需要と供給

需要と供給

  • 依頼主 :ウデキキ(高地ドラヴァニア X23-Y19)
  • 受注条件:レベルアジャスト50~
  • 概要  :ヴァスの塚のウデキキは、ノリにノッている。

ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・師匠、聞いてくれ!
 おかげさまで「ヴァスの冒険者ギルド」は、順調に発展しているぞ。
 こりゃ、オイラが本物の腕利きの冒険者になる日も、近そうだな!
 それはそうと・・・・・・師匠、「ゴブリン族」って知ってるかい?
 火砲の話をしているときに、ジャントゥローから聞いたんだけど、
 金属加工が得意な種族らしいね。
 ここ「ヴァスの塚」には、グナースの塚にあるような、
 立派な設備がないから、火砲や槍といった金属製品が作れない。
 だから、ゴブリン族から依頼を受けて、
 報酬として金属製品を作ってもらおうと思うんだけど・・・・・・
 どこへ行けば、ゴブリン族がいるんだろう?
 シシシシシ・・・・・・「イディルシャイア」か・・・・・・。
 「低地ドラヴァニア」という場所にあるんだね?
 師匠ならきっと、ゴブリン族の偉いヤツと知り合いだろう?
 その偉いヤツを、オイラに紹介してくれよ!
 ゴブリン族の依頼を受けられれば、ヴァスの塚は大助かりだ!
 じゃあ、「アヴァロニア・フォールン」の西で待っているからな!」
アヴァロニア・フォールンでウデキキと合流
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・ゴブリン族か。
 いったいどんなヤツらなんだろう?
 オイラ、ヒトやグナース以外の種族と話をするのは初めてだ。
 ・・・・・・ううう・・・・・・ま、まただ・・・・・・!
 「繋がりし者たち」が来た!」
ウデキキと話す
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・ありがとう。
 また、「繋がりし者たち」が現れるなんて、
 まるで、オイラたちをこの土地から出したくないみたいだ・・・・・・。
 さあ、この先が「低地ドラヴァニア」なんだね?
 オイラ、早くゴブリン族に会ってみたいよ。
 さあ、行くぞ!」
大工房アーキテクトン付近でウデキキと合流
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・なんか、コイツに急に襲われたんだけど・・・・・・
 ゴブリン族っていうのは、こんなに凶暴なのかい?
 「青の手」のゴブリン族?
 なんだ、ここはイディルシャイアじゃないのか。
 ゴブリン族にも「繋がりし者たち」みたいな、乱暴者がいるんだね。
 シシシシシ・・・・・・
 それにしても、ゴブリン族ってさ・・・・・・・・・・・・まあいいや。
 さあ、今度こそ「イディルシャイア」へ向かおう!」
イディルシャイアのスローフィクスと話す
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・なんだか、さっきのヤツと違う?
 それでも、やっぱり・・・・・・。」
スローフィクス
「シュコォ・・・・・・シュコォ・・・・・・
 なんだか 妙なお客さん こっちをジロジロ 見つめてる。
 あれが 噂のグナース族? いったいぜんたい 何の用!?
 シュコォ・・・・・・シュコォ・・・・・・
 なるほど 金属製品が欲しいのか・・・・・・
 それなら 「ドライドクス」に 相談するゴブ!」
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・「ドライドクス」?
 変わった名前だな、「やりたいこと」は何なのだろう?
 ・・・・・・まあいいや、行こうか。」
ドライドクスと話す
ドライドクス
「シュコォ・・・・・・シュコォ・・・・・・
 ご依頼 お探し 冒険者?
 イディルシャイアは 大歓迎~。
 これは ビックリ グナース族!」
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・そうだよ。
 オイラは冒険者のウデキキだ。
 アンタたちゴブリン族は、グナース族を知っているのか?」
ドライドクス
「ゴブたち もともと 流れ者・・・・・・
 高地ドラヴァニア 行ったとき グナース族に 襲われた。」
ウデキキ
「それは、きっと「繋がりし者たち」だ。
 ゴブリン族でいう、「青の手」みたいな連中さ。
 オイラは、見境なく襲ったりしないから安心してくれ。
 シシシシシ・・・・・・
 それにしても、ゴブリン族って・・・・・・
 みんな、面白い顔しているんだね。」
ドライドクス
「ウデキキ それは 大失礼!
