プリンセスデーに霰餅配り

プリンセスデーに霰餅配り

  • 依頼主 :執事王の侍従(ウルダハ:ナル回廊 X10-Y9)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :ウルダハの執事王の侍従は、冒険者に宣伝活動を手伝ってほしいようだ。

執事王の侍従
「「三歌姫」の宣伝活動に、ご協力いただけるのですね!
 調査したところによると、現在「三歌姫」は、
 「結成直後の新人歌姫」と、
 市民のみなさんから思われているようです。」
執事王の侍従
「「三歌姫」の宣伝活動に、ご協力いただけるのですね!
 調査したところによると、現在「三歌姫」は、
 「駆け出しの歌姫」と、
 市民のみなさんから思われているようです。」
執事王の侍従
「「三歌姫」の宣伝活動に、ご協力いただけるのですね!
 調査したところによると、現在「三歌姫」は、
 「地道に活動している歌姫」と、
 市民のみなさんから思われているようです。」
執事王の侍従
「「三歌姫」の宣伝活動に、ご協力いただけるのですね!
 調査したところによると、現在「三歌姫」は、
 「知名度が上がってきた歌姫」と、
 市民のみなさんから思われているようです。
執事王の侍従
「「三歌姫」の宣伝活動に、ご協力いただけるのですね!
 調査したところによると、現在「三歌姫」は、
 「固定ファンがついてきた歌姫」と、
 市民のみなさんから思われているようです。」
執事王の侍従
「「三歌姫」の宣伝活動に、ご協力いただけるのですね!
 調査したところによると、現在「三歌姫」は、
 「驕ることなく努力している歌姫」と、
 市民のみなさんから思われているようです。」
執事王の侍従
「「三歌姫」の宣伝活動に、ご協力いただけるのですね!
 調査したところによると、現在「三歌姫」は、
 「あだ名が付くほど知名度が高い歌姫」と、
 市民のみなさんから思われているようです。」
執事王の侍従
「「三歌姫」の宣伝活動に、ご協力いただけるのですね!
 調査したところによると、現在「三歌姫」は、
 「ウルダハの誰もが知る歌姫」と、
 市民のみなさんから思われているようです。
 「三歌姫」の知名度は、これ以上ないほど高まったでしょう!
 ですが、まだ彼女たちを知らない方がいるかもしれません。
 念には念を入れて、引き続き宣伝活動を行っていかねば!」
執事王の侍従
「彼女たちの公演のビラを付けた「霰餅」をお渡ししますので、
 ナル回廊にいる「ウルダハの市民」に配ってもらえますか?
 地道な活動ですが、「三歌姫」のためにお願いいたします!」
執事王の侍従
「彼女たちの公演のビラを付けた「霰餅」を、
 ナル回廊にいる「ウルダハの市民」に配ってもらえますか?
 地道な活動ですが、「三歌姫」のためにお願いいたします!」
ウルダハの市民たちに霰餅を配る
ウルダハの市民
「「プリンセスデー」の時期がやってきたか~。
 なんだか、あっという間に歳月が過ぎていく気がするなぁ~。」
(霰餅を渡す)
(結成直後)
ウルダハの市民
「・・・・・・なんだい、この「霰餅」をくれるって?
 「三歌姫」とやらのビラが付いているんだねぇ~。
 まぁ、機会があったら行ってみるかなぁ~。」
(知名度が上がってきたころ)
ウルダハの市民
「「三歌姫」とやらのビラ付きお菓子だねぇ~。
 この前、通りがかったときに、少しだけ見てみたよ。
 今度、時間を見つけて、じっくり歌でも聞いてみるかなぁ~。」
(あだ名が付いたころ)
ウルダハの市民
「おぉ、「三歌姫」のビラ付きお菓子だなぁ?
 先日、ようやく見に行けたんだけど惚れちゃったよぉ~。
 これからも応援させてもらうぞぉ~。」
ウルダハの市民
「この「プリンセスデー」は、女の子のためのお祭りでしょ?
 だから、娘のためにあれこれ準備してて、もう大変よ!
 まったく年頃の女の子は、本当にわがままなんだから!」
(霰餅を渡す)
(結成直後)
ウルダハの市民
「あらあら、素敵なお菓子だこと・・・・・・。
 娘にあげたら、きっと喜んでくれるはずよ。
 もちろんビラも渡しておくわ、興味を持つかはわからないけど。」
(知名度が上がってきたころ)
ウルダハの市民
「あらあら、素敵なお菓子をありがとうね。
 この間も娘にあげたら、大喜びだったのよ?
