猛り狂う危機

猛り狂う危機

  • 依頼主 :ココブキ(ウルダハ:ナル回廊 X6-Y12)
  • 受注条件:呪術士レベル15~
  • 概要  :呪術士ギルドマスターのココブキは冒険者に次なる「呪術の深淵」の章を教えようとしている。

ココブキ
「さぁ、今日も最強の破壊力を得るために、
 呪術の深淵を知るのです・・・・・・。
 今日は四男のココベジが、
 「呪術の深淵」の次なる章に記された
 「猛り狂う危機」を教えてくれるでしょう。」
ココベジと話す
ココベジ
「・・・・・・Nikuqか。
 我はココベジ、「猛り狂う危機」の章を教えし者。
 さあ、我が言葉に耳を傾けよ・・・・・・。
 「呪術の深淵:猛り狂う危機」
 嗚呼、我が放出せし魔力よ、素晴らしきかな。
 豪炎熱風まとい、氷刃冷気まとい、雷撃閃光放ち奔らん。
 嗚呼、不意衝かれし時の、恐ろしきかな。
 その豪炎灯ることなく、その氷刃固まることなく、
 その雷撃迸ることなし。我、恐怖を覚えるなり。
 ――「猛り狂う危機」の章が伝えし真理。
 それは、攻撃性の高き敵との遭遇が生む危機。
 生きるため、時に「戦いを避ける」ことも必要・・・・・・。
 実例・・・・・・
 今現在ウルダハ都市内にて猛り狂う商人、数多。
 強欲の大罪に染まりし虚ろなる存在・・・・・・。
 つまり、前回Nikuqがアマルジャ族より奪還した後、
 我らが飲み干したエーテル代金・・・・・・
 それを請求せし者ども!
 彼らの心を、穢れた罪より救うすべ・・・・・・それは「情」。
 汝、Nikuqに、我が秘伝の術を伝授しよう。
 すなわち・・・・・・泣き落とし!
 商人に「泣き」つき、
 猛り狂う魂を鎮めるべし!鎮めるべし!」
怒れる商人達に「泣いて」みせる
憤慨した商人
「ちょっとぉ!
 火事場泥棒じゃないんだから、
 売り物のエーテル、返しなさいよ!」
(泣く)
憤慨した商人
「・・・・・・私も、あなたに怒りたいわけじゃないのよ?
 あのエーテル大好き五兄弟のせいよね。
 次やったら、絶対代金請求してやる!」
怒れる商人
「おいこら! エーテル泥棒さんよぉ!
 いつになったらエーテル返すんじゃい!」
(泣く)
怒れる商人
「お、お前が悪くないのはわかってるよ・・・・・・。
 アマルジャとっちめてくれた奴だもんなぁ。
 お前に免じて、今日のところは帰るよぉ・・・・・・。」
興奮した商人
「おうおう、呪術士さんよぉ!
 「売り物に手ぇ付けたら金払え」
 ・・・・・・って母ちゃんから教わらなかったか!?」
(泣く)
興奮した商人
「・・・・・・そうか、そうか、泣くほど飲みたかったのか。
 俺も若い頃は貧乏でなぁ・・・・・・苦労したんだよ。
 エーテル代のことは、おじさんに任せなさい!」
呪術士ギルドのココベジに報告
ココベジ
「猛り狂いし魂を鎮めるとは、中々の業師なり。
 しかし、敵が「情」を解すとは限らぬこともある。
 ここにひとつの「破壊依頼」あり・・・・・・。
 妖異学者どもが遺跡より掘り当てし、
 呪われし遺物「モルモーの壺」の破壊。
 ましてやその壺、アラクランの賊に奪われしものなり。
 組織「アラクラン」は、話も通じぬ粗暴なる者ども。
 一度に多数を相手するは、危機を学ばぬ愚かな呪術士。
 「スリプル」にて眠りに誘う策こそ、賢き呪術士。
 さぁ、アラクランはドライボーンの南東を移動中。
 奴らが秘匿せし「モルモーの壺」を破壊するべし。」
ドライボーンの指定地点で待機する
スリプルを使って敵地に侵入し、モルモーの壺を破壊しろ!
(アラクランの弓術士たち
「なんだ貴様!」)
ココブシ
「Nikuqさん、ちょっと待ってください!
 その壺、僕に破壊させてください!
