繋がれざる者

繋がれざる者

  • 依頼主 :ウデキキ(高地ドラヴァニア X23-Y19)
  • 受注条件:レベルアジャスト50~
  • 概要  :ヴァスの塚のウデキキは、しかるべき時が来たと感じているようだ。

ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・師匠!
 オイラ、みんなが戦わなくて済む方法がわかったよ!
 それは、オイラが「繋ぎ止めし者」を倒せばいいのさ。
 「繋がりし者たち」は、「繋ぎ止めし者」の、
 「意思の囁き」がなければ、何をしていいのかわからない。
 ヤツさえ倒せば、攻め込まれるのを止められるんだ。
 ただ「繋ぎ止めし者」は慎重で、滅多に姿を現さない。
 だからオイラがオトリになって、おびき出してやるんだ!
 改心したフリをして「自我」を消してくれと言えば、絶対出てくる!
 シシシシシ・・・・・・オイラ、気がついたんだ。
 結局、オイラの「やりたいこと」って、
 ヴァスの塚の役に立つことだったんだよ。
 自我を得たのに、「やりたいこと」がなくて、
 フラフラしていたオイラでも、この塚は養ってくれた。
 そんな塚への恩返しこそ、オイラの「やりたいこと」だったのさ。
 冒険者ギルドを作ったのも・・・・・・
 怖いドラゴン族や、「繋がりし者たち」に立ち向かえたのも・・・・・・
 全部、塚の役に立ちたいという想いからだったんだ!
 シシシシシ・・・・・・まぁ、そのおかげで、遠い土地に出て、
 「繋ぎ止めし者」の怒りを買ってしまったんだけどね。
 これはオイラの責任だから、オイラがやらなくちゃいけないんだ。
 本当は、師匠にいっしょについてきてほしいくらい怖いよ・・・・・・。
 でも、師匠にはヴァスの塚に残っててもらいたい。
 「ストーリーテラー」と話して、戦う準備をしておいてほしいんだ。
 オイラが失敗したとき・・・・・・ここは戦場になるから・・・・・・。
 それじゃあ、行ってくる・・・・・・シシシシシ。」
ストーリーテラーと話す
ストーリーテラー
「シシシシシ・・・・・・どうした、気前のいい狩人よ?
 ウデキキの姿が見えんようだが・・・・・・。
 シシシシシ・・・・・・ひとりで乗り込むとは、なんと無謀な!
 「繋ぎ止めし者」の前では、我らグナース族は無力だというのに!」
イダテン
「シシシシシ・・・・・・それに、
 「繋ぎ止めし者」を倒しても、解決にはならん。
 また群れから、新たな「繋ぎ止めし者」が現れるだけであろう。」
ストーリーテラー
「このままでは、ウデキキは完全に自我を消されてしまう。
 だが、我らグナース族が助けに行っても、それは同じこと・・・・・・
 ここは、ヒトの狩人の力を借りるほかない。」
イダテン
「しかし、ウデキキがいるのは、恐らく敵陣まっただ中・・・・・・。
 精神感応を受けかねないウデキキを連れて逃げてくるのは、
 ヒトの狩人だとしても難しすぎる!」
ストーリーテラー
「シシシシシ・・・・・・それならば、我が援軍をかき集めてこよう。
 ヒトの狩人と、ウデキキが始めたギルドで得たものは、
 決して物資だけではないはずだ・・・・・・。
 ヒトの狩人よ・・・・・・すまぬが、先に「グナースの塚」へ赴き、
 「ウデキキ」を見つけだしてくれ。
 大丈夫、必ず無事に奴を連れ帰ろうぞ・・・・・・!」
イダテン
「シシシシシ・・・・・・。
 「繋ぎ止めし者」を倒しても、解決にはならん。
 また群れから、新たな「繋ぎ止めし者」が現れるだけであろう。」
グナースの塚付近でウデキキを探す
ウデキキと話す
ウデキキ
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
グナースの塚でウデキキを探す
ウデキキ
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
底冷えする暗い声
「ジジジジジ・・・・・・「この個体」の自我は完全に消した。」
繋ぎ止めし者
「ジジジジジ・・・・・・我は「繋ぎ止めし者」。
 大いなるグナースの群れの頭脳にして魂であり・・・・・・
 すべての「繋がりし者たち」の身は、我が身なり。
 遅かったな、武神を狩りしヒトよ。
 単身で我らが群れに挑みし愚か者は、
 ふたたび「我ら」の一部に戻ったのだ・・・・・・ジジジジジ。
 ヒトよ、お前たちは個々が考え、勝手気ままに動くそうだな。
 あまつさえ、同族同士で殺し合い戦争をするというではないか。
 実に下等で、おぞましい種族よな。
 我らグナースは、全にして個、個にして全。
 ゆえに一丸となり群れのために行動する。
 そこに穢らわしき同族殺しはない。
 ヒトよ、殺しがしたいなら、同族を殺すがいい。
 我らの戦に関わることはやめよ!」
(何と答える?)
(なぜ「分かたれし者たち」を殺そうとする?)
