天敵からの試練

天敵からの試練

  • 依頼主 :ウデキキ(高地ドラヴァニア X23-Y19)
  • 受注条件:レベルアジャスト50~
  • 概要  :ヴァスの塚のウデキキは、何やら意気込んでいる。

ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・ここはどこ?
 オイラは・・・・・・だれ?
 な~んてね・・・・・・冗談だよ、師匠!
 もう自分が誰だかわからなくなったりしないぜ。
 それより、聞いてくれ、一大決心をしたんだよ!
 オイラたちの建物は「ドラヴァニア粘土」って材料で作るんだ。
 これまでは、グナースの塚から盗んでたんだけど・・・・・・
 実は「不浄の三塔」の近くでも取れることがわかってる。
 でも、不浄の三塔に棲むドラゴン族は、
 オイラたちの天敵だから、最初から諦めていたのさ。
 師匠は、不浄の三塔のドラゴン族と交流があるんだろ?
 怖いけれど、オイラもドラヴァニア粘土を得るために、
 ドラゴン族と接触してみることにしたんだ!
 今や「ヴァスの塚」は、食糧も、火薬も、金属製品も、
 冒険者稼業で得ることができるようになった。
 ただドラヴァニア粘土だけは、グナースの塚から盗むしかなかった。
 これさえ自分たちで調達できれば、オイラたちは、
 本当の意味で「繋がりし者たち」から解き放たれることになる!
 ヴァスの塚が「繋がりし者たち」から、
 真に「分かたれ」るかどうかが、この交渉にかかってるのさ!
 だから「不浄の三塔」の長に、オイラを紹介してくれよ!」
不浄の三塔前でウデキキと合流
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・やっぱり怖いな。
 でも、オイラは腕利きの冒険者になるんだ、
 ・・・・・・勇気を出して行くよ!」
ヴィゾーヴニルと話す
ヴィゾーヴニル
「・・・・・・ふうむ、
 吾輩に紹介したい者がいるだと?
 血迷ったか、猛きヒトの子よ?
 そこなる小さき者は、忌まわしきグナース族ではないか・・・・・・。」
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・オイラはグナース族だけど、
 蛮神を召喚するような、悪いグナース族じゃないよ。
 アンタたちも、グナース族やヒトを、
 見境なく襲うような、乱暴なドラゴン族じゃないんだろ?
 オイラは言葉を使う「分かたれし者」、今日は話をしにきたんだ。」
ヴィゾーヴニル
「・・・・・・ほう、我を前にして物怖じしない勇気はなかなか。
 猛きヒトの子が、わざわざ連れてくるだけのことはあるようだ。
 よかろう、話とやらを聞いてやろうではないか。」
ウデキキ
「この塔の近くで取れる粘土は、
 オイラたちグナース族の、建物の材料となるんだ。
 その粘土は、悪いグナース族の土地か、ここでしか取れない。
 オイラたち「分かたれし者たち」は、なんでも依頼をこなす!
 だから、粘土を採取することを許してくれないか?」
ヴィゾーヴニル
「・・・・・・事情は、わかった。
 粘土を採取することを許してやってもいいが、
 今のところ、特に頼みたい仕事はない。
 その代わり・・・・・・
 お前が蛮神を召喚するグナース族と違うというならば、
 それを、証明してみせよ。
 この塔の周りに、グナース族の斥候がうろついておる。
 お前が、そやつらを追い払ってくるのだ。」
ウデキキ
「ええっ!?
 つ、「繋がりし者たち」をっ、グナース族をっ・・・・・・?」
ヴィゾーヴニル
「そうだ・・・・・・できぬと言うか?
 同族に対して、お前がどのような価値観を持つのかわからぬが、
 我らにとってあの者たちは、子竜までも狙う野蛮な敵・・・・・・。
 それを追い払うことさえできぬのならば、
 到底、奴らとは違うというお前の言葉を、信じることはできぬ。」
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・わ、わかったよ・・・・・・!
 追い払ってくるよ・・・・・・。」
ヴィゾーヴニル
「なるほど・・・・・・確かに、蛮神を召喚する、
 傀儡のようなグナース族とは違うようだな。
 あの者からは、確固たる意志の力を感じる・・・・・・。
 だが、近頃は斥候の数が多くなっている。
 あの者だけで倒しきるのは、確かに難しいであろう・・・・・・。
 我が小さき友よ、すまぬが様子を見てきてはくれぬか?」
不浄の三塔付近のウデキキと話す
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・ゴメンよ・・・・・・
 オイラ、やっぱり「繋がりし者たち」とは怖くて戦えない。」
(ウデキキに何と言う?)
(恐怖を乗り越えるんだ)
(ここで見守っている)
ウデキキ
「シシシシシシ・・・・・・こればっかりはムリだ!
