捜索任務:見分けの問題


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

捜索任務:見分けの問題

  • 依頼主 :サーチャー(高地ドラヴァニア X23-Y19)
  • 受注条件:レベルアジャスト50~
  • 概要  :ヴァスの塚のサーチャーは、何やら困り果てているようだ。

サーチャー
「シシシシシ・・・・・・うーむ、どうしたものか・・・・・・。
 おお、よく来たヒトの冒険者よ。
 ちょっと、困った事案が発生していてな。
 「ウーム・アラ」という名のドラゴン族に、
 依頼された荷物を届けたいのだが・・・・・・
 ドラゴン族はすべて同じに見えてしまい、見分けがつかんのだ。
 混乱した同胞が放棄してしまったので、キミに頼みたい。
 不浄の三塔にいる「黄色い鱗のドラゴン族」に、
 片っ端から、「ウーム・アラ」かと確認してほしい。
 そして、ウーム・アラを見つけたら、
 この「ウーム・アラ宛ての包み」を渡してもらいたいのだ。
 不躾な願いで申し訳ないが、どうか頼む。」
チャットの「Say」モードで『ウーム・アラ』と入力し黄色い鱗のドラゴン族にウーム・アラか確認する
黄色い鱗のドラゴン族
「なんと、ヒトではないか・・・・・・どうしたというのだ?」
(『ウーム・アラ』)
黄色い鱗のドラゴン族
「私はウーム・アラではないが・・・・・・
 あの高貴な竜に間違われるとは・・・・・・光栄だ。」
黄色い鱗のドラゴン族
「ウーム・アラのような、
 高貴な竜に間違われるとは・・・・・・光栄だ。」
黄色い鱗のドラゴン族
「小さきヒトよ・・・・・・我に何用だ?」
(『ウーム・アラ』)
黄色い鱗のドラゴン族
「違う・・・・・・我はウーム・アラではない。
 彼の竜は、我よりずっと気高き存在なり。」
黄色い鱗のドラゴン族
「ウーム・アラは、我よりずっと気高き存在なり。」
黄色い鱗のドラゴン族
「どうしたんだい? なんか用かい?」
(『ウーム・アラ』)
黄色い鱗のドラゴン族
「これは傑作だね・・・・・・私がウーム・アラに見えるのかい?
 あれは、もっと崇高な竜だよ。」
黄色い鱗のドラゴン族
「ウーム・アラは、もっと崇高な竜だよ。」
チャットの「Say」モードで『ウーム・アラ』と入力し黄色い鱗のドラゴン族にウーム・アラか確認する
黄色い鱗のドラゴン族
「ヒトの子よ・・・・・・何用だ?」
(『ウーム・アラ』)
黄色い鱗のドラゴン族
「いかにも・・・・・・余がウーム・アラなり。」
黄色い鱗のドラゴン族にウーム・アラ宛ての包みを渡す
黄色い鱗のドラゴン族
「・・・・・・してヒトの子よ、何用だというのだ?」
(ウーム・アラ宛ての包みを渡す)
黄色い鱗のドラゴン族
「ご苦労であった、感謝いたす・・・・・・。
 ここだけの話だが・・・・・・これは「虫除けの香」である。
 実はノミに悩まされていてな、人知れず処理したかったのだ。
 余は、気高く、高貴で、崇高な竜とされている。
 本来、ノミがつくなど、あってはならぬこと・・・・・・。
 ふう・・・・・・皆が思い描く「余」を保つのも大変である・・・・・・。」
サーチャーに報告
サーチャー
「シシシシシ・・・・・・届けてくれたのだな、助かったぞ。
 ドラゴン族は、本当に見分けがつかんから困る。
 だが、ドラゴン族からすると、
 我々グナース族の見分けがつかんという・・・・・・
 おかしな話だ、こんなにも皆、違うというのに・・・・・・な?」
  ウーム・アラ宛ての包み:ウーム・アラに宛てた謎めいた包み