 うちの子ったら、「三歌姫」にも夢中なんだもの。」
(あだ名が付いたころ)
ウルダハの市民
「あらあら、いつもお菓子をありがとうね。
 うちの娘がナルミちゃんの大ファンでねぇ!
 私も歌姫になりたいって言って聞かないのよ!」
ウルダハの市民
「いくつになっても、「プリンセスデー」は嬉しいものよね。
 ウルダハの良き伝統だと思うわ。」
(霰餅を渡す)
(結成直後)
ウルダハの市民
「「三歌姫」を宣伝するために、このお菓子を配っているの?
 悪いけど、歌とか踊りとかって興味ないのよねぇ・・・・・・。
 あ、でも、もらったお菓子は返さないわよ?」
(知名度が上がってきたころ)
ウルダハの市民
「また「三歌姫」の宣伝かしら?
 歌姫っていうと、フ・ラミンの印象が強くてどうもねぇ・・・・・・。
 まぁ、暇があったら立ち止まって歌を聞いてみるわ。」
(あだ名が付いたころ)
ウルダハの市民
「あなた、「三歌姫」の宣伝に、すごく熱心なのね。
 フ・ラミンと比べると、ちょっと足りないところがあるけど、
 いつか越えられるようにがんばってほしいわね、応援してるわ。」
ウルダハの市民
「さっさと仕事を終わらせて、
 桃の花を眺めながら一杯やりたいよ。
 さて、もうひと頑張りするか・・・・・・。」
(霰餅を渡す)
(結成直後)
ウルダハの市民
「「三歌姫」・・・・・・初めて聞いた名だよ。
 公演の話はともかく、この「霰餅」はウマそうだな。
 酒のツマミが欲しかったから、ありがたく頂戴するぞ。」
(知名度が上がってきたころ)
ウルダハの市民
「この「霰餅」、この間も貰った気がするな。
 確か「三歌姫」とかいう子たちの宣伝だろう?
 仕事帰りにでも、立ち寄ってみるかな・・・・・・。」
(あだ名が付いたころ)
ウルダハの市民
「これは、歌姫たちの「霰餅」だよな?
 もう何度も貰っているから、さすがに覚えたよ。
 仕事をさっさと片付けて、公演を覗いてみるかな・・・・・・。」
ウルダハの市民
「やっぱり、桃の花は綺麗だね。
 見ているだけで、心が癒される気がするよ。
 あなたも、そう思わない?」
(霰餅を渡す)
ウルダハの市民
「おや、また「霰餅」をくれるのかい?
 彼女たちの踊りは、桃の花のように鮮やかだよね。
 俺のお気に入りのマシャちゃんに、よろしく伝えといてよ!」
ウルダハの市民
「今は「プリンセスデー」の真っ最中よ!
 通りが大好きな桃色に染まるから、心も弾んじゃう!
 ずーっとお祭りが続いてくれたらいいのに!」
(霰餅を渡す)
ウルダハの市民
「あのウララちゃんがいる「三歌姫」のことよね?
 ウララちゃんに、なんだかとても惹かれちゃったの!
 これは勿論いただくわ! 応援してるって伝えておいてね!」
ウルダハの市民
「えーっと、ほかに買い忘れはないかしら・・・・・・。」
(霰餅を渡す)
ウルダハの市民
「この「霰餅」・・・・・・言われなくても知ってるわ!
 かわいいし歌も上手だから、もうすっかりファンだもの!
 教えてくれてありがとうね!」
ウルダハの市民
「僕は審美眼に自信がありましてね。
 歌も踊りも、美しいものには目がないのですよ・・・・・・。」
(霰餅を渡す)
ウルダハの市民
「「三歌姫」のお菓子か・・・・・・とりあえず、受け取ってあげるよ。
 まだまだフ・ラミンさんには遠く及ばないと思うけど、
 がんばっている姿には、好感が持てるからね。」
執事王の侍従に報告
執事王の侍従
「お疲れさまです、ご協力いただきありがとうございます!
 これでまた少し、知名度が上がったに違いありません。
 よろしければ「三歌姫」に会ってあげてください!」
(三歌姫に会っていく?)
(はい)
(結成直後)
ナルミ
「冒険者さん、ご協力に感謝します!