 これは マスクで 素顔じゃない!
 グナース族の 顔なんて どこにあるのか わからない~。」
ウデキキ
「ふーん、そうなんだ・・・・・・。
 ところで、依頼の報酬なんだけど、
 オイラたちの、火砲や槍といった金属製品を作ってほしいんだよ。」
ドライドクス
「あなたが 手に持つ その銃か?
 ひどく ずさんで 原始的!
 そんな物なら いくらでも 作ってあげるわ 簡単に~。」
ウデキキ
「へー、そうかい・・・・・・それはよかった。
 オイラのこの火砲で、「青の手」の銃使いなんか、
 イチコロだったけどな・・・・・・じゃあ、何か依頼してくれるかい?」
ドライドクス
「「選者街」から 石運び・・・・・・
 そのほか こまごま雑用を お任せ お助け 大助かり!」
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・断る。
 冒険者は、そんな地味な依頼は受けないよ。
 魔物退治とか、物資の収集なんかを頼んでくれ。」
(ウデキキに何と言う?)
(依頼を選ぶな)
(調子に乗るな)
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・わかったよ。
 冒険者が引き受けるのは、派手な依頼だけじゃないんだね。
 いつも助けてもらってばかりだから、
 ここはオイラの力だけで、やらせてくれ。」
ドライドクス
「ウデキキ どうも 頼りない。
 あなたに 様子 見てきてほしい・・・・・・
 「選者街」まで お願いよ~!」
シャーレアン選者街のウデキキと話す
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・なんだよ?
 しっかり働いてるよ、邪魔しないでくれ。」
「シシシシシ・・・・・・ふう・・・・・・疲れた。
 ゴブリン族は、グナース使いが荒いな・・・・・・。
 ちょっと腹ごしらえさせてもらうよ。」
ドライドクス
「シュコォ・・・・・・シュコォ・・・・・・
 ご苦労 お疲れ なあにそれ?
 美味しそうな いい匂い!」
ウデキキ
「・・・・・・こいつは、ナンカの卵だよ。
 すんごいブヨブヨ、ビリビリしてウマいぞ?
 ひとつ食べてみるかい?」
ドライドクス
「そいつは ありがと うれしいわ!
 それでも 素顔は 見せられない!
 こっそり ひっそり いただきま~す!
 ジュルリ・・・・・・ジュルリ・・・・・・
 モグモグングング・・・・・・・・・・・・
 なんて 美味しい 食べ物よ!
 ゴブたち みんな ハマりそう!
 雑用いいから この食べ物 たくさん どっさり 持ってきて!」
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・ナンカの卵の味がわかるなんてね。
 ゴブリン族とは味覚が合うのかもしれないな。
 任せてくれ、また持ってくるよ!
 ああ、よかった・・・・・・
 毎回、ここまで来て、雑用させられるところだった。
 よし、帰って、「ストーリーテラー」に報告だ。」
ドライドクス
「シュコォ・・・・・・シュコォ・・・・・・
 ウデキキ 真面目に 働いた。
 案外 いいヤツ かわいいヤツ これから 仲良くしたいかも~。」
ヴァスの塚のストーリーテラーに報告
ストーリーテラー
「シシシシシ・・・・・・気前のいい狩人よ、
 ウデキキなら、まだ帰ってきてはおらぬぞ?
 うーむ・・・・・・これはまずい予感がする。
 実を言うとウデキキは、
 まだ完全には「分かたれ」ておらん、不安定な状態なのだ。
 「繋がりし者たち」と戦えぬのがその証拠・・・・・・。
 かすかに聞こえる「意思の囁き」が、
 同族に手を出せぬようにしているようだ。
 だが、たとえ同族であっても、
 塚や同胞のためとあらば、戦うというのが我々の「意志」。
 そのためにも、奴は「分かたれ」なくてはならない・・・・・・。
 自我の目覚めは偶然に起こるものだが、
 完全に「分かたれ」るためには、何かをやり遂げたいという、
 「自己の肯定」が必要になるのだ。
 それを成せない者は・・・・・・
 いつか自我を失い、「グナースの塚」へと戻ることになる。
 我々はそれを、グナース族の運命として受け入れてきた・・・・・・。
 しかし、今回は断じて受け入れることはできん!