(ウデキキを返してもらう!)
繋ぎ止めし者
「ジジジジジ・・・・・・「分かたれし者たち」か・・・・・・。
 奴らのような、「意思の囁き」が通じぬ個体が生じるのは、
 群れという大いなる身体の一部が「壊死」したも同義のこと・・・・・・。
 この個体のように、自我が消えて元どおりになればよし。
 しかし、元に戻らぬ壊死した一部は、痛みを伴ってでも、
 取り除かねば、全体の身体を蝕むことになる。
 事実、壊死した一部を放っておいたため、
 奴らは勝手に動き回り、群れを作って我らに反抗してきた。
 ・・・・・・その味方をする者も、排除するのみ。
 ジジジジジ・・・・・・武神は倒せても、この個体は殺せぬか?
 個で考え、個を尊重する愚かな種族よ・・・・・・。
 さあ、死ぬがいい。」
(ウデキキに何と言う?)
(やめるんだ、ウデキキ!)
(思い出せ、ウデキキ!)
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・・・・・・・ウデキキ・・・・・・?」
繋ぎ止めし者
「ジジジジジ・・・・・・こ、これは・・・・・・
 意思の繋がりに、ほころびが生じている?
 消したはずの自我が、ふたたび目覚めかけているというのか!?
 そうはさせぬ・・・・・・!
 我は、「繋ぎ止めし者」であるぞ!
 ひとつの個体ごとき、何度でも繋ぎ止めてくれるわ!」
ストーリーテラー
「シシシシシ・・・・・・ウデキキよ、助太刀に来たぞ!
 お前が集めた、大事な仲間たち・・・・・・
 この者たちであれば、「繋ぎ止めし者」も支配できまい!」
マルスシャン
「どうしたってんだよ、ウデキキ!
 しっかりしろよ!」
ジャントゥロー
「おい、ウデキキ!
 冒険者なら、シャキっとしやがれ!」
ドライドクス
「シュコォ・・・・・・シュコォ・・・・・・!
 ウデキキ なんだか 大問題!?
 しっかり ばっちり 目を覚ませ!」
ウデキキ
「・・・・・・シシシシシ・・・・・・ウデキキ・・・・・・
 ウデキキ・・・・・・ウデキキ・・・・・・ウデキキ・・・・・・。」
繋ぎ止めし者
「ジジジジジジジ!!
 なんだ、なんだこれは・・・・・・
 強固な意志が、我が意識に逆流してくる!
 これが個を生む、意志の力だというのか!?
 いや、それだけではない、こやつからは・・・・・・繋がりを感じる?
 ほかの個との繋がりが、我の繋ぎ止めし力を上回っている!!」
ウデキキ
「し、師匠・・・・・・ストーリーテラー・・・・・・
 マルスシャンにジャントゥロー、それにドライドクスまで・・・・・・?
 ・・・・・・そうだ・・・・・・オイラは・・・・・・腕利きの・・・・・・冒険者になる・・・・・・
 オイラは・・・・・・・・・・・・ウデキキだ!」
繋ぎ止めし者
「ひっ、ひぃっ!
 よせっ、我に火砲を放つな!
 この身は傷ひとつ負ったこともないのだぞ!
 こ、個でありながら、その強固な繋がりは何なのだ!?
 やめろ、我の意識を犯すな・・・・・・とても耐えられん・・・・・・!
 ・・・・・・ジジジジジジジジジジジジジジジ!!」
ストーリーテラー
「シシシシシ・・・・・・逃げおったか。
 個を繋ぎ止めることしか知らぬ奴に、
 「分かたれ」ながらも繋がれる、「友」というものはわかるまい。」
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・自我を取り戻す直前、
 「繋ぎ止めし者」の大いなる「恐怖」を感じたよ。
 もう、ヴァスの塚に、ちょっかいを出すことはないだろうさ。
 みんな、ありがとう。
 オイラ、真っ暗闇の中で心が消えちまいそうになってた。
 そんなとき、師匠とみんなが呼ぶ声が聞こえたんだ。
 おかげで、自我を取り戻すことができたよ。
 ・・・・・・さあ、帰ろう・・・・・・オイラたちの冒険者ギルドへ!」
ウデキキと話す
ストーリーテラー
「シシシシシ・・・・・・強力な援軍であったろう。
 さあ、ウデキキの下へ集まろうではないか。」
イダテン
「シシシシシ・・・・・・。
 「繋ぎ止めし者」に恐怖を植え付けるとはな。
 きっと、群れ全体に伝わって、恐れおののいているはずだ。」
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・改めてみんな、
 オイラのために、わざわざ来てくれて、本当にありがとよ!」
マルスシャン
「別に、お前さんのために来たわけじゃないぜ・・・・・・。
 ここの冒険者ギルドがなくなると、矢が不足することになって、
 テイルフェザーにとっても、痛手なんでね。」
ジャントゥロー
「同じくだ、蟹野郎なんかどうでもいい。
 聖フィネア連隊では、今や竜避けの香がなきゃ困るのさ、
 だから、仕方なく来てやったんだ。」
ドライドクス
「シュコォ・・・・・・シュコォ・・・・・・
 ゴブたち もはや ナンカに夢中!
