極まりし魔神セフィロト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

極まりし魔神セフィロト

  • 依頼主 :ウヌクアルハイ(暁の間 X6-Y5)
  • 受注条件:レベル60~
  • 概要  :石の家のウヌクアルハイは、冒険者に贈りたいものがあるようだ。

ウヌクアルハイ
「・・・・・・光の戦士、貴方に預けておきたいものがあります。
 先に魔神「セフィロト」を討滅した折、入手した品です。
 それは、古代アラグ文明が用いた記録媒体・・・・・・。
 どうやら南方大陸メラシディア遠征における、
 魔神との戦闘記録が記されているようです。
 さらにこの情報を、認証システムに転送することで、
 訓練用プログラム・・・・・・つまり「模擬戦」も体験できるとのこと。
 魔神「セフィロト」が制御不能に陥ったと仮定しての戦闘ですね。
 想定外の最悪事態・・・・・・つまり「本物」の魔神との戦い以上に、
 過酷な状況を設定することも可能なようです。
 フフフ・・・・・・貴方の「戦士」の血が騒いできたのではありませんか?
 もしも挑戦する勇気があるならば、この記録媒体を、
 アジス・ラー旗艦島の「認証システム」に提示してください。
 ・・・・・・そのあとは、機械の指示にしたがえばよいでしょう。」
ウヌクアルハイ
「アラグの「訓練プログラム」に挑戦するなら、例の記録媒体を、
 アジス・ラー旗艦島の「認証システム」に提示してください。
 ・・・・・・そのあとは、機械の指示にしたがえばよいでしょう。」
アジス・ラー旗艦島の認証システムにアラガントームストーン:魔神を渡す
認証システム
「ブゥン・・・・・・「認証システム」起動・・・・・・。
 「訓練プログラム」への参加を希望される方は、
 指定のアラガントームストーンを提示してください。」
(アラガントームストーン:魔神を渡す)
認証システム
「ブゥン・・・・・・戦闘データ、転送完了・・・・・・。
 対魔神「セフィロト」、特別戦闘訓練プログラム・・・・・・
 訓練難易度は・・・・・・ノーマル・・・・・・ハード・・・・・・・・・・・・
 ブゥン・・・・・・「エクストリーム」に設定!
 なお、特別戦闘訓練中の死亡事故については、
 アラグ帝国軍服務規程の免責事項となりますので、あしからず。
 ブゥン・・・・・・現実拡張、システム起動。
 アラグ帝国万歳! ザンデ皇帝陛下に栄光あれ!」
  アラガントームストーン:魔神:古代アラグ帝国文明の記録媒体と思しき石。魔神セフィロトについて記されているらしい