 私たちも、別の場所で「霰餅」を配っていたのですが、
 なかなか受け取っていただけませんでした・・・・・・。」
ウララ
「そりゃそうに決まってるじゃないっ!
 まだまだ、ウララたちの事を知っている人なんていないもの。
 でも、ここからウララ伝説がはじまるのよ・・・・・・!」
マシャ・マカラッカ
「確かに、ウララの言う通りね。
 アタシたちは、活動を始めたばかりのひよっ子新人。
 ひとりでも多くの人に知ってもらう為に、努力していくわよ。」
ナルミ
「そうですよね、まだ結成して間もないですものね・・・・・・。
 弱音を吐いてしまって、すみませんでした。」
マシャ・マカラッカ
「気にしないの、何か悩み事があったらいつでも相談して。
 3人で支えあってやっていきましょ。
 さあ気を取り直して、もう一度、配りに行くわよ!」
(駆け出しのころ)
マシャ・マカラッカ
「冒険者さん、手伝ってくれてありがとう。
 以前よりは「霰餅」を貰ってくれる人が増えたけど、
 公演の客入りの方は、まだまだ増えていない感じなのよね。」
ナルミ
「そうですね・・・・・・。
 宣伝活動だけではなく、歌や踊りの練習にも力を入れて、
 歌姫としての技術を磨かないと・・・・・・。」
ウララ
「げげっ、もうヘトヘトなんだけどぉ・・・・・・。
 これから、さらに練習をするって言うつもり?
 また今度やればいいじゃない・・・・・・。」
マシャ・マカラッカ
「あら、こんなことで音を上げて、
 エオルゼア中に名を轟かせるような歌姫になれるのかしら?」
ウララ
「ぐっ・・・・・・う、うるさいわね、冗談よ冗談っ!
 ウララパワーはそんなに簡単に切れたりしないんだから!
 見てなさい、歌でも踊りでも負けないんだから♪」
(奮闘していたころ)
ウララ
「冒険者、今日もお疲れさまっ!
 「霰餅」配りは、上手くいってる~?
 ウララは・・・・・・ビミョーだったわ。」
マシャ・マカラッカ
「そうね、公演の盛り上がりもいまひとつだったわ・・・・・・。
 歌姫としての実力も、まだまだってことかもしれないわね。
 単に歌や踊りが上手い人なら、私たち以外にもいるし・・・・・・。」
ナルミ
「そうですよね・・・・・・。
 私たち、歌姫として応援してもらえるようになるでしょうか?
 なんだか不安になってきてしまいました・・・・・・。」
ウララ
「ちょっと、しょぼくれてるんじゃないわよっ!
 落ち込んでたって何も始まらないわ。
 そんな暇があるなら、特訓あるのみよ!」
マシャ・マカラッカ
「心配なのはわかるけど、今のアタシたちにできることは、
 成功している未来を信じて、ひたすら努力すること。
 不安を吹き飛ばすくらい、たくさん練習しなくちゃね!」
(知名度が上がってきたころ)
マシャ・マカラッカ
「Nikuqさん、調子はどうかしら?
 最近、「霰餅」を片手に公演を見に来てくれる人が、
 増えてきた気がするんだけれど・・・・・・みんなはどう思う?」
ナルミ
「確かに、私もそう思います!
 公演のビラといっしょに「霰餅」を配る作戦は、
 確実に効果を上げていますよ!」
ウララ
「フッフッフッ・・・・・・。
 いよいよみんなが、このウララさまの底知れぬ魅力に、
 気付き始めたってことかしらっ♪」
マシャ・マカラッカ
「衣装や飾り付けも、最初のころより豪華になったものね。
 執事王さんたち、裏方のみんなが支えてくれるお陰だわ。
 感謝の気持ちを忘れずに、全力でやらなきゃいけないわね。」
ナルミ
「そうですね!
 Nikuqさんにも、改めて感謝します!
 私たち、もっともっとがんばりますね!」
(固定ファンができたころ)
ナルミ
「いつもありがとうございます、Nikuqさん!
 ぜひ、あなたに聞いてほしい話があるんです。
 私たち・・・・・・ついに、固定ファンができたかもしれないんです!」
マシャ・マカラッカ
「公演のたびに、見に来てくれるお客さんがいるのよ。
 「霰餅」配りに歌や踊りの猛特訓・・・・・・。
 地道な努力の成果が、少しずつ出てきたのかもしれないわね。」
ウララ
「ついに、ウララの魅力に抗えず、
 愛のテンパードと化した人たちが現れたのね・・・・・・!