 すみません、僕がNikuqさんの手伝いをすれば、
 きっと兄ちゃん達も僕のことを認めてくれると思って、
 後ろを付いてきてしまったんです、だから・・・・・・!」
アラクランの槍術士
「おいてめぇら!
 俺らが離れているうちに、なにしてやがるんだ!!」
ココブシ
「わわっ! ま、まだいたの!?」
アラクランの賊達を倒せ!
気炎のココブシ
「ま、魔法は使えなくても・・・・・・僕だって戦えるんだ!」
「大丈夫ですか!?僕の薬で、傷を癒します!」
(アラクランの弓術士
「てめぇ!ぶっ殺す!」
「モルモーの壺が狙いか!?」)
ココブシ
「Nikuqさんの呪術、凄いかっこいい・・・・・・。
 僕には魔法の才能がないから、本当に羨ましいです。
 僕は才能が無いから・・・・・・魔力の少なさを補おうとして、
 「魔力増幅薬」を作ってみたりしたけど、全然ダメでした。
 効果が小さすぎて、何の役にも立ちませんでした。
 このままじゃ、兄ちゃん達の「仲間」になれない。
 いつまでも一人ぼっちのままです・・・・・・。
 ・・・・・・これが、モルモーの壺ですね。
 これを僕が壊せば、兄ちゃん達も僕のこと、
 少しは認めてくれる・・・・・・!」
モルモーの壺
「ちょ、ちょ、ちょ、ちょ~っと待ってよぉ!
 アタシを壊すのはやめなさいって~!」
ココブシ
「ひ、ひゃあ!!!
 壺が・・・・・・・・・・・・喋った!? 妖異「モルモー」!?」
モルモーの壺
「ウフフ・・・・・・確かにアタシはモルモーだけどぉ・・・・・・
 邪悪な妖異じゃないわ、その反対よ!
 人に力を貸した罰で、悪い妖異に封じられちゃったの。
 壺のフタを開けてくれたら、貴方の願いを叶えてあげる!
 さぁ、何がほしい? お金? 名誉?」
ココブシ
「べ、別に僕は、金や名誉のために生きてなんかいない!
 ・・・・・・ね、願いがあるとすれば・・・・・・
 兄ちゃん達と一緒に戦える、魔力が欲しいくらいで・・・・・・。」
モルモーの壺
「ウフフフフッ! 素敵な願いじゃない!
 貴方には隠された魔法の才能があるわ。
 アタシなら、その才能を開花させてあげられる♪
 アタシを信じて!
 さあ、フタを開けて・・・・・・・・・・・・!!」
ココブシ
「・・・・・・・・・・・・ふう。
 なんだ、何も起こらないじゃないですか・・・・・・。
 やれやれ、モルモーに騙されちゃったみたいですね。
 さあ、Nikuqさん、帰りましょうか。
 ・・・・・・ああ、壺をぶっ壊すんでしたっけ?
 はい、これで終わり♪
 それじゃあアタシはぁ・・・・・・・・・・・・。
 ・・・・・・それじゃあボクは、一人で帰りますね。」
呪術士ギルドのココベジに報告
ココベジ
「・・・・・・生けるNikuqの帰還。
 それは無上の喜び。
 時にNikuqよ、
 先ほどココブシを見かけたのだが・・・・・・
 何やらおかしな様子、汝、その理由を知らんや?」
(何を伝える?)
(・・・・・・・・・・・・。)
ココベジ
「その頑なな心に隠せし秘密、
 我が弟に関ること故、是非とも明かすべし。」
(ココブシが試練中に現れた)
ココベジ
「な、なんと、ココブシが・・・・・・!?」
ココブキ
「修行中の呪術士の邪魔をするなど、非常に危険な行為。
 後でよく叱らねばなりませんねぇ・・・・・・。
 しかし、よくぞ不測の事態の中で勝利を得ました。
 貴方が戦いの中で、危機の学びを活かした証拠です。
 それでは、私がひとつ魔法を教えましょう。
 呪術「コラプス」・・・・・・属性無き破壊魔法です。
 魔力を糧に修行を積み、魔力をより磨いてきなさい。
 ククク・・・・・・貴方の成長には期待しているんですよ・・・・・・
 頑張ってくださいねぇ・・・・・・。」