 ヴァスの塚は、ウデキキを失うわけにはいかんのだ!
 シシシシシ・・・・・・まだ間に合うはずだ!
 ヒトの狩人よ、どうか「グナースの塚」へ向かったであろう、
 「ウデキキ」を探して、その名を呼びかけてやってくれ!」
グナースの塚付近でウデキキを探す
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・ここはどこ?
 オイラは・・・・・・だれ?」
チャットの「Say」モードで『ウデキキ』と入力しウデキキに呼びかける
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・ウデキキ?
 ・・・・・・そうだ、オイラはウデキキ!
 腕利きの冒険者になるんだ!
 シシシシシ・・・・・・なんでこんなところに?
 師匠まで、どうしたんだ?
 早く、「ヴァスの塚」に帰らないと・・・・・・。」
ウデキキと話す
ストーリーテラー
「シシシシシ・・・・・・間に合ってよかった。
 ヒトの狩人よ、ウデキキを取り戻してくれたこと、感謝するぞ。
 報告は聞いている、金属製品を得ることができて、なによりだ。」
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・さっきはありがとう。
 記憶に混乱があるけど、話はストーリーテラーから聞いたよ。
 自我を失いかけていたところを、助けてくれたんだね。
 師匠、黙っていてゴメンよ。
 オイラ、今も「繋ぎ止めし者」の「意思の囁き」が聴こえるんだ。
 ・・・・・・しかも、その声はどんどん大きくなっている。
 シシシシシ・・・・・・せっかく「やりたいこと」を見つけたのに、
 自我が消えちまうなんて絶対に嫌だよ・・・・・・。
 オイラは、腕利きの冒険者になるんだ!
 「意思の囁き」なんか聴こえなくなるくらい、
 ギルドの依頼をがんばって、そんなもん乗り越えてやるんだ!」
「イディルシャイア」が、
「ヴァスの冒険者ギルド」の取引先に加わりました!
ウデキキ
「シシシシシ・・・・・・師匠、驚くなよ。
 オイラ、ドライドクスの素顔を見ちまったんだ!
 あの可笑しなマスクより、ずっと可愛い顔してたぞ!
 ・・・・・・もし、自我を失ったら、
 こんなことも、忘れちまうんだろうな・・・・・・。」
サーチャー
「シシシシシ・・・・・・ゴブリン族とは面白いものだな。
 イディルシャイアから、使いの者が来る度に、
 あの滑稽なマスクに笑わされる。
 だが、ヒトと共生しているとは驚きだ。
 彼らの柔軟性は、我らも学ぶべきところがある。
 今や、ヴァスの塚も、ヒトなしでは立ちゆかんからな。」
ストーリーテラー
「シシシシシ・・・・・・気前のいいヒトの狩人よ。
 完全に「分かたれ」るまでは気は抜けぬが、
 ウデキキはきっと「意思の囁き」を乗り越えてくれるだろう。
 なにせ、腕利きの師匠がついているからな。
 これからも、ウデキキとヴァスの塚を導いてほしい。」
イダテン
「シシシシシ・・・・・・冒険者ギルドには恐れ入った。
 まさか、本当に火薬や金属製品まで得ることができるとはな。
 残るは建材の粘土のみだが、あの土地には天敵がいるのだ・・・・・・。」
(テイルフェザーの猟師
「採れたてのギサールの野菜
 持ってきたぜ」
ヴァスの冒険者ギルドのグナース族
「シシシシシ・・・
 これはウマそうだ」
聖フィネア連隊の騎兵
「よう、依頼された火薬だ」
ヴァスの冒険者ギルドのグナース族
「シシシシシ・・・
 いつも助かる」
イディルシャイアのゴブリン族
「頼まれた 金属製品
 作ったぞ~」
ヴァスの冒険者ギルドのグナース族
「シシシシシ・・・
 いい出来だな」)