マシャ・マカラッカ
「・・・・・・でも、例のお客さんが見てるのはナルミばかりで、
 ウララには目もくれていなかったけれど?」
ウララ
「な、なんだってーん!
 ぐぬぬぬぬぬ・・・・・・み、見てなさいよ・・・・・・。
 今にウララの愛の炎で、魂を焼き鍛えてやるんだからっ!」
(更なる努力を誓ったころ)
ウララ
「Nikuq、お疲れさまっ!
 えへへへへ・・・・・・ご機嫌だってわかっちゃう?
 段々と歌も踊りも、さまになってきたから嬉しくって♪」
マシャ・マカラッカ
「そうね、最初のころに比べれば大分よくなってきたわね。
 特にナルミの踊りが、上達してきてると思うわ。
 アタシも負けないように練習しないと・・・・・・。」
ナルミ
「い、いえいえ、そんな!
 私は運動音痴ですから、
 みなさんの足を引っ張らないようにするのが精一杯で・・・・・・。」
マシャ・マカラッカ
「その姿勢が大事なのよ。
 アタシも、まだまだ歌には不安があるから、
 さらに努力して、歌唱力を身に付けないと・・・・・・。」
ウララ
「ウララの場合は、歌や踊りだけじゃなくて、
 ウララパワーにも磨きをかけないといけないわね。
 もっと多くの人を魅了しちゃうなんて、ウララは罪な子だわっ♪」
(あだ名が付いたころ)
ウララ
「あっ、Nikuq、お疲れさまっ!
 ねぇねぇ、聞いてよ聞いてよ、ついにこの時が来たのよ!
 さすがのウララも、喜びで震えが止まらないわ・・・・・・!!」
マシャ・マカラッカ
「あら、ずいぶん嬉しそうじゃない。
 いったいどうしたっていうの?
 最近、そんなに特別なことってあったかしら?」
ウララ
「あだ名よ! ファンが、ウララにあだ名を付けてくれたのよ!
 あだ名が付くということは、それだけ愛されている証拠・・・・・・。
 歌姫として認められ始めたということに、ほかならないわっ!」
マシャ・マカラッカ
「ふ~ん、それはよかったわね。
 ・・・・・・そういえば、ナルミは少し前から、
 「ナルミン」って呼ばれていたけれど、あれもそうなのかしら?」
ナルミ
「ご、ごめんなさい!
 でも、ウララさんのあだ名も可愛いと思いますよ!
 「煉獄の使者」・・・・・・でしたっけ?」
(高みを目指す決意をしたころ)
ナルミ
「Nikuqさん、お疲れさまです!
 お陰さまで、今日の公演も大勢の方が見に来てくださいました。
 なんて感謝すればいいのか・・・・・・本当にありがとうございます。」
マシャ・マカラッカ
「「霰餅」を配って宣伝してくれたお陰ね。
 それから、舞台の飾り付けや衣装の手配をしてくれた、
 執事王さんたちにも感謝しないと・・・・・・。」
ウララ
「何より、応援してくれるファンにもね!
 でも、ウララは、まだまだ満足なんてしてないわっ!
 ウララたちが目指すのは、エオルゼアで一番の歌姫だもの!」
ナルミ
「エオルゼアで一番!?
 さ、さすがウララさん・・・・・・目標が凄いです・・・・・・。
 私たちがそんな風になれる日が、来るでしょうか?」
ウララ
「来るでしょうか、じゃないの! なってみせるの!
 地道な努力の積み重ねが、成功の秘訣だって、
 どこかの誰かさんに教わったばかりじゃない!」
(誰かと個別に話をする?)
(ウララ)
(何について聞く?)
(歌姫になったきっかけは?)
ウララ
「友だちから、執事王さんの噂を聞いたのよ。
 歌姫として活動する人を必死で探してる人が、
 サファイアアベニューにいたってね。
 もちろん急いで向かったわ。
 だってほら、ウララって歌姫になる運命の星の下に、
 生まれてきたから当然でしょ?
 結局、その時は執事王さんに会えなかったんだけど、
 来る日も来る日も、サファイアアベニューに出かけてやったわ。
 それで10日後にようやく見つけて、今にいたるってわけ♪」
(あなたの趣味は?)