 「繋がりし者たち」を前にすると「意思の囁き」が大きく響いて、
 身体が言うことを聞かなくなって・・・・・・暗闇に飲まれそうになるんだ!
 ヒトの師匠に、グナース族の気持ちなんかわからないんだよ!
 師匠なら倒せるんだから、倒してくれてもいいじゃないか!」
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・師匠なら倒せるんだから、
 倒してくれてもいいじゃないか・・・・・・。」
グナース族の斥候を討伐
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・
 し、師匠・・・・・・ゴメンよ・・・・・・オイラ・・・・・・。
 シシシシシ・・・・・・負けるもんか・・・・・・負けるもんか・・・・・・
 オイラは・・・・・・冒険者のウデキキだ・・・・・・
 「意思の囁き」になんか・・・・・・負けるもんか・・・・・・。
 オイラには・・・・・・やりたいことがある・・・・・・
 塚のために・・・・・・同胞のために・・・・・・やるべきことがあるんだっ!
 うるさい黙れっ!
 オイラの頭から出ていけーっ!
 ・・・・・・あれ?
 「意思の囁き」が・・・・・・聴こえない・・・・・・?
 全く聴こえなくなったぞ!
 やった、やったぞ・・・・・・シシシシシ!
 オイラも、ついに完全に「分かたれ」ることができたんだ!」
ウデキキと再度話す
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・オイラ、師匠や同胞のことを思いながら、
 必死で「意思の囁き」に抵抗したんだ。
 そしたら、乗り越えることができたのさ!
 さあ、「ヴィゾーヴニル」に報せにいこう。
 仕事はしっかりこなしたぞってね・・・・・・シシシシシ!」
ヴィゾーヴニルに報告
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・言われたとおり、斥候を倒してきたよ!
 ・・・・・・結構、師匠に手伝ってもらっちまったけどね。」
ヴィゾーヴニル
「ふうむ・・・・・・よかろう、認めようではないか。
 確かに、ほかのグナース族とは異なるということをな・・・・・・。
 我ら竜を脅かさぬ限り、粘土を採取することも許可しよう。」
ウデキキ
「ありがとう!
 オイラたちは、ここの近くのヴァスの塚を棲処にしている。
 何か依頼したい仕事があったら、いつでも任せてくれよ!」
ヴィゾーヴニル
「ああ・・・・・・そうしよう。
 我ら聖竜の眷属は静寂を好む。
 近くに棲む者同士、争いとは無縁でいようではないか。」
ウデキキ
「そうだな、オイラたちはご近所同士だ。
 これからも仲良くしていこうぜ!
 ・・・・・・シシシシシ。」
ヴィゾーヴニル
「ふうむ・・・・・・なんとも不思議な者だった。
 それにしても、グナース族とまで対話する日がくるとはな・・・・・・。」
ストーリーテラーに報告
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・ついにやったぞ!
 不浄の三塔のドラゴン族との接触に成功して、
 「ドラヴァニア粘土」を得ることができるようになったんだ!」
イダテン
「な、なんと、ドラゴン族と取引するとは驚きだ!
 ドラヴァニア粘土まで得たということは・・・・・・シシシシシ。」
ストーリーテラー
「我々は、「繋がりし者たち」への依存を断ち切って、
 真に「分かたれ」ることができたのだ!
 シシシシシ・・・・・・見事なり、と大いに称えねばなるまい!
 よくやったぞ、ウデキキよ!」
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・オイラだけの手柄じゃないよ。
 みんなが、ギルドの仕事をしてくれたおかげさ。
 そして、なにより・・・・・・導いてくれた師匠のおかげだ!」
ストーリーテラー
「どこまでも気前のいいヒトの狩人よ、
 我々を導いてくれたこと、大いに感謝する!
 シシシシシ・・・・・・ときに、ウデキキよ。
 どうやら、お前も完全に「分かたれ」ることができたようだな?」
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・そうなんだ!
 オイラも、やっと「意思の囁き」を乗り越え・・・・・・」
ストーリーテラー
「シシシシシ・・・・・・どうした?
 ウデキキよ・・・・・・どうしたというのだ?」
底冷えする暗い声
「ジジジジジ・・・・・・出来損ないの不純物どもよ。
 我らから完全に「分かたれ」ることなど、できぬと知れ。」
イダテン
「シシシシシ・・・・・・ウデキキよ、
 いったい、何を言っておるのだ?」
底冷えする暗い声
「ジジジジジ・・・・・・我は「繋ぎ止めし者」。
 大いなるグナースの群れの頭脳にして魂・・・・・・
 「この個体」を使い、お前たちに語りかけている。」
ストーリーテラー
「シシシシシ・・・・・・まさかっ!?
