラフボーンと話す
スラフボーン
「冒険者よ、どうしたのだ。
 また例の財宝の話でも聞きに来たのか?
 ・・・・・・ふむ、もう嗅ぎつけたか、さすがだな。
 まだ我々も調査中なのだが、ロウェナ記念会館の保管庫から、
 貴重な「古の魔道書」が盗まれたらしい。
 換気口のひとつに、取り外された形跡があってな。
 入口の扉が施錠されていたことを考えると、
 そこから侵入したと考えて間違いなさそうだ。
 ・・・・・・その換気口のサイズが問題でな。
 子どものような小柄な者でなければ通れないのだ。
 犯行時刻に、四人組を見たとの目撃情報も入っている。
 最近、ロウェナの店の近くで、子どもたちが遊んでいると聞く。
 まさかとは思うが、好奇心の強い奴らだ。
 遊び半分な気持ちで忍び込んでしまったのかもしれない。
 子どもとはいえ、ドマの者が盗みをしたとなっては、
 難民との関係に、波風が立つかもしれないからな。
 ロウェナと相談して、今はまだ大事にならないように、
 ギルドの一部の者だけで調査しているのだ。
 お前は、ドマの子どもたちと親しかったな。
 あの子たちを見つけたら、話を聞いてみてくれないか。」
ロウェナ
「私だって、あの子たちが犯人だとは思ってないよ。
 でも潔白を証明しないかぎり、容疑者には違いないのさ。」
ドマ冒険者団の団員を探す
ヨウザン
「やあ、ねえちゃん!
 なんか面白いネタでも見つかったか?
 オレたちに窃盗の容疑だって?
 そんなことするわけないじゃん!
 これは、ドマ冒険者団緊急集会だ!」
シウン
「みんな、いつも何を見てるのかな?
 面白いものが見えるなら僕も見たいよ。
 僕は、そんなことしてないよ。
 みんなだって絶対にしないよ!」
コハル
「冒険者の人たちに聞いたんだけど、
 ウルダハに、どんな難事件でもババッと解決しちゃう、
 「事件屋」って人がいたんだって・・・・・・私も会いたかったなぁ。
 えっ、私たちが容疑者なの!?
 これは大事件の予感・・・・・・事件屋コハルの出番だね!」
ロッカ
「ここなら、何か面白い話が聞けるかと思ったけど・・・・・・
 ・・・・・・空振りみたい。
 ・・・・・・とんだ濡れ衣だわ。
 小柄な人なんて、ほかにもいるじゃない。
 とりあえず、みんなと合流しましょう。」
ヨウザンと話す
シウン
「コハルは、なんか楽しそうだね。
 あとで、どんな話を聞いたか教えてもらわなくちゃ。」
コハル
「事件屋コハルは、なんだか「ピーン!」っと来る気がしますよ。」
ロッカ
「・・・・・・ヨウザンったら、何か企んでいる顔ね。
 おねえさん、またよろしくお願いします。」
ヨウザン
「みんな聞いたか!? 言い掛かりもいいところだ!
 ねえちゃんと一緒にスラフボーンのところに行けば、
 身の潔白は証明されるだろう。
 ・・・・・・だが、オレたちはドマ冒険者団!
 ここは、ただ「犯人じゃない」って叫ぶよりも、
 真犯人から、盗まれた魔道書を奪い返して名を上げようぜ!!
 見た目は子どもでも、腕っ節は、
 その辺の冒険者に引けを取らないってところを見せつけよう!」
シウン
「でも、どうやって犯人を見つける?
 換気口を通れる小柄な四人組って情報しかないんでしょ?」
ロッカ
「私たちと同じ・・・・・・。
 いえ、私たちよりも小柄な人たちがいるじゃない。
 あっちこっちに、たーくさん!」
ヨウザン
「オレたちより小柄って・・・・・・ララフェル族か!」
コハル
「まって・・・・・・ララフェルの四人組・・・・・・。
 ・・・・・・それなら、私知ってるよ。
 ここって、いろんな冒険者の人がいるでしょ。
 見ていて楽しいから、よく観察してるんだけど・・・・・・。
 その中で、最近やってきた、
 ララフェル四人組が一組だけいます。
 それは・・・・・・・・・・・・。
 ヨウザンが忍び込もうと思って、
 スラフボーンさんにゲンコツをもらった、荷車の持ち主さんです!」
ヨウザン
「・・・・・・た、確かに、ララフェル族だった気がする!
 よし、まずはアイツらを調査するぞ!!」
シウン
「ララフェル四人組かぁ・・・・・・武器とか持ってたらどうしよう・・・・・・。
 念のために、忍具を取りに帰った方がいいんじゃないかな?」
コハル
「フッフッフ・・・・・・。
 やはり「ピーン」と来てしまいましたね。」
ロッカ
「・・・・・・そのララフェル四人組、調べてみる価値はありそう。
 それにしてもコハルは、なんであんなに楽しそうなのかしら。」