プリンセスデーの誓い

プリンセスデーの誓い

  • 依頼主 :執事王(ウルダハ:ナル回廊 X10-Y9)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :ウルダハの執事王は、冒険者に話があるようだ。

執事王
「冒険者さん、折り入ってお話が・・・・・・。
 あなたの協力もあり、「三歌姫」の知名度は着実に高まりました。
 ですが、彼女たちがさらなる飛躍を遂げるためには、
 より結束するための「要」が必要・・・・・・。
 そこで、裏方を含めた関係者の投票によって、
 3人の中から「三歌姫」のリーダーを決めようとしていたのですが、
 きれいに票が割れてしまいましてね・・・・・・。
 宣伝活動に協力してくださった冒険者さんも、立派な関係者。
 どうか、あなたにも票を投じていただきたいのです。
 その票次第で、リーダーが決定します!
 協力者の証である「執事王の証書」を、
 私の「侍従」に渡して、あなたの意見を伝えてください。」
執事王
「協力者の証である「執事王の証書」を、
 「小柄な侍従」か「大柄な侍従」に渡してください。」
どちらかの侍従に執事王の証書を渡す
(小柄な侍従に渡した場合)
小柄な侍従
「お待ちしておりました。
 誰が「三歌姫」のリーダーに相応しいか決められたようですね。
 「執事王の証書」1枚のみで、投票しますか?」
(執事王の証書が足りない場合)
小柄な侍従
「・・・・・・おや、「執事王の証書」をお持ちではないようですね。
 ご用意されてから、お声がけください。」
(執事王の証書を渡す)
(誰に投票する?)
(ウララ)
ウララ
「聞いたわ、ウララがリーダーに決まったんですって?
 と、と、当然でしょ、嬉しいだなんて思ってないわよ!
 ウララは、エオルゼアで一番の歌姫になる運命なんだからっ!
 で、でも・・・・・・今はありがとうって言っておくわ。
 キミがウララの夢を信じて投票してくれたって、
 知ってるから・・・・・・。
 これからはリーダーとして、もっともぉ~っとがんばって、
 「三歌姫」みんなで、エオルゼアに元気を送っていくんだからっ☆
 キミも、ウララたちの活躍に期待しててよね!」
(ナルミ)
ナルミ
「私が「三歌姫」のリーダーですって!?
 ちゃんとやれるかどうか、正直、かなり不安です・・・・・・
 ・・・・・・でも、指名していただいたからにはがんばろうと思います。
 もちろん、未熟なところはまだ多いですが、
 私は「三歌姫」を、ひとりでも多くの方に知ってもらいたい。
 だって、本当に素敵な仲間だと思うから・・・・・・!
 私たちの活躍があなたの耳にも入るよう、
 リーダーとして、これからも精一杯努めていきます!
 ですから、これからも「三歌姫」のこと見守っていてくださいね!」
(マシャ・マカラッカ)
マシャ・マカラッカ
「アタシがリーダー?
 そんな柄じゃない気がするけど・・・・・・本当にアタシでいいの?
 アナタが応援してくれたってことは、嬉しいけど・・・・・・。
 うん・・・・・・なんだか決心がついたわ。
 声援を送ってくれるお客さんや、支えてくれる裏方さん、
 何よりアナタへの感謝を示すためにもやってみる・・・・・・。
 これからは、リーダーとしての自覚を持ちながら、
 ナルミやウララといっしょに、3人で高みを目指してみるわ。
 アナタも、冒険の合間でもいいから私たちに会いに来てよね?」
(大柄な侍従に渡した場合)
大柄な侍従
「お待ちしておりました。
 誰が「三歌姫」のリーダーに相応しいか決められたようですね。
 「執事王の証書」20枚で、投票しますか?」
(執事王の証書が足りない場合)
大柄な侍従
「・・・・・・おや、必要な枚数をお持ちではないようですね。
 「執事王の証書」をご用意してから、お声がけください。」