 「繋ぎ止めし者」が我らに接触してくるとはっ・・・・・・!」
繋ぎ止めし者
「我はずっと、我らが一部であるお前たちが、
 勝手に動き回ることを、不快に感じていた。
 さりとて、我らの監視下にいる限りは、
 取るに足らぬものとして、放置していたのだ・・・・・・。
 だが、近頃は我が精神感応の及ばぬ、遠方まで出ているようだな?
 これは、耐えがたき屈辱である。
 我らの知らぬところで、悪巧みされては堪らぬ・・・・・・ジジジジジ。
 この際、不快な不純物どもはすべて処分することにした。
 しかし・・・・・・お前たちも我らが一部・・・・・・最後の機会をやる。
 群れの下へと戻りたい者は、グナースの塚まで赴くがいい。
 我が自ら出向き、自我を消して再び群れに迎え入れてやろう。
 しばらく猶予を与えてやるゆえ、
 その粗末な自我で最後の決断を下すがいい・・・・・・ジジジジジ。」
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・く、くそう!
 オイラの身体を勝手に使いやがって!
 ヴァスの塚の誰ひとり、自我を捨てるもんか!」
イダテン
「シシシシシ・・・・・・だが、「繋がりし者たち」に総出で攻められたら、
 ヴァスの塚など、ひとたまりもないだろう。
 やっと、真に「分かたれ」たというのに・・・・・・。」
ウデキキ
「・・・・・・せっかくだけど、塚を捨てて逃げるしかない。
 オイラたちはもう、冒険者として外でも生きていけるはずだ!」
ストーリーテラー
「シシシシシ・・・・・・皆は好きにするがいい。
 ただし・・・・・・我は動かん。」
ウデキキ
「ど、どうしてだよっ?
 ストーリーテラーも、一緒に逃げようぜ!」
ストーリーテラー
「なぜなら、我は「最初の物語る者」、ストーリーテラーだからだ。
 ・・・・・・グナースの塚で、「分かたれ」たばかりの者は、
 この塚へと救い出さなければ、すぐに処分されてしまう。
 危険を承知でここに塚を造ったのは、「繋がりし者たち」の中から、
 稀に現れる新しい同胞を助けたいがため・・・・・・シシシシシ。
 それこそ、最初の物語る者となった我の「やりたいこと」なのだ。」
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・確かにオイラも救われた。
 ・・・・・・また別の誰かが「分かたれ」たとき、知らないふりはできない。」
イダテン
「そうだ、ここにいる者すべてが、この塚に救われた。
 これからも、まだ見ぬ同胞を救わねばならない。
 我らは、この塚を守るため戦うしかないのだ・・・・・・シシシシシ。」
ウデキキ
「そうなのか、オイラたちは、もう戦うしかないのか・・・・・・?
 ほかに、何か方法はないのかな・・・・・・?
 オイラ、「その時」が来るまで考えてみるよ・・・・・・シシシシシ。」
「不浄の三塔」が、
「ヴァスの冒険者ギルド」の取引先に加わりました!
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・師匠、わからないよ。
 オイラ、どうしたらいいのかな・・・・・・?
 やっぱり、「繋がりし者たち」と戦うしかないのか・・・・・・?」
サーチャー
「シシシシシ・・・・・・ドラゴン族とは恐ろしいものだな。
 不浄の三塔へ使いに行く度に、恐怖で寿命が縮みそうになる。
 まさか、彼らと取引することになるとは・・・・・・。
 しかし、そんなドラゴン族が、
 我々の敵ではないと思うと、こんなに心安らぐことはない。
 あとは、「繋がりし者たち」の脅威さえ去ればいいのだが・・・・・・。」
ストーリーテラー
「シシシシシ・・・・・・どこまでも気前のいいヒトの狩人よ。
 ウデキキとヴァスの塚は、真に「分かたれ」ることができた。
 それもこれも、狩人が導いてくれたおかげだ、大いに感謝するぞ。
 しかし、「繋がりし者たち」との戦いは避けられないようだ。
 さすがに、我らと一緒に戦ってくれとまでは言えぬ・・・・・・
 せめて、ウデキキとヴァスの塚を見守っててくれ。」
イダテン
「シシシシシ・・・・・・冒険者ギルドの働きは素晴らしかったぞ。
 おかげで、すべての物資を得ることができるようになった。
 だが、そんなときに「繋ぎ止めし者」に狙われるとはな・・・・・・。」
(テイルフェザーの猟師
「ほう、これは見事だ」
「そこのドラゴン像
 いいモノだな」
ヴァスの冒険者ギルドのグナース族
「シシシシシ・・・
 ドラゴン族から譲り受けた」
テイルフェザーの猟師
「ドラゴン族と取引とは!
 ところで、依頼だが・・・」)