 いまさら なくなる そんなの 悲しい~!」
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・
 みんな、繋がっている「友」なのに、素直じゃないな~。
 まあ、そこが「分かたれ」てるってことなのかもね。」
ストーリーテラー
「シシシシシ・・・・・・この冒険者ギルドは、
 ほかの集落にとっても、なくてはならぬものとなったのだ。
 小さなヴァスの塚だが、多くの仲間ができたということだ。
 気付いておったか?
 グナースの塚の上空を旋回する白き竜を・・・・・・
 いざとなったら、介入するつもりで見守ってくれていたようだ。
 ヒトも、ゴブリン族も、ドラゴン族までも・・・・・・
 皆、命の危険を冒しながらも、駆けつけてくれたのだ。
 その意味の重さは、個の大切さを知る我らだからこそ理解できる。」
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・そうだ、確かにそうだ。
 こんなにも多くの心強い仲間がいれば、
 ヴァスの塚は、どんな困難だって、乗り越えられるはずだよ!
 すべては、師匠のおかげさ。
 でも、いい加減、師匠の手は煩わせないことにする。
 師匠にも、「やりたいこと」があるはずだもんな。
 みんなに助けられた、未熟なオイラだけど、
 これからは、自分の力だけで、腕利きの冒険者を目指すよ!
 シシシシシ・・・・・・師匠、今まで、本当にありがとう!
 オイラが、腕利きの冒険者になったら・・・・・・
 そのときは、一緒に冒険しようぜ!」
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・師匠、元気してるか?
 オイラは腕利きの冒険者になるため、日々精進してるぜ!
 師匠の「やりたいこと」は順調かい?
 もし、時間があったら、ギルドの依頼も手伝ってくれよな!」
サーチャー
「シシシシシ・・・・・・冒険者ギルドとはいいものだな。
 そもそも、私がこの役目を引き受けたのは、
 思う存分、探求をするためだった。
 それが今や、このギルドの運営自体が、
 私の「やりたいこと」になっていると気が付いたのだ。
 これからも、我々のギルドの依頼を引き受けてもらいたい。」
アキンド
「シシシシシ・・・まいど、コンガマトーを入荷したよ。
 ムシカイは譲ってくれないから、川でヤゴを捕まえて、
 俺が羽化させたのさ・・・・・・もちろん、ほかでは売ってないぞ。」
ムシカイ
「シシシシシ・・・・・・コンガマトーは愛しいヤツだ。
 コイツとは、ずっとうまくやっていきたい・・・・・・。
 俺が「ムシカイ」でいられるのも、この相棒のおかげだからな。」
ストーリーテラー
「シシシシシ・・・・・・限りなく気前のいいヒトの狩人よ。
 同胞を救ったことから始まり、ついには塚まで救ってもらった。
 狩人には感謝してもしきれぬわ・・・・・・。
 我らグナース族は、他種族と相容れぬものだった。
 それが、ウデキキと狩人の出会いによって変わったのだ。
 我らは「分かたれ」て、新たな繋がりを得たということだな。」
イダテン
「シシシシシ・・・・・・冒険者ギルドは、この塚を変えた。
 物資を得るだけでなく、力強い仲間まで得たのだ。
 最早、我らには「繋がりし者たち」など、脅威ではない。」
ヒストリアン
「シシシシシ・・・・・・ヒトの冒険者ではないか。
 「レキシ」を記録するこの俺に、聞きたいことがあるのか?」
(何を聞く?)
(ここはどんなところだ?)
ヒストリアン
「シシシシシ・・・・・・ここは「ヴァスの塚」。
 「繋がりし者たち」と違い、種族の精神から切り離された、
 「分かたれし者たち」が寄り添う集落だ・・・・・・。
 グナース族は、お前たちヒトと違い、
 本来は「繋ぎ止めし者」を中心に、精神を繋げている。
 だから、声に頼らず、意思の囁きを聞き、同じ心で動く。
 でも、俺たちは違う・・・・・・。
 精神から切り離されたおかげで、性格も好みもバラバラ。
 まとまりもないが・・・・・・自由ではあるな・・・・・・シシシシシ。
 そんな俺たちは、塚の物資不足に直面した。
 しかし、ウデキキが始めた冒険者ギルドのおかげで、
 ほかの集落から、物資を得ることができるようになったんだ。
 そして、ヒトやゴブリン族、さらにドラゴン族の仲間ができて、
 「繋がりし者たち」の脅威も退けることができたのさ。
 ウデキキとヒトの冒険者のおかげだな・・・・・・シシシシシ。」
(人の冒険者男
「危険な依頼だが・・・
 頼めるか?」
ヴァスの冒険者ギルドのグナース族
「シシシシシ・・・
 報酬次第だ」
人の冒険者女
「依頼をこなしたわ」
ヴァスの冒険者ギルドのグナース族
「シシシシシ・・・
 ご苦労だった」
人の冒険者女
「で、報酬は?」)