散布任務:農耕はじめました

散布任務:農耕はじめました

  • 依頼主 :サーチャー(高地ドラヴァニア X23-Y19)
  • 受注条件:レベルアジャスト50~
  • 概要  :ヴァスの塚のサーチャーは、冒険者に試してほしいことがあるようだ。

サーチャー
「シシシシシ・・・・・・よく来たな、ヒトの冒険者よ。
 聖フィネア連隊との取引が始まってからというもの、
 銀露草の需要も増す一方だ。
 そこで、我々はテイルフェザーの協力のもと、
 銀露草の栽培を始めたのだが・・・・・・
 何が原因なのか、天然物に比べ効果が薄いことがあってな。
 不良品を納品したとなれば、我々のギルドの信用に関わる。
 そこで、いちど試用して効果を確認してから、
 出荷することに決めたのだ。
 今回は、その試用を任せたいと思う・・・・・・シシシシシ。
 コンガマトーに乗って、スモーキングウェイストの南へ赴き、
 「荒ぶる邪竜の眷属」に、竜避けの香を「散布」してみてくれ。
 眷属を、3度ほど追い払えれば効果は充分と言えるだろう。
 「ムシカイ」から、コンガマトーを借りて試してきてもらいたい。」
ムシカイと話す
ムシカイ
「シシシシシ・・・・・・コンガマトーは絶好調だ。
 試すべき竜避けの香もバッチリ装填してあるぞ。
 さあ、大空を羽ばたいて「散布」してこい。」
ムシカイ
「シシシシシ・・・・・・コンガマトーから降りてしまったのか。
 心配するな、もう一度乗るがいい・・・・・・コイツは裏切らない。」
コンガマトーに騎乗して指定地点で散布を使う
荒ぶる邪竜の眷属
「どれ、この辺りで獲物を物色するか・・・・・・。」
邪竜の眷属が獲物を物色している・・・・・・。
「ムシカイ」に話しかけてコンガマトーに騎乗し、
「散布」を使って「荒ぶる邪竜の眷属」を追い払おう。
(散布を使う)
荒ぶる邪竜の眷属
「ゴホッ、ゴホッ!
 これはたまらん・・・・・・退散だ!
 いいか、追いかけてくるなよ!」
コンガマトーに騎乗して指定地点で散布を再度使う
荒ぶる邪竜の眷属
「どれ、この辺りで獲物を物色するか・・・・・・。」
(散布を使う)
荒ぶる邪竜の眷属
「グワッ!
 おのれ、また食らわすとは・・・・・・この匂いには耐えられん!」
コンガマトーに騎乗して指定地点で散布をさらに使う
荒ぶる邪竜の眷属
「どれ、この辺りで獲物を物色するか・・・・・・。」
(散布を使う)
荒ぶる邪竜の眷属
「ゲホッ、ゲホッ!
 しつこいぞ・・・・・・ゴホッ、ゴホッ・・・・・・覚えておけ!」
サーチャーに報告
サーチャー
「シシシシシ・・・・・・そうか、効果は抜群だったようだな。
 これで心置きなく出荷できる、感謝するぞ。
 今は、栽培できる銀露草は僅かで、天然物に頼っているが、
 いずれは、すべて栽培でまかないたいと思っている。
 実を言うと、ギサールの野菜も栽培してみたのだが・・・・・・断念した。
 なんせ、葉が茂る前に同胞にすべて食われてしまうのでな。
 ・・・・・・シシシシシ。」