(執事王の証書を渡す)
(誰に投票する?)
(ウララ)
ウララ
「聞いたわ、ウララがリーダーに決まったんですって?
 と、と、当然でしょ、嬉しいだなんて思ってないわよ!
 ウララは、エオルゼアで一番の歌姫になる運命なんだからっ!
 で、でも・・・・・・今はありがとうって言っておくわ。
 キミがウララの夢を信じて投票してくれて、
 逆転できたこと本当は知ってるから・・・・・・。
 応援してくれる人がなかなか増えない時は、正直辛かったわ。
 そんな時に、Nikuq・・・・・・
 キミが宣伝してくれてる姿を見たら、なんだか元気が湧いてきたの。
 手伝ってくれて、本当にありがとねっ!
 さあ、湿っぽいのはここまでよ♪
 ウララの魅力は、元気いっぱいなところなんだしっ☆
 これからはリーダーとして、もっともぉ~っとがんばって、
 「三歌姫」みんなで、エオルゼアに元気を送っていくんだからっ☆
 キミも、ウララたちの活躍に期待しててよね!」
(ナルミ)
ナルミ
「私が「三歌姫」のリーダーですって!?
 ちゃんとやれるかどうか、正直、かなり不安です・・・・・・
 ・・・・・・でも、指名していただいたからにはがんばろうと思います。
 今回の活動を通じて、わかったことがあるんです。
 マシャさんやウララさんに、執事王さんたち、
 そして、Nikuqさん・・・・・・。
 大切な仲間たちの支えがあれば、
 引っ込み思案で鈍くさい私でも、歌や踊りを通じて、
 多くの人たちに笑顔をあたえることができるんだって!
 もちろん、未熟なところはまだ多いですが、
 私は「三歌姫」を、ひとりでも多くの方に知ってもらいたい。
 だって、本当に素敵な仲間だと思うから・・・・・・!
 私たちの活躍があなたの耳にも入るよう、
 リーダーとして、これからも精一杯努めていきます!
 ですから、これからも「三歌姫」のこと見守っていてくださいね!」
(マシャ・マカラッカ)
マシャ・マカラッカ
「アタシがリーダー?
 そんな柄じゃない気がするけど・・・・・・本当にアタシでいいの?
 アナタが応援してくれたってことは、嬉しいけど・・・・・・。
 うん・・・・・・なんだか決心がついたわ。
 声援を送ってくれるお客さんや、支えてくれる裏方さん、
 何よりアナタへの感謝を示すためにもやってみる・・・・・・。
 正直言って、アタシをリーダーに指名してくれるなんて・・・・・・
 それほど信頼してくれているなんて思っていなかったわ。
 何だか改めて言うのも恥ずかしいけど・・・・・・どうもありがとう。
 その期待に応えるためにも、
 お客さんたちに最高の公演を見せないと。
 もちろん、Nikuqさんにもね。
 これからは、リーダーとしての自覚を持ちながら、
 ナルミやウララといっしょに、3人で高みを目指してみるわ。
 アナタも、冒険の合間でもいいから私たちに会いに来てよね?」
執事王に報告
執事王
「ありがとう、冒険者さん。
 無事にリーダーが決まり、「三歌姫」の目指す方向性も見えました。
 彼女たちは、新たな舞台に向かって飛躍してくれるでしょう!
 そうそう!
 実は、経済誌「ミスリルアイ」の取材を受けましてね・・・・・・
 なんと、次号で巻頭特集を組んでもらえるそうです!
 これは「三歌姫」の知名度が上がりつつある何よりの証拠!
 すべては、あなたが協力してくださったお陰です。
 ですが、油断は禁物・・・・・・。
 これからも彼女たちを支えるための宣伝活動を続けますので、
 よろしければ、ぜひ「霰餅」配りを手伝ってくださいね!」
執事王
「ご覧になりましたか!?
 あの、豪華な飾り付けと彼女たちの衣装を!
 冒険者さんには、何とお礼を申し上げればよいのか・・・・・・!」
  執事王の証書:執事王に協力したことを示す証書