神聖遺跡 古アムダプール市街

神聖遺跡 古アムダプール市街

  • 依頼主 :エ・スミ・ヤン(グリダニア:旧市街 X6-Y10)
  • 受注条件:レベル60~
  • 概要  :幻術士ギルドのエ・スミ・ヤンは、冒険者に頼みたいことがあるようだ。

エ・スミ・ヤン
「お待ちしていましたよ、Nikuq。
 偉大なる白魔法を身につけたあなたの力を、
 再びお借りしたいのです・・・・・・。
 あなたは以前、「古アムダプール市街」に赴き、
 悪夢のような霧を払ってくれましたね?
 その件については、とても感謝しています。
 あれから我々は、精霊たちとともに、
 腐り果てた「古アムダプール市街」を森に還そうと、
 努力していたのですが・・・・・・。
 突然、精霊たちが、かの地を忌避するようになったのです。
 どうやら、遺跡の深部に強力な魔力を有する存在が残っており、
 これを嫌っている様子・・・・・・。
 この問題の解決のため、「ラヤ・オ・センナ」様が、
 ぜひあなたの助力を受けたいとおっしゃっています。
 南部森林に赴き、依頼の詳細を聞いてはいただけませんか?」
エ・スミ・ヤン
「南部森林のキャンプ・トランキル付近におられる、
 「ラヤ・オ・センナ」様より、依頼の詳細をお聞きください。」
キャンプ・トランキルのラヤ・オ・センナと話す
ラヤ・オ・センナ
「待ってたわ、また来てくれてありがとう。
 今回は、前回以上に厄介な仕事になる気がしているから、
 ア・トワ様の後継者でもある、あんたにしか頼めなくてね。
 「古アムダプール市街」に眠っていた「闇の存在」を、
 あんたが退けてくれたことは、私も知ってるし、疑ってもない。
 でも、まだ強力な魔力を有する存在が、潜んでいるようなのよ。
 おかげで、精霊たちがひどく取り乱して、
 腐敗した遺跡の浄化どころじゃなくなっちゃってね・・・・・・。
 精霊たちは、私たち角尊の方で、どうにかして鎮めるわ。
 あんたには、その間に選抜隊を組んで遺跡を捜索し、
 問題の原因を突き止めて、排除してもらいたいのよ。
 大封扉の前にいる鬼哭隊の「アルフェヌ」に声をかければ、
 「古アムダプール市街」の遺跡に、入ることができるわ。
 万全の準備を整えてから、仕事に取りかかってちょうだい!」
アルフェヌと話す
アルフェヌ
「三重の幻術皇より、話は伺っています。
 再び「古アムダプール市街」の調査に向かってくださるとは、
 度々のご協力に、心より感謝します。
 精霊たちが怯えて取り乱すほどの相手となれば、
 前回以上に、危険な脅威が潜んでいるに違いありません。
 くれぐれもお気を付けて・・・・・・。」
「神聖遺跡 古アムダプール市街(Hard)」を攻略
(グレムリン・ランター
「ヤーイヤーイ
 ジュピー!」)
ウィングドライオン
「アムダプール、ハ、シンセイナル、ミヤコ・・・・・・
 カナラズヤ、マモリトオス・・・・・・。」
「ナントイウ、コトナノダ・・・・・・
 チカラ、オヨバズ・・・・・・ムネンナリ・・・・・・。」
クリブ
「我は古都の守護者なり!
 白魔道士会の命により、侵略者を誅殺せん!」
「波動に揺れる大気・・・・・・
 その風の腕で傷つける命を癒やせ! ケアルジャ!」
「生は死に、死は生へと巡るならば、
 生命の理、今こそ反転せよ! リバース!」
「波動に乱れる大気・・・・・・
 その風の腕で満ちる命を蝕め! ケアルジャ!」
「オオオ・・・・・・古都の民よ・・・・・・
 逃げよ、逃げて再起を・・・・・・。」
守護者の彫像
「胸元と両手にある赤い宝玉が、
 石像を守護者と成す魔法の結節点となっていたらしい。」
ラヤ・オ・センナに報告
アルフェヌ
「度々ご協力いただき、本当にありがとうございました!
 事の顛末を、三重の幻術皇にお伝えください。」
エ・スミ・ヤン
「すでに帰還しているとは、さすがです。
 こちらも精霊たちを鎮める儀式を、終えることができました。
 ・・・・・・さっそくですが、遺跡の中の様子をうかがっても?
 なんと、以前とはまったく異なる脅威が・・・・・・!?
 「闇の存在」の残党が潜んでいると思い込んでいましたが、
 どうやら間違いだったようですね。」
ラヤ・オ・センナ
「動く石像・・・・・・ね。
 アムダプールの白魔道士たちが、都市を護るために創り出した、
 「生命なき守護者」といったところかしら?」
エ・スミ・ヤン
「なるほど・・・・・・敵対する「闇の存在」が目覚めたことに呼応し、
 守護者たちもまた、覚醒したのかもしれませんね。
 しかし、それを精霊たちが忌避したのは、何故でしょう?」
ラヤ・オ・センナ
「守護者たちは、強力な魔力を持つ精霊たちを、
 敵対する魔法都市「マハ」が送り込んできた侵略者と認識し、
 敵意を向けてきたのかも・・・・・・想像でしかないけれどね。」
エ・スミ・ヤン
「ふむ・・・・・・確かに、そうだとすれば合点がいきます。
 それにしても、「闇の存在」に「生命なき守護者」とは・・・・・・
 「魔大戦」がどれほど凄まじかったか、想像に難くないですね・・・・・・。
 とにかく、これで遺跡の浄化を再開できそうです。
 Nikuq、どうもありがとうございました。」