救援任務:その名に偽りあり

救援任務:その名に偽りあり

  • 依頼主 :サーチャー(高地ドラヴァニア X23-Y19)
  • 受注条件:レベルアジャスト50~
  • 概要  :ヴァスの塚のサーチャーは、何やら心配しているようだ。

サーチャー
「シシシシシ・・・・・・ヒトの冒険者よ、よく来てくれた。
 不浄の三塔のドラゴン族から、モーン大岩窟に棲息する、
 下級眷属を間引くように依頼されてな。
 どうやら邪竜の眷属たちが、兵として用いるために呼び寄せた、
 古代獣ティラノサウルスが想定以上に繁殖してしまったらしい。
 だとすれば、卵を奪えばいいと考えたのだが・・・・・・
 依頼を任せた「オソレシラズ」という同胞が戻って来ないのだ。
 何かよからぬことが、あったのかもしれん。
 すまんが、ヒトの冒険者よ、モーン大岩窟へと向かい、
 「オソレシラズ」の様子を見てきてはくれんか?」
オソレシラズと話す
オソレシラズ
「シシシシシ・・・・・・怖い、怖いぞ。
 まったく、卵を奪うのも、充分危険だよ・・・・・・。
 あれ・・・・・・ヒトの冒険者じゃないか。
 協力しに来てくれたんだね、助かるよ。
 「ティラノサウルスの卵」を運んで、僕に渡してくれないか?」
オソレシラズ
「「ティラノサウルスの卵」を運んで、僕に渡してくれないか?
 恐竜に見つからないよう、気をつけてね。」
ティラノサウルスの卵を持ち上げる
ティラノサウルスの卵をオソレシラズに届ける
オソレシラズ
「シシシシシ・・・・・・どうもありがとう!
 ゴメン、もうひとつだけ・・・・・・
 「ティラノサウルスの卵」を運んできてくれないか?」
オソレシラズ
「シシシシシ・・・・・・ゴメン、もうひとつだけ、
 「ティラノサウルスの卵」を運んできてくれないか?」
ティラノサウルスの卵を持ち上げる
ティラノサウルスの卵をオソレシラズに届ける
オソレシラズ
「シシシシシ・・・・・・どうもありがとう!
 さすがは、腕利きの冒険者だね、格が違うや。
 それにしても、サーチャーのヤツめ・・・・・・
 カウンターの中から僕らに指示を出すだけで、
 まったく現場をわかってないと思わないか?
 抗議の意味も込めて、しばらくここでサボってやるんだ。
 「サーチャー」にも、僕の不満を伝えてくれよ。
 け、けっして、恐れをなして、すくんで動けないわけじゃないぞ?」
サーチャーに報告
サーチャー
「シシシシシ・・・・・・ご苦労だったな。
 ほう、「オソレシラズ」が私のことを現場知らずと、
 抗議しているというのか・・・・・・なるほど、ギルド運営とは難しいな。
 古代獣と直接戦うよりは、安全だろうと思ったのだが・・・・・・。
 それはともかく「オソレシラズ」は、そろそろ改名すべきだな。
 「ビビリ」「ヘタレ」「ハジシラズ」などにな・・・・・・シシシシシ。」