ウララ
「歌と踊りが好きなのは当然として、
 それ以外で言えば、やっぱり「読書」になるのかなぁ~。
 って、なによぉ~、私が本を読んでるのがそんなに意外なわけ?
 最近、読んで面白かったのは、
 「異邦の詩人」が書いた魔法使いの物語かな・・・・・・。
 呪術士ギルドの古書好きの友だちに、紹介してもらったのよね。
 あっ、念のため言っておくけど、
 ちゃんと家の外にだって出るんだからね?
 この間は、ナルミとマシャといっしょに買い物に出かけたしね♪」
(家族について)
ウララ
「ウララの家は4人家族よ。
 お父さんとお母さん、それに弟がいるわ。
 意外って言われるけど、こう見えてもお姉さんなのよぉ~?
 プレーンフォークのお父さんが仕事でウルダハを訪れていた時に、
 偶然お母さんに出会って、一目惚れして結婚したんですって!
 とっても素敵な話じゃない!?
 小さい時から、お母さんの横でお手伝いをしてたから、
 掃除、洗濯、料理に裁縫・・・・・・家事はひと通りできるわ。
 家族だって幸せにしちゃう力が、ウララにはあるんだからっ☆
 そうだ、よかったら今度ウララのうちに遊びにくる?
 きっと家族み~んな、キミのことを気に入るはずよっ♪」
(将来の夢は?)
ウララ
「ウララの将来の夢?
 決まってるでしょ、エオルゼア中のみんなを・・・・・・
 いえ、世界中のみんなをウララに夢中にさせることよっ♪
 ちょっと・・・・・・そんな目しなくたっていいじゃないっ!?
 でも、さっき言ったことは本当だけれど、
 ウララ、今の毎日に結構満足してるの。
 昔から憧れていた歌姫として活動ができていて、
 しかも、自分ひとりだけじゃなくて、仲間がいて。
 このまま3人で活動していく・・・・・・それが夢かもしれないわ。」
(ナルミ)
(何について聞く?)
(歌姫になったきっかけは?)
ナルミ
「東方の交易商人だった父に連れられて、
 仕事の手伝いで、ウルダハを訪れていたんです。
 その時に、執事王さんと街角で出会いまして・・・・・・。
 最初はお断りしたんですよ。
 でも、もともと踊りはともかく、歌は好きでしたし、
 引っ込み思案な自分を変えられるかもと思ったんです。
 厳格な父には反対されましたが、どうにか説得して、
 祝祭の間だけ活動させてもらうことになりました。
 ですので、温かく見守っていてくださいね。」
(あなたの趣味は?)
ナルミ
「そうですね、食べるのはとっても好きです!
 私、こう見えてかなり大食いみたいで・・・・・・。
 ウララさんにも、驚かれちゃいました。
 でもでも、美味しいものをお腹いっぱい食べると、
 幸せな気分になるじゃないですか!
 一番好きなのは、アウフラウフです!
 あとは、やっぱり歌うのは大好きですね。
 歌っていると、なんだか心のモヤモヤが晴れる気がして!
 よかったらいつか、冒険者さんも私と一緒に歌いましょう!」
(家族について)
ナルミ
「父と母、そして私の、3人家族です。
 ひとりっ子なので、ウララさんやマシャさんみたいに、
 兄弟がいる人を見ると、うらやましいと思うこともあります。
 私の実家は、東方の「ひんがしの国」・・・・・・。
 商人である父が、エオルゼアに交易に出てしまうと、
 母とふたりきりで帰りを待つことになるんです。
 ようやく、念願かなって父の交易に同行を許され、
 ウルダハへとやって来たのですが・・・・・・。
 まさか、歌姫をやることになるなんて夢にも思いませんでした。」
(将来の夢は?)
ナルミ
「将来の夢、ですか?
 そうですね、実現できるかどうかは別として・・・・・・
 演劇の舞台に立ってみたいな、と思うことはあります。
 私、昔から演劇が好きだったんですよ。
 故郷の「ひんがしの国」には、独特の劇がありまして、
 よく母といっしょに観に行ったものです。
 でも、小さいころの私なら、絶対に演じたいとは思わなかったはず。
 そう思えるようになったのも、歌姫として人前に立つという、
 かけがえのない経験ができたからなのでしょう。」
(マシャ・マカラッカ)
(何について聞く?)
(歌姫になったきっかけは?)
マシャ・マカラッカ
「ナナモ新門の前で、執事王さんに声をかけられたのよ。
 旅に出る友だちを見送るために、踊りを舞ってたんだけど、
 それを見ていたみたいでね・・・・・・。
 踊りの才能があるとか何とか、おだててきてさ。
 正直、歌姫ってのには、あまり興味はなかったんだけど、
 踊りは好きだったから、話に乗ることにしたのよ。
 歌はまるでやったことがなかったから苦労してるけど、
 新しいことに挑戦するのは好きだし、楽しんでいるわよ。
 やるからには全力で挑むから、あなたも応援してよね!」
(あなたの趣味は?)
マシャ・マカラッカ
「趣味ねぇ・・・・・・やっぱり踊ること、かしら。
 自分でするのはもちろん、人の踊りを見るのも好きよ。
 みんな、ちょっとずつ踊りに癖があったりして面白いの。
 踊りと言えば、こんな噂を聞いたわ。
 今度、ゴールドソーサーで人気の振付師が記した、
 新作の踊りの「演技教本」が売りに出されるらしいって・・・・・・。
 絶対に手に入れたいんだけど、
 どうやってMGPを稼ぐのがいいと思う?
 やっぱり、ここは得意の「特訓! ダンスマスター」かしら・・・・・・。」
(家族について)
マシャ・マカラッカ
「母親と、姉が2人に妹が2人の6人家族で育ったわ。
 ほら、アタシたちムーンキーパー族って、
 父親が家庭に寄りつかないのが普通だからね。
 ただ、独立した今は独り暮らしよ。
 ウルダハで働いていた姉を見習って、
 故郷の黒衣森を出て、こっちに移り住んできたの。
 その姉っていうのが、妙な男とつるんで、
 ナントカ屋って胡散臭い商売をやってたんだけどねぇ・・・・・・。
 まぁ、歌姫っていうのも、じゅうぶん妙な仕事だとは思うけどさ。」
(将来の夢は?)
マシャ・マカラッカ
「将来の夢? そうね・・・・・・踊り子として名を馳せること、かな。
 今みたいに「三歌姫」として活動するのも楽しいけれど、
 自分ひとりでどこまでできるのか、いずれ試してみたいわ。
 自分が振り付けを考案して、踊りを作りあげるの。
 そして、その踊りで多くの人を元気付けて幸せにする・・・・・・。
 踊りには、そういう力があると思うのよ。
 いつか、アタシが作った新しい踊りの「演技教本」を、
 アナタが手に取る日が来るかもしれないわよ。
 その日を楽しみにしていてよね!」
(結成直後)
ウララ
「お疲れさまっ!
 もしかして、ウララのことが気になって見に来たの?
 大丈夫、何も言わなくたってウララはお見通しなんだからっ♪」
ナルミ
「お疲れさまです。
 なかなか「霰餅」を貰っていただけませんが・・・・・・
 まずは知ってもらうところから、がんばろうと思います!」
マシャ・マカラッカ
「お疲れさま。
 こっちは、まずまずってところね・・・・・・
 あなたの方は順調にいってるかしら?」
(知名度が上がってきたころ)
ウララ
「あれ、Nikuqじゃない!
 この新しい衣装、もう見てくれた?
 ますます、ウララのかわいさに研きがかかっちゃうわ~☆」
ナルミ
「Nikuqさん!
 応援してくださる方が増えているのに気付かれましたか!?
 この調子で、引き続き努力していくつもりです!」
マシャ・マカラッカ
「あら、Nikuqさんじゃない。
 以前より、少し飾り付けが豪華になったんだけど気づいた?
 公演を見に来てくれる人を増やして、もっと豪華にしたいわね。」
(高みを目指す決意をしたころ)
ウララ
「あ、Nikuq!
 見てよ、この人だかり! こんなに多くの人を魅了してるなんて、
 ウララって本当に罪な子だわ~っ♪」
ナルミ
「Nikuqさん!
 見てください、この豪華な舞台の飾り付けを・・・・・・!
 応援してくれるみなさんに、感謝の気持ちで一杯です!」
マシャ・マカラッカ
「あら、Nikuqさん。
 見に来てくれるお客さんが増えたのは、嬉しいんだけれど・・・・・・
 お陰で、緊張して以前より歌を間違えちゃうのよ!」
  霰餅:プリンセスデーを祝うお菓子。三歌姫の公演に関するビラが付いている